検索
 HOME > 準硬式野球部

準硬式野球部  準硬式野球部紹介



 甲子園出場者、強豪校出身者も数多く在籍する準硬式野球部。準硬式野球とは、硬式野球と軟式野球の間の固さのボールを使用する以外硬式野球と変わりない。昨季は春季リーグこそ2位だったが、秋季リーグでは5位と低迷した明大。低迷脱却に向けて、今季は目の色が違う。
昨季まであと一本に欠けた打撃陣が、強力打線へと生まれ変わった。多々野将太外野手(農3=花巻東)、松原大樹外野手(営3=明大中野)を中心として実力派の好打者が名を連ね、スキのない打線を形成している。投げては昨季から変わらない三本柱が健在なのが大きい。エース・小田敏大投手(営4=明大中野八王子)を筆頭に、篠原匠投手(政経3=明大中野八王子)、薄田寛也投手(農4=日本文理)は強豪校と比べてそん色ない。酒井翔弥主将(法4=東北)率いる新体制チーム。まずは3季ぶりのリーグ戦優勝を、そして全日本大学選手権優勝に向け、5位からの逆襲を狙う。

[木村亮]


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: