検索
 HOME > 硬式野球部


東京六大学野球 2017〜春〜  (7)東大戦事前インタビューB 楠田選手、宇佐美選手、三鍋選手  

 「新生明治」で戦後初のリーグ3連覇だ! 昨年は3年ぶりのリーグ戦春秋連覇を達成し、明治神宮大会で5年ぶりの日本一を飾った。今季は戦後初、1938年以来となるリーグ戦3連覇に挑む。柳裕也選手(平29政経卒・現中日ドラゴンズ)ら主力選手が抜け、顔ぶれが一新したチーム。熾烈(しれつ)なレギュラー争いが展開されているが、投打ともに選手層の厚さは六大学随一。悲願の瞬間へ向け、準備は万全だ。
経験の豊かさと打撃でチームを引っ張る
経験の豊かさと打撃でチームを引っ張る



 4月8日、3連覇へ向けた戦いが始まる。初週の相手となるのは東大だ。昨季は山田主将、田口、楠田のクリーンアップが本領を発揮。3者全員が今年4年生となり、最後の年を迎える。そしてこの春、約2カ月戦線を離れていたエース・宮台がチームに復帰。投打ともに豊富な戦力でシーズンへと突入する。年間4勝を記録した昨年以上に、手ごわい相手となるに違いない。(この取材は3月15日に行われたものです)


楠田創選手
――昨季を振り返ってみていかがでしょうか

宮台がいない中で自分たちが点を取らなければいけないという重要性が今まで以上に増していて、宮台がいない穴はすごい大きく感じたし、苦しい試合が続いた中で立教に勝てて、それは大きかったかなと思います。宮台が普通に投げられていたらもう少し勝てていたかもしれないんですけど。

――立大1回戦で勝利した要因は
あの試合はみんな食らい付いていっていて、誰も諦めていなくて、粘って勝ち切れたので。結局点は取られたんですけど宮台が戻ってきたというのが大きかったと思います。全員そろってやるぞという感じでした。

――オープン戦を振り返って
冬の練習でうまくなっている実感はあって、いい感じなのではないかと思って臨んだんですけど、攻撃でも点は取れないし守備でもエラーが出てピッチャーの足を引っ張るし、全然形になっていなくて、今までの考えは甘かったなと。まだまだこれから伸びていかないと思っているところです。

――今季はどのように貢献しようと思いますか
宮台が投げられると思うので、自分の役割はチャンスで打って点を取るということなんで、その役割を果たせるようにしたいですね。宮台が投げているときはロースコアな試合になると思うので、守備では足を引っ張らないように貢献していきたいです。

――チーム作りはどのようにしていますか
代が変わって、下から上まで風通しをよくしようとしていて、下級生でも意見が言えるようにするし、上級生も聞くようにするし、練習も下級生、上級生がペアになっていいところを吸収し合うという形でやっています。

――上級生が抜けた穴を感じるときはありますか
キャッチャーですね。今まで喜入さんが出ていたと思うんですけど、外野なので分からなかったんですけど、試合になるとまだ大きいのかなと感じます。

――今年のチームカラーや強みは何ですか
下級生のころから試合に出ている人が多いことだと思います。守備では(山田)大成がずば抜けていて、お手本となっているし、バッティングだと田口がダントツで飛ばすし、お手本に付いて行こうとしているのは今のチームの強みかなと思います。

――今年の明大の印象は
ピッチャーは抜けつつも次がいるし、野手も抜けているようで結局毎年変わらず強いので、明治に勝つという気持ちでやっているので。毎年レベルが変わらないです。抜けても多分強いんだろうなと思います。

――意気込みをお願いします
ラストイヤーです。今までは自由にやらせてもらっていたので、いいところは残しつつも、チームは引っ張らなければいけない立場ではあるので、バッティングで貢献したいです。

――ありがとうございました



宇佐美舜也選手
――昨季を振り返って
春はスタメンで出させていただいて、思うように結果が出ず実力不足を痛感して、秋はもう一度タイミングの取り方を修正して後半に結果を出せたので、次につながるシーズンだったかなと思います。

――立大1回戦での本塁打を振り返ってみていかがですか
秋の初打席だったんですけど、思い切り振ることを求められていると思ったので、迷いなく思い切り振ってホームランというのは自信につながったと思います。

――現在の調子は
自分の中ではまだまだというか、対投手で試行錯誤している段階で、シーズンまでに感覚というか1番良い状態に持っていけたらと思います。

――守備、走塁はいかがですか
自分の役割としては上を目指していかなければいけない立場で、手を抜かずにやっていけると思います。

――どういう形で貢献していきたいと思いますか
1つはクリーンアップにつなぐようにというのと、チャンスで回ってきたときに1本打てるように。状況に応じた打撃でチームに貢献していきたいと思います。

――新人戦を振り返って
上級生として引っ張る立場で臨んで、ゲームの形としては自信になる部分もありますし、相手との差を痛感した戦いだったと思います。

――レギュラー争いのライバルは誰ですか
同期の山本修とか、杉本がライバルというか下級生も成長してきて、うかうかしていられないというかもっと上にいかないといけないと思っています。

――昨年の4年生の抜けた穴を感じる時はありますか
キャッチャーの喜入さん、セカンドの桐生さん、センターの下雅意さんのセンターラインが抜けてどうなるかという部分がどうなるかというのもありますし、去年の山本主将は人一倍努力をする方なので、その姿が勉強になったので、その意味ですごく尊敬できる部分が大きかったので、チームの安定性などは去年よりまだ劣っているのでまだまだ成長できるかなと思います。

――明大の印象はどうですか
ピッチャーが齊藤(大将投手・政経4=桐蔭学園)選手、水野(匡貴投手・農4=静岡)選手に引き続いてどういう投手が出てくるのか、それを打ち崩したいというのがあります。野手も3年生の渡辺さん(佳明内野手・政経3=横浜)とか、逢澤さん(崚介外野手・文3=関西)とか下級生から出ている選手というのは警戒して、負けないチームというのが明治の持ち味であり、僕たちの理想である野球なので、今年もそういう野球を徹底してくると思います。

――今季の意気込み
チームとしては15年ぶりの勝ち点と、“下剋上”という意味で最下位争いから抜け出したいです。個人としては他のチームに警戒されるくらいの選手になっていきたいです。

――ありがとうございました
争いに打ち勝ち、レギュラーの座を奪い取る
争いに打ち勝ち、レギュラーの座を奪い取る


三鍋秀悟選手
――昨季を振り返ってみていかがでしょうか

昨シーズンはチームとしては宮台さんが投げられずに他のピッチャーが頑張っていくという形だったんですけど、1勝に終わって、宮台さん以外のピッチャーの重要性が表に出たシーズンだったと思います。個人としても代打で何試合か出させていただいたんですけど、何もチームに貢献することができなくて、悔しいシーズンだったと思います。

――オープン戦を振り返って
最初のオープン戦に出させていただいたんですけど、自分のミスで先制点を与えるという形になって、打撃でもヒットが打てず貢献できなかったので、まずは守備の面でチームの足を引っ張らずに自分がピッチャーや野手から信頼を得られるようにやって、今後も結果を残せるとうにやっていきたいと思います。

――レギュラー争いにおける強みは何ですか
調子は上がってこないですけど、打撃は強みなのかなと思います。

――4年生の抜けた穴を感じる時はありますか
キャッチャーはずっと喜入さんが2年生から出ていて、僕も(森田)穣さんもリーグ戦経験はないようなものなので、そこの穴は大きいかなと思います。

――山田主将のチーム作りはどうですか
自主的に目的とか、チームとして決めたことをしっかりやっていて、去年に比べてもより自主性が高まったと思います。

――投手陣の仕上がりはいかがですか
沖縄合宿を越えて、球がだんだん良くなっている投手が何人かいて、実践もこの間あったんですけど小林とかはいい感じに仕上がってきているなと感じます。

――このオフに重点的に取り組んだことは
キャッチャーとして守備が大事だと思うので、守備を特に頑張りました。

――キャッチャーとして大事にされていることはありますか
キャッチャーは守備の中心となると思うので、キャッチャーが不安がっているとチームとして雰囲気が悪くなったりすると思うので、自信を持ってプレーをできるように、まだまだ実際は微妙なところなんですけど、そういう気持ちで普段の練習からやれるようにしています。

――明大の印象はいかがでしょうか
投手陣は主力が抜けたと思うんですけど、残っている選手も非常に力があってバランスが良いと思うので、手ごわいと思います。

――最後に今シーズンにかける意気込みをお願いします
チームとして最下位脱出というのを目標にしてやっているので、まず初戦の明治戦で勝ち点をとっていいスタートを切れるように頑張っていきたいと思います。

――ありがとうございました

[曽布川昌也]

●東京六大学野球 2017〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: