検索
 HOME > バレーボール部

バレーボール部  バレーボール部紹介



 昨年は30年ぶりの全日本選手権4強入りと大躍進を遂げた明大バレーボール部。今年度の黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会への切符を手にし、歴史に残る一歩を踏み出した。

 他大に比べ小柄で、ずば抜けた能力を持つ選手はいない。それでも強豪ひしめく1部リーグで勝ち残ってこられたのは、抜群のチームワークによるもの。それぞれの役割を認識し、声を掛け合い確実に得点するのが明大バレーの特徴だ。また今年度は澤田潤(商4=浜松日体)、飯塚渉太(政経3=相馬)、有田賢史(政経2=福岡大大濠)など昨年の戦力が多く残る。チームワークと経験を武器に、今年度はインカレ制覇を狙う。

 今年度は監督が代わり、7人の新入生も迎え、新生バレーボール部は早くも始動している。まずは5月の黒鷲旗。限られたチームしか出場できない今大会で経験を積み、今季も昨年以上の飛躍が期待できそうだ。

[中村綾佳]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: