検索
 HOME > 卓球部

卓球部  卓球部紹介



 昨年度、団体戦では春秋のリーグ戦は優勝したものの、6月末に行われた全日本大学総合選手権(団体の部)ではベスト4に終わりグランドスラム達成はならなかった。しかしその後の個人戦のシーズンでは、全日本大学総合選手権(個人の部)で丹羽孝希(政経2=青森山田)、全日本学生選抜選手権で有延大夢(商2=野田学園)が優勝。全日本選手権では町飛鳥(商2=青森山田)が2位などルーキーの活躍が光った。またルーキーだけに限らず、多くの選手が個人戦でシングルス・ダブルスともにランク入りを果たし、選手層の厚さを再確認した。
 今年度は3年前に黄金ルーキーと称された平野友樹主将(商4=野田学園)、神巧也(政経4=青森山田)、岡田崚(商4=愛工大名電)がついに最終学年を迎える。さらに昨年度の全日本選手権のダブルスでは前チャンピオンを破り優勝するなど今勢いに乗る森薗政崇(政経1=青森山田)も入部する。過去最高と言える戦力もそろい、死角はない。本物の強さを証明し、悲願のグランドスラムを達成する時がやって来た。

[板橋洋子]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: