検索
 HOME > スケート部(スピード部門)

スケート部(スピード部門)  スピード部門紹介



 スケート部スピード部門は、過去に数多くのトップスケーターを世の中に送り出してきた。500m元世界記録保持者で現在スケート部総合監督を務める鈴木惠一監督もその一人。鈴木監督の指導の下大学一と呼ばれる練習量をこなしインカレの部門優勝、そしてスケート3部門での総合優勝を目指している。

 昨年度はインカレで部門総合8位と低迷した。エースの千葉将志(政経3=白樺学園)がインカレ前にケガで調整不足。得意の10000mで昨年より順位を落とす5位と思うような結果を残せなかった。他の大会でも思うような結果を残せず昨年は悔しい1年となってしまった。

 短距離でチームを引っ張っていた奥村雄樹(平27政経卒)が引退し短距離陣が昨年以上に苦しいシーズンになることが予想される。長距離陣もエース・千葉に負担を多くかけてしまう状況だ。だが、新1年で短距離の久保廉(政経1=帯広三条)、長距離の小林耕大(政経1=佐久長聖)が入部し活躍が期待される。新チーム一丸となりインカレで一つでも上の順位を目指す。
[常光純弘]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: