検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  ラグビー部紹介



 明治といえばラグビー、ラグビーといえば明治といってもよいほど明治は言わずと知れたラグビー名門校です。関東ラグビー対抗戦優勝14回、大学選手権優勝12回、日本選手権優勝1回という華々しい経歴を持っており、関東ラグビー対抗戦の最終試合である明早戦はこれまで幾多のドラマを生み出してきました。


  昨年は吉田義人氏が監督に就任し、「王座奪回」をスローガンとして始動しました。春のオープン戦で順調な滑り出しを見せたものの、対抗戦では思うように結果が振るわず、苦戦を強いられることになりました。しかし明早戦で見せた選手たちの明大ラグビー部としての意地が国立を沸かせ、その勢いで戦い抜いた大学選手権ではベスト4進出まで果たしました。まさに、怒涛の1年間であったと言えます。

ragu
   
   

   今年のラグビー部はFW強化を最重要とする方針が打ち立てられました。NECグリーンロケッツの監督を務めていた細谷直氏を新たなヘッドコーチとして迎え、昨年のヘッドコーチであった西原在日氏がFWコーチとしてチームの指導にあたります。「FWの強い明治」の復活が大学日本一への大きなカギになることは間違いないでしょう。
 
 


  今年こそ、「王座奪回」。

 頂点に向かって走り続けるチームの姿に今後も目が離せません。                
                 


[恩村友梨子]




部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: