検索
 HOME > 柔道部

柔道部  柔道部紹介



 明大柔道部といえば言わずと知れた名門である。少数精鋭の明大柔道部の歴史は古く、1905年に創部され、第二次世界大戦後にはGHQの指導で一時活動停止を余儀なくされるが、現在に至るまで1世紀以上に渡り日本柔道界を盛り上げた。
 
 しかし、近年は東海大、国士大の後塵を拝している。昨年度は一度東海大に勝利したものの、一度も優勝できずに終わってしまった。
 
 今年度は橋口祐葵(政経1=延岡学園)をはじめ、有望なルーキーが加入。軽量級は橋口の他にも主将の六郷雄平(政経4=愛知県立大成)など、活躍に期待が懸かる。一方で、重量級は昨年のレギュラーのほとんどが4年生であったこともあり、苦戦が予想される。団体戦は重量級がカギを握る。六郷を中心に、強豪校とどのように渡り合っていくのか注目だ。名門復活へのろしを上げる。 [毛利允信]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: