検索
 HOME > 準硬式野球部

打線は2安打と沈黙した

準硬式野球部  早大に完封負け 流れをつかめず初戦を落とす/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・3〜10・29 東京六大学秋季リーグ戦(早大東伏見グラウンド他)
▼10・1 対早大1回戦(府中市民球場)
明大0―2早大〇
1回戦
明大
早大×
 早大との初戦は0―2で敗れた。2回裏には1死一、三塁のピンチを招くも先発の篠原匠投手(政経3=明大中野八王子)が2者連続三振でしのいだ。だが3回裏に死球や失策が絡み2失点。その後は早大打線を7回1安打に抑える粘投を見せると2番手・中里彰吾投手(商3=高崎)が8回を3人で抑えた。一方、打線は2回表に千田京平内野手(農1=花巻東)の三塁打を生かせず無失点に終わるなど2安打と拙攻。反撃の機会さえつくり出せなかった。 

 手痛いミスで勝ち星を逃した。篠原は3回裏に先頭打者を投ゴロで抑えたが続く打者に死球を与えてしまう。さらには後続の打者の犠打を処理しようとしたものの篠原が失策。1死一、二塁とし打球は久保田の前に。二ゴロとなると思われたが、イレギュラーをした打球は右前へと転がりその間に先制点を奪われた。その後も2ストライクまで追い込んだが「追い込んでからの球が甘くなってしまった」(篠原)と中前適時打を放たれ、さらに1点を追加された。投手戦となった中で流れを相手に渡してしまうこととなった。

 攻撃でも流れを得られなかった。試合を通じて打線は竹村律生内野手(営1=佐野日大)と千田の2安打のみと沈黙。両者ともに得点圏まで進んだものの後続が倒れた。初球に手を出し凡打に終わる場面も多く、3回以降は無安打。早大の先発・山口を「かなり重い球だと感じた」(篠原)と攻略できずペースをつかむことができなかった。

 今試合では自ら勝機を手放し、チームの目指す守り勝つ野球とは程遠い結果となった。今季は初戦を落としながらもその後の試合で勝利し、勝ち点を獲得する展開が多いだけに次戦での勝利に期待がかかる。今季無敗の早大に土を付けることはできるか。チーム一丸となって次戦に臨む。

[秋山祥子]

試合後のコメント
久保田

「負けは負けなので。こっちがミスしたので相手に流れが行くのは当たり前。イレギュラーもしょうがないといえばしょうがない。こういう投手戦の時はミスしたチームが負ける。相手のペースにはまってしまったのが一番だし、決して今打てるチームではないので、力不足っていうのがあると思う。相手はミスに付け込んできて点を取ってるし、こっちはミスをして点を(相手に)あげている。あとはバッティングの方でもこっちは走者を出せなかったっていうのが相手のペースにはまる一因。差というかミスした方が負けるっていう試合だったと思う。勝つしかないので明日勝って勝ち点を取りに行く」

篠原
「結果的に負けてしまったのでエースとしての役割を果たせなかったのは悔しい。2回の打席が次のイニングに影響したわけではない。ただ、打ったとき(山口は)かなり重い球だと感じた。3回は追い込んでからの球が甘くなってしまったので、そこをもう少し意識して良いコースに投げられたらと思う。早稲田は何を狙っているのか分からなかったが、まっすぐに押されている印象を受けたのでまっすぐで押していったが、甘く入った変化球を打たれてしまった。明日今回入っているベンチ入りの投手陣総動員で勝ちに行って3戦目でリベンジさせてもらいたい。四球が少ないのはいいこと。今季通じて四球が少ない。前に比べて安定的な投球につながっているので自分では評価している。次もいつも通り自分の投球をするだけなのでそこに結果がついてくればいい」

中村亮太捕手(政経3=明大中野八王子)
「打てないですね。不運だったとはいえ、うちのエラーなので向こうのピッチャーに完全にやられた。篠原は、このリーグ戦通して、すごく調子がいいっていうわけではないと、正直受けてて思っている。ただ向こうのバッターがいい場面で難しいボールを打ってきたので、そこを明日生かしていければと思う。ピッチャーに申し訳ないので、ヒットじゃなくても点数を取りにいきたい」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: