検索
 HOME > スケート部(スピード部門)

スケート部(スピード部門)  スピード部門紹介



人間が己の脚で限界の速さに挑む“氷上のF1”。1周400mのリンクで最高時速60kmを超えるスピードで駆け抜ける、それがスピードスケートだ。

 スピードスケートで大学最強を誇る明大スケート部スピード部門。インカレでは総合4年連続優勝を果たし、OBではトリノ五輪に牛山貴広氏(平成16年政経卒)、宮崎今佐人氏(平成16年営卒)、杉森輝大(平成17年政経卒)の3人が出場した。

 今年度、主将を務める飯山(政経4)は昨年度1500mで大学生のオリンピックことユニバーシアード日本代表に選出された。さらに、上田(政経3)も500mで同大会に出場するなど、今年も盤石の体勢。黒岩(政経2)、富岡(政経2)ら下級生も確かな実力を持っており、チームの総合力は大学界で敵なしだ。今年のインカレも総合優勝を果たすべく、飯山主将がチームの先頭に立ち、練習を引っ張っている。彼らはリンクの上を誰よりも速く滑り、王国に新たな歴史を刻む。


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: