検索
 HOME > 競走部

競走部  競走部紹介



 真価が問われる1年となる。黄金世代と呼ばれた有村優樹(商4=鹿児島実)や大六野秀畝(政経4=鹿児島城西)ら4年生が卒業し、戦力低下の懸念がうわさされる。昨年の三大駅伝での成績に劣らない結果を出す必要がある。出雲駅伝は悪天候のため史上初の中止。全日本大学駅伝では、過去最高の2位につけ、箱根での優勝が現実のものになるかと思われたが箱根駅伝は、復路2位、総合4位と優勝には届かなかった。雪辱を果たしたい今年は木村慎(政経4=浜松日体)と横手健(商4=作新学院)のダブルエースで明大をけん引する。昨年の箱根路で木村は復路のエース区間9区で区間2位の走りを見せ、横手は1区で区間3位。全日本駅伝では驚異の9人抜きでチームに大きく貢献した木村に5区で区間新の猛追を見せた横手と、ともに素質、実績は十分。また、今年は5000m13分台の持ち主、坂口裕之(政経1=諫早)が入部し、即戦力として期待される。

 短距離部門は、関東インカレで西村定喜(文4=星陵)が400mで6位入賞を果たすなど、明大の一部残留に貢献した。また、競歩部門では野田明宏(商2=清風)が明大記録を1分以上塗り替えるなど、頭角を現した。今年は韓国でユニバーシアードが開催され出場する可能性は大いにあり、競歩やフィールド部門にも注目したい。
[辻成美]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: