検索
 HOME > 卓球部

卓球部  卓球部紹介



 全大学の中で常に上位に位置している卓球部。おととしは年間で春と秋のリーグ戦、その間の全日本大学総合選手権(団体の部)を全て制するグランドスラムを達成するも、昨年は春リーグのみの優勝と苦汁をなめた。しかし個人では丹羽孝希(政経4=青森山田)、森薗政崇(政経3=青森山田)が飛躍した。丹羽は世界選手権で39年ぶりの日本団体銀メダルに貢献。森薗は全日本大学総合選手権で連覇をし、大学のオリンピックともいわれるユニバーシアードでは、シングルスで日本人初となる優勝を果たした。
町飛鳥主将(商4=青森山田)率いる新体制チームは、4年生を中心に選手層が厚く、2年ぶり9度目のグランドスラムの期待が高まる。常勝明治の名に恥じぬ活躍で、昨年の雪辱を果たす。
 [木村亮]


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: