検索
 HOME > ラグビー部

ラグビー部  ラグビー部紹介



 明治ラグビー部は1932年に創部され、関東大学対抗戦優勝16回、大学選手権優勝12回、日本選手権優勝1回を誇る名門だ。「重戦車」と称されるFW陣を軸とした縦の攻撃を武器に、これまで数々の名勝負を繰り広げてきた。しかし近年は低迷が続き、1997年以降日本一から遠ざかっている。
 20年ぶりの大学日本一を目標に挑んだ昨シーズンだったが、関東大学対抗戦では早稲田、帝京大に敗れ3位。大学選手権初戦では京産大にFW勝負の末敗退し、年内で終戦となった。納得のいく結果は残せなかったが、チームの形を見直すための確かな収穫を得た一年となった。
 覇権奪回へ、その時が来た。丹羽政彦監督(平3文卒)5年目となる今シーズンは、主将にLO古川満(商4=桐蔭学園)、副将にCTB梶村祐介(政経4=報徳学園)が選ばれた。昨年からFW、BKのプレーの要として存在感を発揮してきた2人を中心にチーム作りに努める。レギュラーには対抗戦トライ王WTB山村知也(営2=報徳学園)をはじめタレント選手が多く残る。集大成を見せるには、この上ないチャンスが待っている。大学日本一へ向け、チーム一丸となって「前へ」突き進む。

[木村優美]


部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: