検索
 HOME > 水泳部

ベストを更新し3位に入賞した仲家

水泳部  1500m自由形で仲家、200m自由形で松元が3位入賞/日本選手権

◆4・13〜16 第93回日本選手権兼第17回世界選手権代表選手選考会兼第29回ユニバーシアード代表選手選考会(日本ガイシアリーナ)

[2日目]
▼男子200m自由形
3位 松元 1分47秒59
8位 吉田 1分50秒05
▼男子1500m自由形
3位 仲家 15分12秒15
 日本新記録が続出し大きな盛り上がりを見せた大会2日目。明大勢では1500m自由形決勝に仲家槙吾(政経3=八王子)、200m自由形決勝に松元克央(政経3=千葉商科大付)と吉田冬優(政経2=淑徳巣鴨)が出場を果たす。仲家が大幅な自己ベスト更新で3位に輝き、松元も世界選手権代表枠には届かなかったものの3位と3年生コンビが活躍した。

仲家 1500m自由形で銅メダル
 日本選手権で初の表彰台へ登り詰めた。1日目に行われた1500m自由形予選で自己ベストを更新し、2日目の決勝へと進んだ仲家。隣のレーンには予選と同じく憧れの平井彬嗣選手(平28政経卒・現郵船ロジスティクス)。前をいく平井選手に食らい付いていくと500m時点で追い越し3位へ浮上。その後、徐々に後続を引き離していくとそのまま3位でフィニッシュした。予選の自己ベストより3秒以上縮めた15分12秒15に「予選よりタイムを上げられたのが良かった」。昨年はフォームの幾度の改善により思うような結果を残せなかったが、フォームが安定したことに加え、今年の2月に平井選手と合宿に参加。「キックもプルもスイムも全部勝てない」という平井選手に必死に付いていき、その後明大の高地合宿へ。平井選手のイメージを持ちながら、きつい3週間を乗り越えた。その努力が実を結び、日本選手権で初めてメダルを獲得。さらに初めて平井選手に勝った今レース。今後も平井選手や他の選手に「必死に食らい付いていける選手になりたい」とさらなる高みを目指す。

200m自由形 松元、吉田ともに悔しさ残る
 勝負どころで本領を発揮できなかった。男子200m自由形に出場した松元と吉田は、予選から1分48秒台前半と好タイムをマーク。この種目でリオデジャネイロ五輪(リオ五輪)7位の実績を持つ萩野(ブリヂストン)に続き、2位と3位で決勝進出を決めた。世界選手権代表を射程圏内に捉え、挑んだ大一番。レース序盤から全体がスローペースで展開したことで、松元は「周りを見過ぎた」と自らの泳ぎを乱してしまう。前半をトップで折り返した江原(自衛隊)をラスト50mで追い上げたものの、わずか0・02秒届かず結果は3位。世界選手権代表選考の2枠に入ることはできなかった。それでも、100m自由形に続く表彰台に「良い経験になった」と今後につながる収穫を得た。一方の吉田も焦りや力みから思い通りの泳ぎができず、予選から2秒近くタイムを落として8位に終わった。「大舞台でも自分の描くレースプランに持っていけるようにならないといけない」(吉田)。本来持ち得ている実力を出すことができれば代表権獲得の可能性も十分にあっただけに、悔しさの残るレースとなった。

 表彰台へ2人が上がる活躍を見せた2日目。3日目には200m自由形を無念の結果で終えた吉田のもう一つの本命種目400m自由形が待ち受けている。さらにインターハイ200m個人メドレー無敗王者のルーキー・溝畑樹蘭(政経1=報徳学園)が萩野などのオリンピアンが出場する200m個人メドレーにどこまで食らい付けるか目が離せない。そして昨年のリオ五輪選考が懸かった同大会の200mバタフライでまさかの泳法違反で失格となった矢島優也(商3=春日部共栄)が出場予定。リオ五輪メダリストの坂井(早大)が200mバタフライの世界代表を内定しているため、残された枠はわずか一つだが、昨年の借りを返しに挑みにいく。

[村田萌衣子・横手ゆめ]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: