検索
 HOME > ラグビー部

古川新主将と梶村副将(2月4日撮影)

ラグビー部  2017年度新体制発表 古川満が新主将に就任

2017年度明治大学ラグビー部 新体制
役職
氏名
ふりがな
ポジション
学部
学年
出身校
主将
古川 満 
ふるかわみつる
LО/FL
商学部
桐蔭学園
副将
梶村 祐介
かじむらゆうすけ
CTB
政治経済学部
報徳学園
主務
廣井 雅宇
ひろいまさたか
FL
文学部
明大中野
寮長
古田 雄也
ふるたゆうや
HO
商学部
国学院久我山
 ラグビー部公式HPにて来年度の新体制が発表された。主将に古川満(商3=桐蔭学園)、副将には梶村祐介(政経3=報徳学園)と昨季FW、BKリーダーを務めた二人が就任。今年はFW、BKリーダーは設置せず、より細かいポジションでのリーダーを設置する予定だ。
 昨季は対抗戦で早稲田に負け3位と落ち込み、全国大学選手権で初戦敗退と年内終戦となった。しかし新体制となった今、立ち止まっている暇はない。昨年度の雪辱を胸に新たなチームで再出発する。

[長谷川千華・石塚真維]


以下、新主将・副将に決まった古川と梶村のコメント

<古川>

――主将に決まって今のお気持ちは
すごくありがたいことですし、自分としてもすごくうれしいです。でもその反面責任も伴うので、そこはしっかり今年以上にもっとやっていかないといけないなと思います。今の気持ちとしては、すごく楽しみです。みんなもすごく協力的ですし、今の時点ではプレッシャーはないです。元々、僕たちの代は全員ラグビーに真面目に取り組む感じなので、今年変わって少ししか経っていないけどすごくみんなコミュニケーション取ってチームのことを考えているので、そういう意味ですごく今やっていて楽しいです。

――主将に決まった経緯を教えてください
ずっと僕か梶村でいくという話はされていたのですが、監督の方から僕でいくという話をいただいたので、それで決まりました。僕から言ったというわけではなく、監督、コーチ陣の中でも僕か梶村かで話し合って僕がやらせていただくという形になりました。明治はFWがやっぱり強くないといけないし、ファイナルのチームを見てもFWがしっかり体張って前に出てチームが勝っています。でもFWはまだまだ足りていないと思いますし、そこでFWをもっと強化するというのが今年1年間を通してのテーマだと思うので、そういうところでいけばFWの僕に任せてみようという話になったのかなと思います。

――実際に決まったのはいつですか
僕が言われたのは先週くらいで、選手に発表したのは今日(4日)です。なのでまだ全然キャプテンらしい感じはしないですけど、ここから出てくると思います。

――今シーズン出た課題はどう見ていますか
少し厳しいかもしれないですけど、良い方向に転ぶのも悪い方向に転ぶのも4年生次第というところが今年はあったように感じてしまいました。やる人がいてもやらない人が多かったりというのはいけないことですし、それはどうしてもチームの雰囲気というところに関わってくるので、そういう雰囲気作りというのはキャプテンなのでチームのことを考えてもっとやっていくことが大事かなと思います。個人としても選手なので疎かになってはいけないと思いますが、そこは器用にやっていこうかなと思っています。

――今シーズンを経てFWの重要さというのは再認識しましたか
フィジカルの面で、セットプレーで去年はまだまだ甘かったなというのが正直なところなので、そこの部分で自分たちが思っていたよりも他はやっているというところの経験ができたというのはすごく僕にとってプラスでした。それとまだまだ足りないところも見えてきたので、そこはシーズン通してずっとそういうのを下に伝えていくのも僕にとって一つの大事なことだと思います。

――副将の梶村さんとの話し合いはどうですか
今は毎週梶村とチームの話をしていて、去年何が悪かったということなどは梶村とも話し合って今の時点でもある程度は出てきています。リーダーだけではなく同級生も呼んで話をしたりもしています。4年生が中心となってやっていくというのが一つ大事だという話も出ているので、そういうのも大事にしています。

――今後チームをどのように引っ張っていきたいですか
キャプテンということで自分らしさをなくしたらあまりうまくいかないと思うので、そこまで意識せず自分にできることをしっかりやって、できないところだったり任せた方がいいところはお願いして、うまくやっていけたらいいかなと思います。それと大事なのはやっぱり選手とスタッフがしっかりコミュニケーションを取るというところと、スタッフ主体になるのではなく僕らからどんどんアクションを起こしてこういうラグビーをやりたいとかもっとチームをこうしたいという意見を誰でも出しやすいような環境やチーム作りが大事かなというふうに思っています。みんな思うことはあると思うので、そこをしっかり引き上げてどんどんチームに還元して、そして良い方向に持っていくというのが仕事かなと思います。

――最後に来年度への意気込みをお願いします
日本一というのを目指してもちろんやっていきますが、まずは特に今年はチャレンジャーの意識で、伝統はありますけど僕自身としてもまだまだ満足のいく3年間を送れていないので、そこはしっかり立ち位置を見つめ直してもう一回一から積み重ねてやっていきたいなと思っています。

――ありがとうございました

◆古川満(ふるかわ・みつる) 商3 桐蔭学園高出 186cm・105kg
 主将。昨年度はFWリーダーを務め、試合では3年生ながら重戦車の先頭を切った。一昨年度前の主将・中村駿太(平28商卒)と同じく桐蔭学園出身。冷静な状況判断でチーム一声を張り、プレー面では自ら突破口となり好機を生み出す。2015年度U20日本代表。


<梶村>

――副将になった経緯を教えてください
3月にチームを抜けるので、それも要因になったり、あとはチームの総括を満に任せてゲームリーダーを僕がやると思うので負担を軽減するためと僕自身の成長しながらチームの成長にリンクしながらやっていけたらと監督と話して決まりました。

――3月にチームを抜けるというのは
ニュージーランドに1カ月ラグビー留学に行きます。昨年の菅平でお世話になった、ピタコーチ(アラティニ氏)のところへ、祝原(涼介・情コミ2=桐蔭学園)と。そこで自分自身変われればいいかなと。

――BKリーダーとして過ごした昨年を振り返って
やっぱりうまくいかないこと、うまくいったことがあった。4年生がいたので試行錯誤しながら自分たちでいろんなことを考えながらプレーできました。去年があったからこそ今年は僕と満でチームを良い方向に引っ張っていけると思うので、去年のことを生かしながらやっていきたいです。

――ご自身のチームの中の役割は
まず、ラグビーにおいてはチームの一番上にいること。今年は寮生活もラグビーにつなげていきたいと思っているので、一人間として尊敬される人格を形成していきたい。

――古川さんとはどのようなお話をされましたか
キャプテンが決まる前から僕と満がどちらがキャプテンになってもやることは変わらないとお互い話しはしました。そういうチームのことは毎日のように話しているのでコミュニケーションは取れているのかなと。

――今年の4年生の特徴は
僕らの学年は去年のチームに比べてまとまりがあると思うので、そこを大事にしたい。これからリーダーも決まってくると思うけど、リーダーだけではなくリーダー以外の選手の意見をしっかり聞いてチーム全体に目を通してチーム作りをしたいです。FWリーダー、BKリーダーはなくなって各ポジションごとに細かいリーダーができる。

――最後に来年度への意気込みをお願いします
スタッフも変わる中で僕らがするラグビーもまったく違うラグビーになると思うのです、いろいろな意味で今年1年は挑戦の年になると思います。日本一日本一と毎年言ってますけど、今年はしっかりファイナルの舞台に立って優勝したいなと思っています。

――ありがとうございました

◆梶村祐介(かじむら・ゆうすけ) 政経3 報徳学園高出 180p・95s
 副将。昨年度はBKリーダーを務め、対抗戦でもゲームキャプテンを任されるなど監督、コーチ陣、チームメートからの信頼は厚い。確なパスやBK離れした強靭なフィジカルでディフェンスを突破しチームを前進させる。2015年度U20日本代表。



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: