検索
 HOME > 自転車部

自転車部  自転車部紹介



 和田拓磨主将(政経4=取手一)が引っ張る今年の明大自転車部。昨シーズンの新体制発足当初から、チーム改革に着手し始めた。例年オフ期間であった冬場も一連のシーズン過程の一部として、オフの概念は完全に取り払われた。それにより1年間自転車に乗り続ける体制を整え、シーズンへ向けて大きく貯金を蓄えることが可能となった。また、ここ数年で基礎ができたため、本番を想定したメニューを多く組み込んだ。
 
 しかし、思うように結果が出ないまま新たなシーズンを迎えようとしている。山茂樹監督は昨シーズンのインカレで「今は種をまく時期」とチームの状況を語った。それでも急成長を遂げている金井誠人(法2=日大豊山)を筆頭に、若い力が上級生に刺激を与えている。そして、3年生ながら副将を務める西沢倭義(農3=北桑田)を含めた上級生たちがこのチームをどう引っ張っていくことができるかに注目したい。種をまいたその芽が出ることとなるのか、今後の明大自転車部の真価が問われる。
[千島良太]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: