検索
 HOME > 柔道部

柔道部  柔道部紹介



 明大柔道部といえば言わずと知れた名門である。少数精鋭の明大柔道部の歴史は古く、1905年に創部され、第二次世界大戦後にはGHQの指導で一時活動停止を余儀なくされるが、現在に至るまで1世紀以上に渡り日本柔道界を盛り上げた。
 昨年の全日本学生体重別選手権で優勝した六郷雄平(平26政経卒)と寺崎達也(平26政経卒)などが抜け、下級生の底上げが急務になっている明大柔道部。主将の赤迫弘幸(政経4=延岡学園)を中心に練習に励んでいる。注目は六郷の抜けた66s級の橋口祐葵(政経2=延岡学園)だ。昨年の世界ジュニア体重別選手権で優勝し、将来を嘱望されている。橋口をきっかけに、部全体が勢いに乗れるかに注目だ。近年少しずつ名門復活に向けて進んでいる柔道部が今年は大躍進を見せる。
[本永雅敬]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: