検索
 HOME > 硬式野球部

硬式野球部  硬式野球部紹介



 大学野球=東京六大学野球と言っても過言ではないはず。聖地・神宮球場では毎年ドラマが生まれ、その数は計り知れない。そして今年、神宮球場でどんな名シーンが生まれるのだろか――。

 昨秋、44年ぶり史上5人目のシーズン最高防御率0.00を記録した野村(商2)を有する明大硬式野球部。頼れるエースとなった右腕を筆頭に森田(貴・法2)、西嶋(商3)、近藤(政経3)と剛腕が名を連ねる。投手陣だけではない。打撃では小道(法4)や千田(営4)などの神宮経験者をはじめ、主砲核の謝敷(商3)の復帰に注目が集まる。



 しかし、個々の経験は浅い。善波監督2年目の今年、キャンプやオープン戦では選手の入れ替えやポジション変更を行うなど、個々の選手能力の見直しをした。また硬式野球部は「魂結邁進(こんけつまいしん)」というスローガンを掲げ「個々のすべき役割が違えども向かう優勝という結果は同じ。みなが同じベクトルを持つことで、チーム力に結束が生まれる」(千田)と優勝一心に日々の練習に励んでいる。未知の可能性を秘めた紫紺のサムライたち。神宮という戦場で、思う存分暴れまわってほしい。



 また早稲田戦に合わせ今春も、應援團と明大スポーツによる「紫紺の日」が開催される。明治の学生だからこそ、東京六大学の一員だからこそ味わえる伝統の一戦へ!さぁ、みんなで神宮球場へ行こう!!

[山田慧]


◆試合日程◆
4月11日〜5月31日  東京六大学野球春季リーグ戦
6月初旬        東京六大学野球春季新人戦
9月中旬〜11月初旬   東京六大学野球秋季リーグ戦
11月初旬        東京六大学野球秋季新人戦



◆2009年春季リーグ戦日程◆
日程第1試合第2試合
4・11
早稲田−東大
立教−慶応
4・12
慶応−立教
東大−早稲田
4・18※
明治−東大
法政−立教
4・19※
立教−法政
東大−明治
4・25※
早稲田−法政
明治−慶応
4・26※
慶応−明治
法政−早稲田
5・2
早稲田−立教
東大−慶応
5・3
慶応−東大
立教−早稲田
5・9
明治−立教
東大−法政
5・10
法政−東大
立教−明治
5・16
明治−早稲田
法政−慶応
5・17
慶応−法政
早稲田−明治
5・23
法政−明治
東大−立教
5・24
立教−東大
明治−法政
5・30
早稲田−慶応
  
5・31
慶応−早稲田
  
※はプロ併用日
2試合の日は11時開始、1試合の日は13時開始プロ併用日は10時30分開始



◆2009年・東京六大学春季リーグ戦星取表◆※5・10現在
(明治戦をクリックするとその試合の記事をご覧になれます)
明 治早稲田慶 応法 政立 教東 大勝敗順位
明治
---


6勝0敗
早稲田
---
△●●
●○○
○○
4勝3敗1分
慶応
●●
---
●○○
○○
4勝3敗
法政
△○○
---
●○○
○○
6勝1敗1分
立教
●●
○●●
○●●
○●●
---
3勝8敗
東大
●●
●●
●●
●●
---
0勝8敗








部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: