検索
 HOME > 山岳部

山岳部  山岳部紹介



 得点などで勝敗を決める他の部と違い、「自然」に挑み続ける山岳部。日本人として初のエベレスト登頂を果たした故・植村直己(昭39農卒)ら多くの登山家を輩出してきた伝統ある部である。

 ただ山に登る。それだけ言うと簡単に聞こえるがそれはとても過酷なものだ。山岳部の部員は日ごろから厳しいトレーニングを積み、自分たちを鍛え上げている。山を登るということは生命を懸けるということだ。そのことを常に意識して部員は活動を続けている。
 
 昨年、山岳部は大学130周年記念事業として北米最高峰のアラスカ・マッキンリーにも登頂した。学生がこのような6000メートルを超える山に挑戦するのはとても厳しいことだったが、山岳部は見事登頂に成功した。頂上に登った時の感想は言葉に表せないほどであったという。

 今年はマッキンリーを経て最初の1年。新たな山岳部の歴史が始まろうとしている。
[真島一郎]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: