検索
 HOME > フェンシング部

フェンシング部  フェンシング部紹介



 インカレでは男子フルーレ・女子エペがベスト4に入るなど、明るいニュースもあった昨年度。しかし、負ける相手が固定されいま一つ勝ち上がれないのも現状だ。
 関東学生リーグ戦では男子サーブルの降格により、男子は全て2部、女子もエペのみ1部という事態になった。団体戦の目下の目標は、2部優勝、そして入替戦進出ということになるだろう。また女子エペも早大、日大、法大の3トップ体制を崩せていない。最上級生となった古俣潮里(政経4=新潟)率いる新生チームがどこまで食らいつけるか、期待したい。
 個人戦は主要大会において誰も入賞ならず。上位が予想される古俣や上田果歩(理工3=伊那北)らも惜しいところまで行くものの、強敵にあと一歩及ばずという展開が目立った。一方、久米春貴(営2=愛工大名電)がインカレベスト8入りを果たすなど若手が躍動。ジュニアワールドカップ遠征を経て「ものすごく成長して帰ってきた」と長尾康司監督も認めるほど実力を付けた森本菜月(農2=岡山大安寺中等教育学校)も注目株だ。
 各選手とも課題は未だ山積みだが、確かに成長は遂げている。また今季はスポーツ推薦で3選手が入部し、さらなる戦力増強も望める。昨年度を超える成績も十分に目指せることだろう。

[三ツ橋和希]


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: