検索
 HOME > フェンシング部

善戦するも最後を決められなかった道脇

フェンシング部  男子フルーレ インハイ王者に敗れベスト8/全日本選手権(団体戦)

◆12・23〜25 第69回全日本選手権(団体戦)(伊予三島運動公園体育館)
▼男子フルーレ
 明大――ベスト8
 悔しさを抱えながらの年越しだ。日本一の団体を決める全日本選手権に、インカレ4位の実績を持つ男子フルーレが出場。順調に2回戦までを突破し、準々決勝でインターハイ王者の別府翔青高と相見えた。高校と大学、トップクラス同士の対決はシーソーゲームの様相を呈すも最後は43―45と僅差で敗北。目標として掲げていたベスト4にはあと一歩届かなかった。

[男子エペ団体]
 まさに「惜敗」だった。最終セットにして、リードはわずか3点。長尾康司監督は団体メンバー最年長の道脇啓太(営3=熊本県立翔陽)に全てを託した。「こちらのエースと向こうのエースの勝負になる」(長尾監督)との予想通り、相手校もJOCカデ部門優勝経験のある実力者・上野(別府翔青高)を起用。一騎打ちは中盤まで互角だったものの、上野の素早さと積極性を兼ね備えた攻撃にペースを飲まれていく。点差を一気に詰められると、最後は2連続失点で敗北を迎えた。「いいところまで行くが、最後で取りきれない1年だった」(道脇)と今年課題としてきた最終盤での弱さにまたも足を取られた。
 他の団体メンバーもおのおの後悔を残した。「(ベスト8は)全然駄目だと思う」(久米春貴・営1=愛工大名電)と、初の全日本でもルーキーは自分に厳しかった。勝ちたいという強い意志が焦りにつながり、さらにビデオ判定で審議が覆りやすい状況がそれを増長。普段の実力を発揮できず、マイナス10点を負ってしまった。岸貴範(営2=埼玉栄)も他2人を完璧に封じ込めたものの上野には4失点。「距離感とかもうまくて終始攻められた」と相手エースの攻略に苦しんだ。

 今大会のように、今季は成績に満足できないことも多かった男子フルーレ。長尾監督も「上を狙うチーム作りが必要」と感じているが、それと同時に「今年としては今の戦力で頑張れた」と選手たちの活躍を称えた。インカレでは4位に入り、昨年出られなかった全日本選手権に個人、団体ともに出場と躍進の一年でもあった。次の大会からは新入生が加入しさらなる戦力アップも予想できる。来年のフルーレ陣がどのような進化を遂げるか、今から楽しみだ。

[三ツ橋和希]

長尾監督
「最後回り、相手がインターハイの優勝校なので簡単には勝てないと思っていたし、最後9人目までもつれるなと、最後こちらのエースと向こうのエースの勝負になるとは考えていた。リードして回ってきて取ったり取られたりでこのくらいのスコアになるかなと思っていたが、それは勝つ方をイメージしていたが負ける方に回るというのはちょっとね。いくらインターハイの優勝校とはいえ高校生なので悔しい。(久米の調子について)彼は調子の波が激しい選手ではないので、先輩の足を引っ張ってはいけないという意識が働いていたかもしれない。1年生なのでせめてイーブンで後ろの先輩につなげたい、そういう気持ちがあったかもしれないが、動きが硬かったと思う。もっと動きをしなやかに、ステップももっと緩急を付けてできるが、練習の多い少ないというよりも今日に関しては調子が悪かったのかなと。(道脇が『熱くなりすぎるな』と久米に指示していたが)焦っているなという感じはあった。本来なら取れるポイントに白ランプ(有効面以外の突き)が点いたりだとか、自分が最初に出て攻撃権を取ってアタックをしたと思ったが、審判が同時攻撃だとみなしたり、その心理面で少しイラッとしていたところが焦りにつながると判断して道脇の『焦るな、焦るな』とそういう言葉になったと思うが、少しバタバタとしていた。(審判のジャッジが明大に辛かったように見えたのはどうか)ストレスがたまっていたとは思う。これはフェンシングにはつき物。審判の癖もあるし、チーム名によるネームバリューというのかどちらの方をひいき目に見るのかというか、どちらの方が良く動いているように見えてしまうのか、やはりいろいろ要因はあるがこればかりは。逆になるケースもあるわけだから、しょうがない。(岸の調子について)うちの選手は皆そうだが、彼も考えながらプレーするから、考え通り体が動いてポイントが取れると乗ってくるしストレスもたまらないが、岸については今大会うまく回転して1試合目、2試合目、3試合目も良いリズムでポイントを稼いだ。(別府翔青戦最終セットの道脇について)頼むお前に任せるぞ、そういうイメージで彼を送り出したが、やられてしまった。(今日の道脇の全体的なプレーについて)良かったのではないか。最後の試合は本人も不満が残っているだろし、チームもそう思っているが、それ以外は良かったと思う。チームリーダーとしての声も出せていたし、ここぞというところで取ってくれていた。彼は大学3年生、相手のエースの上野(別府翔青)は高校2年生。何歳からキャリアを始めたかは分からないが、道脇は高校から始めている。片や上野君は小学校かそこらから始めているから、年齢は違ってもやっている年数からすると向こうの方が長いはず。だからその辺で年齢の差ではない、見えない差が出たのかなと思う。(相手の上野について)スキのない、穴のない選手だから、できたら明治に入ってほしいと思う。あとものすごくアグレッシブに来るのでほとんど下がらず、自分の陣地でやらないで『始め』の合図がなったらどんどん前に出てくるから、できたらそういう選手がうちにも1枚ほしいと思うから育てていきたい。アグレッシブに良いリズムで点を取ってくる選手がいるといいと思う。(明日の女子エペと今年の総括について)今年全日本に出場できたのが男子フルーレと女子エペ。女子エペは、去年は出られなかった。今年は二つ出られて、しかも準々決勝まで行けたということは成長はしていると思うし、女子エペもインカレでベスト4まで行っているのでこれまた成長しているが、今度はそこから。そこから上を狙うチーム作りが必要かなと感じるが、今年としては今の戦力で頑張れた方だと思う」

道脇
「45本取ろうと思って行った。考えたら取れないと思ったので、考えずに試合に臨んだ。(判定が覆ることが多かったが)結局審判が見て向こう側だと言っているので、割りきってやろうと思った。(個人の調子)比較的良い方だったが最後の9試合目で取れないので、いくら良くても駄目。(9試合目は感情が高ぶったりはしたか)45本取れていたらそうなっていた。途中は盛り上がっていた。(負けたが実力の差は感じたか)勝てると思ってやっていたので、でも向こうも強いので試合が始まる前は僅差になると思っていた。(相手の一番のストロングポイントは)チームのバランス。しっかり取るというか、選手ごとの役割がしっかりとしていただろうなという感じ。(1年を振り返って)良いところまで行くが、最後で取りきれない1年だった。自分のどこかで取れないと思っているのが、最後で点が取りきれないのかなと思う」


「(今回の順位について)狙っていたのは一個上以上だったので、すごく悔しい。(準々決勝の敗因)相手のエースの上野君にみんなが取られてしまったこと。個人的には多分流れが良いときに上野君に当たって流れを崩したかなと。(8セット目は久米選手の失点を取り返す気持ちで入ったか)そういうことは別に考えていなくて、勝ちたかったので点差を埋めて失点少なく取れたらいいなと思ってやっていた。(上野選手はどのような選手)すごく手が早い人だなという。元から強いのは知っていたけど、初めて当たって距離感とかもうまくて終始攻められた。(別府戦では熱くなることはあったか)別に熱くはなっていない。勝ちたいという感じで向かっていった。(1年を振り返って)いろいろな試合に出ることができて経験になることが多かったので、来年からはいろいろな試合で勝てるようにしたい」

久米
「(団体戦のベスト8について)全然駄目だと思う8は、4を目指していたので。4と8は全然違う。自分では納得していないと思う。(別府翔青の強い点について)強みはそんなに。高校生だったのでガツガツ来て、大学生の中でそういうフェンシングをする人があまりいないのであまり練習していなかったといえばそうなるが、合わなかった。そういうのが敗因だったのかなと思う。(同点にされるシーンが目立ったが心境はどうだったか)焦っていた。勝ちたい、勝ちたいと思っていたので、そういうプレーが悪い方向に出てしまったのではないかなと思う。(判定が覆ったりしたが、精神的な消耗はあったか)ストレスになった。自分の点だと審判が言ったのに、変わったり。逆に自分の点だったものが相手に入ったりするので、精神は結構持っていかれた。焦りにもつながった。(判定の差は大きかったか)普段の試合の中であんなに覆ることはないし自分も初めての体験だったので、判定がこんなに覆るのは慣れていなかった。リーグ戦とは全然違った。(全日本はどのように臨んだか)当たりも当たりだったので、4に絶対入ろうと言っていた。(1年間を振り返って)1年生ということもあって学生の試合が多かったので、忙しくて早い1年だった」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: