検索
 HOME > 準硬式野球部

サヨナラ打を放ち笑顔を見せる多々野

準硬式野球部  早大にサヨナラ勝ち! 勝ち点獲得へ王手/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・3〜10・29 東京六大学秋季リーグ戦(早大東伏見グラウンド他)
▼10・2 対早大2回戦(早大東伏見グラウンド)
〇明大5×―4早大
2回戦
早大
明大1×

 流れをつかんで劇的勝利を挙げた。前日完封負けで終えた早大との2回戦。初回から先制点を許し、終始追いかける展開となった。しかし2―4で迎えた8回裏、久保田駿内野手(法3=広陵)の右中間三塁打を皮切りに連続安打で2点を返し同点に。逆転とはならなかったものの試合を振り出しに戻した。迎えた9回裏、先頭打者の中里彰吾投手(商3=高崎)が出塁すると、相手のミスも絡み三塁へ。最後は多々野将太外野手(農3=花巻東)の一打で中里を本塁に返し、サヨナラ勝ちを決めた。

 チーム一丸となって勝利をもぎ取った。中盤は相手投手の黒須を打ち崩せず、苦しい展開が続いた。しかしその中でも「どうにかチャンスをつくっていこうっていう気持ちでやった」(久保田)という意識の結果、8回には安打で出塁し攻撃の幅を広げた。6連続安打などで、確実に点を返したが、あと1本が出ずこの回では2点にとどまった。同点止まりとなったが相手を脅かす攻撃で流れを引き寄せた。「1点取りに行くぞ」と円陣を組み臨んだ9回裏の攻撃。この日8回から抑えで登板した中里が中前安打で塁に出ると、犠打や相手投手の暴投の間に三塁に進んだ。この好機に「みんながチャンスを作ってくれたのでここでものにしないといけない」と強い気持ちでバッターボックスに入った多々野。初球から振りにいき、外寄りの直球を芯でとらえチームに勝利をもたらした。

 つなぐ野球で投手陣同士がカバーし合った。先発の石崎は初回から四死球と安打により2失点。その後は立て直したものの6回1死走者一、三塁の状況を作ると降板し、服部航平(政経1=浜松西)が継投した。その服部も左翼前安打を放たれ2点を入れられたが「中里さんがきっちり抑えてくれた」(服部)。8、9回に登板した中里が冷静な投球で無失点に抑え、先輩としての風格を見せた。失点してもカバーし合うチームプレーで助け合いながら勝利を手にした。

 次戦も必ず勝って勝ち点をつかみたい。早大に初黒星を付け勢いに乗る明大だが、次戦も「今日と同じくロースコアで接戦になると思う」(多々野)と苦しい戦いになることが予想される。早大の厚い投手陣をいかに崩せるかがカギとなる。チームの目標である守り勝つ野球を実践し、全員野球で戦いにいく。

[相澤日向]

試合後のコメント
久保田

「今日はみんなで勝ち取った一勝なので本当に大きい一勝になったんじゃないかと思う。中盤は点が入らず、もう我慢するしかなかったので中盤どうにかしてチャンスを作っていこうって気持ちでやったので終盤に連打連打で点が取れたのはよかった。石崎は初回、先頭にストレートのファーボールを出したことやバント処理のことで、ちょっと言ったというか気合いを入れ直させたんですけどそのあとはしっかり粘り強く投げてくれたのでバットの方でも打ってくれましたし2試合連続でよくやってくれたんじゃないかと思う。自分のプレーを振り返ると、自分はやっぱりヒーローになれないんだということがわかった。ああいうサヨナラの場面で打球が正面に行って、その後の多々野が1本打つっていう僕はヒーローになれないんだなっていう。ただチームが勝てばそれでいいのでそういう役に徹する。明日は勝つっていう気持ちを全員が持ってそれに向かえばいいと思う。全員で勝つっていう意識を持ってやっていく」

多々野
「先制されて同点に追いついたんですけどまた追加点取られて苦しい試合展開で、相手ピッチャーも良くてなかなかチャンス作ることができなかったんですけど、その中でもチャンスを物にできたっていうのも大きいし、全員で点数を取れたっていうことが良かった。(9回の攻撃前ベンチで)1点取りにいくよって(声掛け合って)、全員でベンチも一体となって点数取ることが出来たのでよかった。(サヨナラ打は)真っ直ぐの外よりのボール。ここはもう僕が決めるしかないなと思って、みんながチャンスを作ってくれたんでここで物にしないといけないなと。初球からどんどん振りに行って、ああいう形になって良かった。(サヨナラ打を打って)気持ちよかったですし、チームも勝てて良かったなと素直に思う。(次戦は)今日と同じくロースコアで接戦になると思うんで試合が終わるまで集中力切らさずに全員で勝ちにこだわっていけたらいいなと思う」

小泉奎太(営2=佐野日大)
「初回に自分のミスで2点取られてしまったので勝ちたいという気持ちはチームの中で一番強かったと思う。久保田さん、多々野さん、松原さんの3年生3人が三連打でつくってくれたチャンスだったので、何が何でも打ちたいと思い打席に立った。打ったのは高めに抜けたチェンジアップだと思う。まっすぐを狙っていて、初球まっすぐを必ず打とうと思っていたが、チェンジアップで少し合わせにいったのが幸いして落ちてくれた。運が良かったとおもう。千田とは守備では負けているのでバッティングで結果を残すなり、限られた打席の中で結果を残すだけ。初めてのリーグ戦で初ヒットが生まれてから気持ちは楽になった。同じ内野手の久保田さんの声がけも助かっている。チャンスがあれば右投手の時なのでそこで結果を残してチームの勝利に貢献したい」

石崎
「ブルペンでストレートの調子が良くなかったので、変化球をうまく使っていこうというピッチングで、その中でカーブを多く投げた。前回、次回の課題にしていた外と中の使い方も、インコースのツーシームを使ってみたり、いろいろ試せたので良かった。先発ピッチャーは初回に点数取られてはいけないと思うので、今日は自分の中では良くないと思った。あと、服部にランナーを残したのが申し訳なかった。(スローボール)思いつきで投げてみた。ああいう球はポンポンとアウト取ったあと自分が余裕できたときに、使える機会があったら使いたい。(タイムリー)アウトコースの高め真っすぐで、初球は振る気なかったのだけど、甘いコースに来たので反応で打った。高校時代は打順6番とか7番とかだったので、そんな得意ではないのだけど、今日は打てた。(次回の登板への意気込み)残りは東大戦ということで、登板機会をいただければストレートでもう少しカウントを取れるようにしようとしたい。春に向けて全ての球の切れを精度上げる。完投できるピッチャーになりたい」

服部
「(今日勝ったのは)先輩のおかげ。やっぱり自分が悪い流れをつくってしまったのもあるが、中里さんがきっちり抑えてくれた。準備はするようにいわれていてできてはいたが、マウンド上がった時にブルペンとは違うなと思った。周りの先輩方から声を掛けてもらって絶対に抑えてやると思ったがあそこで打たれてしまったのは悔しかった。ブルペンでは冷静に投げられるが、バッターが入ると力が入りすぎてしまうというのがある。今日は60〜70点ぐらい。ボール自体は自分でも良かったと思うが、制球というか場面に応じてどれだけ投げられるかが次への課題だと思う。(リーグを通して)大会前は本当に投げられるのかどうかも分からない状態だったが、経験を積ませてもらって来年の春に向かって自信につながっているしその分課題も見つかっているので、残りの試合でどれだけ課題を減らせるか。(持ち味は)ストレート。ストレートが決まればリズムが良くなると思うのでそれを磨いていくのもそうだが、変化球もストレートに今頼っているので磨いていければと。自分が投げている時に篠原さんだったり亮太さんがアドバイスをくれるので、それを毎回毎回意識してやっている。まだ1年生の最初なのでたくさん経験を積んでいきたいし、本当に全日本につながる春に向けて戦力になれるように頑張りたい」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: