検索
 HOME > 準硬式野球部

準硬式野球部  準硬式野球部紹介



 準硬式野球とは、外革が軟式ボール、中身が硬式ボール素材の準硬式ボールを使用した野球のことである。ボールが異なるだけで普通の野球と変わりない。知名度こそ高くないものの、多くの甲子園出場者や名門高出身の選手も多く在籍。レベルの高い野球が行われている。

 昨年は清瀬杯、秋季リーグ戦で優勝するなど大躍進を見せた。「一人一人の力が発揮できた」(加藤直紀主将・商4=明大中野八王子)とチームが一丸となったことが勝利につながった。さらにベストナインには加藤主将、橋本健史内野手(商4=明大中野八王子)、寶田慎太郎外野手(営3=東北)、酒井翔弥外野手(法2=東北)が選ばれ個々の活躍が目立った年だった。
 今季のチームの特徴は「打線がつながること」だ。「前の打者が打ってくれるので楽に打席に入れる」(橋本健)と信頼感が強いチームだ。また昨年のレギュラーも多く残るため、さらなる戦力向上に期待が高まる。
 エース・赤尾裕希(文4=錦城)は昨季、最優秀投手賞を受賞した。「最後の年をいい形で終わりたい」(赤尾)とラストイヤーを謳歌(おうか)すべく意気込んだ。

 今年の目標は「全日本選手権優勝」。昨季、惜しくも出場ならず悔し涙をのんだ。「今年のチームに優勝できる力は十分にある」(加藤)とさらなる高みを目指し挑んでいく。

[橋本杏菜]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: