検索
 HOME > 硬式野球部

修正力を見せた齊藤


ボールパーク便り  快音が響かずJR九州に敗北 痛いオープン戦6連敗  

◆3・6 春季オープン戦(津田恒美メモリアルスタジアム)
▼対JR九州
 明大1―3JR九州○
オープン戦
明大
JR九州×

 あと1本が出ず、西日本遠征2戦目のJR九州戦を1−3で敗北。これでオープン戦6連敗となった。

 先発は齊藤大将投手(政経3=桐蔭学園)。初回、先頭打者を失策で得点圏に走者を背負うと、2番打者に右前適時二塁打を浴びあっさり先制される。さらに1死二塁でJR九州に進んだ4番牛島将太(営4=門司学園)に中前適時打を許し、先輩の意地を見せられた。次第に本来の調子を取り戻すと、抜けていた変化球も決まり、緩急のある投球で相手打者を翻弄(ほんろう)。3回以降は出塁すらさせず、6回8奪三振でマウンドを下りた。今後立ち上がりをいかに安定して投げれるかが課題となった。

 相手投手に付け込めない。打線は散発4安打、5回以降は安打が出ないなどと沈黙。だが失策や四死球が多く、相手と同じ5度も得点圏に走者を進めていた。得点に結びついたのは4回表1死から死球、失策で走者を三塁に進めてから出た、6番宮崎新内野手(文3=履正社)の中前適時打のみ。日に日に代わるオーダーの中で、オープン戦は1試合あたり平均2得点と打線が奮起できていない。リーグ開幕戦へのレギュラー争いは、混戦を極めている。

[浜崎結衣]

◆春季オープン戦日程表◆(スコアをクリックすると試合の記事に飛びます)
日付対戦相手場所スコア
2・26(日)
東京国際大
明大グラウンド
○4―0
2・27(月)
駒大
明大グラウンド
●0―1
3・1(水)
東洋大
東洋大グラウンド
●0―4
3・2(木)
日体大
明大グラウンド
●2―4
3・3(金)
立正大
明大グラウンド
●4―5
3・5(日)
JR西日本
JR西日本グラウンド
●3―8
3・6(月)
JR九州
津田恒美メモリアルスタジアム
●1―3
3・7(火)
環太平洋大
環太平洋大グラウンド
○7―5
3・8(水)
JFE西日本
JFE西日本グラウンド
○1―0
3・9(木)
立命大
立命大グラウンド
●1―9
3・10(金)
関西国際大
三木山運動公園
△2―2
3・11(土)
三菱自動車岡崎
三菱自動車岡崎グラウンド
△4―4
3・12(日)
JR東海
JR東海グラウンド
●2―5
3・13(月)
Honda鈴鹿
Honda鈴鹿グラウンド
●1−4
3・15(水)
創価大
創価大グラウンド
●3―4
3・17(金)
白鴎大
白鴎大グラウンド
◯5―2
3・18(土)
上武大
明大グラウンド
●2―4
3・19(日)
中大
明大グラウンド
●1―4
3・23(木)
中央学大
明大グラウンド
●2―5
3・24(金)
中部学大
明大グラウンド
◯1―0
3・27(月)
神奈川工科大
神奈川工科大グラウンド
●3―5
3・29(水)
JX―ENEOS
JX―ENEOSグラウンド
◯6―4
3・30(木)
国武大
国武大グラウンド
3・31(金)
横浜商科大
横浜商科大グラウンド
4・1(土)
日立製作所
明大グラウンド


●ボールパーク便りのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: