検索
 HOME > 競走部

競走部  競走部紹介



 勝負の1年を迎える。ここ数年、充実の戦力で好成績を期待されながら結果が残せない状態が続く。今季はその戦力がピークを迎える年で、結果を残すことが絶対条件だ。三大駅伝制覇のためには4年生の活躍が欠かせない。主将を任された有村優樹(商4=鹿児島実)が個性豊かなチームをまとめ上げる。昨季エースへの足掛かりを作った大六野秀畝(政経4=鹿児島城西)には結果を出し続ける走りが求められる。他にも八木沢元樹(営4=那須拓陽)はトラックでのスピードに磨きがかかっており、駅伝巧者の文元慧(政経4=洛南)や松井智靖(営4=世羅)も主力として計算できる。3年生の木村慎(政経3=浜松日体)や横手健(商3=作新学院)らも素質、実績は十分。安定感が出てくれば主力に劣らない戦力となりそう。昨季は鳴りを潜めた2年生、ルーキーイヤーとなる1年生から新戦力が出てくれば選手層にさらに厚みが出る。

 短距離部門は昨季、関東インカレ1部残留に大きく貢献した。関東インカレ決勝で6位となった4×400mRからは2名が抜けたが、昨季と同じく好成績に期待したい。関東インカレ1万mW2位の仁和光一(政経4=星稜)擁する競歩部門や、フィールド部門にも注目だ。
[高田悠太郎]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: