検索
 HOME > ヨット部

ヨット部  ヨット部紹介



日々、厳しい練習に取り組むヨット部
日々、厳しい練習に取り組むヨット部

 大学におけるヨットの競技は、470級とスナイプ級の2種類があります。特に470級は、日本人選手に適した大きさの艇ということもあって、今年開催の北京五輪でメダルが期待されている種目です。スナイプ級は古くから子どもから大人まで親しまれています。

 大会ではこの2種類の艇で、1週間ほどかけてレースを繰り返します。各レースの順位の合計がそのまま得点となるので、一般的な競技と異なり得点が少ないほど好成績ということになります。

 ここ近年、名門・明治は低迷していましたが、今年度は近藤主将(政経4)を中心に「チームレースの徹底」に重点を置いて、日々厳しい練習に取り組んでいます。その結果、春に行われた関東学生選手権では、15年ぶりに総合3位に食い込みました。今勢いに乗る本学ヨット部は、全日本制覇が最終目標です。

 また、星野(商4)を始めとして、一般入部した部員が多いのが本学の特徴です。推薦入部生と一般入部生がそれぞれの特性を発揮すれば、優勝できる可能性を十分に秘めているのが、明大ヨット部です。彼らの水上レースから目が離せません。

[堀内純平]

部の紹介
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: