検索
 HOME > 水泳部

水泳部  水泳部紹介



 昨年のインカレでは総合優勝こそ成し得なかったものの、男子総合5位、女子は800mリレーで初出場初優勝を達成。個々でも様々な大会で結果を残し、今まで以上に躍進の一年となった。
 そんな黄金時代の幕開けとも言える明大水泳部に新たに4人のインターハイ王者が加わる。50m自由形王者の川崎駿(市立船橋)や100/200m平泳ぎの後藤滉平(築陽学園)。さらに100/200m自由形の丸山徹(春日部共栄)や100mバタフライで優勝した細田梨乃(湘南工大附)と、バラエティも豊富だ。ル―キらしい無鉄砲さで全国、そして世界へと挑戦する。
 上級生も負けてはいない。明大水泳部をけん引する存在である平井彬嗣(政経3=市立船橋)は昨年の世界水泳では1500m自由形で9位と大きな結果を残し、実力を証明して見せた。さらにはジャパンオープンで「世界の北島(康介(コカ・コーラ))」を敗り優勝した小日向一輝(商2=千葉商大附)や、同大会で200mバタフライで優勝し松田丈志(コスモス薬品)を破った平井健太(政経2=千葉商大附)らも後に続き、世界での戦いも視野に入れている。今年開催されるアジア大会とパンパシフィック選手権にも明大水泳部からの出場がありそうだ。
 チームの目標は今年も「インカレ総合優勝」だ。昨年は5位に終わったが、大量得点が可能なリレーで優勝できれば優勝争いも可能だ。頼もしいルーキーらを迎え、黄金期を迎えたチームで頂点を狙う。

[西谷侑紀]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: