検索
 HOME > 硬式野球部

硬式野球部  硬式野球部紹介



 黄金世代がついにラストイヤーを迎える。今年度からは1年秋から不動の正捕手を務める坂本誠志郎主将(文4=履正社)がチームをけん引する。戦後初の3連覇に挑んだ昨春は慶大、早大から勝ち点を奪うことができず、3位に終わった。悔しさを糧に奮起した昨秋は、春同様慶大に勝ち点を奪われながらも最終カードの立大戦で明大伝統の粘りの野球を体現。第1戦で敗北を喫し優勝に王手を掛けられた状況から、第2戦を引き分けに持ち込むと、そこからは明大のペースに持ち込んだ。連勝して早慶戦の結果待ちとなり、見事優勝を手にした。

 六大学最強の打線が他大投手陣を迎え撃つ。昨年度から主軸を背負う選手が今季も健在。昨秋六大学史上初の3年次でのリーグ通算100安打を達成した山俊外野手(文4=日大三)をはじめ、逆方向への強い打球が持ち味の菅野剛士外野手(法4=東海大相模)、右の長距離砲・石井元内野手(営4=履正社)らが打線の中核を担う。また、小技での出塁に期待が懸かる小倉貴大外野手(文4=関西)や、昨秋から出場機会を増やしリーグ戦や明治神宮大会で本塁打を放った佐野恵太内野手(商3=広陵)などの活躍にも注目だ。

 一方の投手陣は抜群の安定感を誇る。今年から新たにエースナンバー「11」を背負うのは、上原健太投手(商4=広陵)。力強い直球と、落差のあるフォークが武器の長身左腕だ。また、2戦目の先発候補に予想されるのは柳裕也投手(政経3=横浜)。ノビのある直球に40kmほどの球速差があるカーブを巧みに織り交ぜ打者を翻弄する。他にも、昨秋好リリーフで幾度となくチームの窮地を救ってきた齊藤大将投手(政経2=桐蔭学園)や、新人戦で好投を見せた本格派右腕・水野匡貴投手(農2=静岡)が控えており層が厚い。

 さらに今年度からは、センバツ準Vを果たし日本代表としての経験も持つ吉田有輝内野手(商1=履正社)、甲子園に2度出場した渡辺佳明内野手(政経1=横浜)などの新戦力が加わり、チーム内のレギュラー争いは激化。切磋琢磨(せっさたくま)しながらチーム力の向上を目指す。

 悲願の日本一へ。坂本ら4年生は、これまでに2度、日本一を目前に決勝で敗れた経験を持つ。「もうあんな思いはしたくない」(坂本主将)。敗戦の記憶を糧に、思い描き続けてきた日本一の座まで一気に上りつめてみせる。

[萬屋直]


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: