検索
 HOME > 競走部

競走部  競走部紹介



長距離部門は今年こそ下克上を起こしてくれるはずだ。昨年度、まさかの箱根駅伝でシード落ちを喫した明大。走れるサブの選手がいないという層の薄さが結果に現れてしまった。しかし、下級生に有望株が散見している。特にルーキーには都大路連覇を経験している中島大就(商1=世羅)や5000mを13分台で走る阿部弘輝(政経1=学法石川)など即戦力級もいる。どん底から這い上がってみせる。
  短距離部門では今年はハードルが熱い。男子は昨年の日本選手権の110mHで優勝した高山峻野(法4=広島工大)、女子はダイアモンドアスリート(東京オリンピックでの活躍が期待される選手)に選ばれている新一年生の藤森菜那(情コミ1=浜松市立)。それぞれが大学ハードル界上位に位置し、活躍が期待される。
 競歩部門では現明大記録保持者の野田明宏(商3=清風)もさらなる活躍が見込まれている。惜しくもリオデジャネイロ五輪への出場を逃すも、シルバーアスリート(世界大会での入賞実績のある選手)に選ばれる実力者だ。昨年度のロードシーズンはケガで泣いたが、まずは5月の関カレで活躍を誓う。
[渡邊弘基]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: