検索
 HOME > 硬式野球部


東京六大学野球 2017〜春〜  (17)法大戦事前インタビューB 大西千選手、小林選手、中山選手、伊藤士選手  

 「新生明治」で戦後初のリーグ3連覇だ! 昨年は3年ぶりのリーグ戦春秋連覇を達成し、明治神宮大会で5年ぶりの日本一を飾った。今季は戦後初、1938年以来となるリーグ戦3連覇に挑む。柳裕也選手(平29政経卒・現中日ドラゴンズ)ら主力選手が抜け、顔ぶれが一新したチーム。熾烈(しれつ)なレギュラー争いが展開されているが、投打ともに選手層の厚さは六大学随一。悲願の瞬間へ向け、準備は万全だ。
 連勝街道を突き進む。東大、早大戦で勝ち点をつかみ波に乗る明大。続く第3カードは法大戦だ。現在5位と順位こそ低いが、昨季新人戦優勝が示すように粒ぞろいの若手も多く決してあなどることはできない。未だ優勝を知らない4年生世代をはじめ「勝利への執念というのはどこよりも強い」(法大・森主将)と自負するほどチームの気迫も十分だ。血の明法戦≠ニ言われるように、数々の名勝負を繰り広げてきた両校。今季も神宮の地で熱戦が期待される。(この取材は3月16日に行われたものです)

俊足を生かし勝利に貢献する
俊足を生かし勝利に貢献する

大西千洋選手
――現在のチーム状況はいかがですか
いい試合もできていると思いますし、中には悪い試合もあって課題はその日につぶせるようにしています。リーグ戦に向けてはしっかり準備できています。

――個人の状態は
個人的にはだいぶよくなってきています。ずっとバッティングのことを考えてやってきたので、バッティングの調子は8割くらい出せてきていますが、あとは守備・走塁の面ではまだまだだと思います。

――昨季は振り返っていかがでしたか
なかなか点数を取っても、取られちゃうという状態がずっと続いて結構苦しかったです。(大きかった試合は)やっぱり開幕戦で1試合目を勝って、次落としてそこからがたがたといってしまったという感じがありました。

――個人的に出た課題、収穫は
去年は個人的に全然調子が良くなかったので、自分のことで精いっぱいになっていました。体力的にも精神的も弱かったですし、リーグ戦の厳しさというものを感じた秋だったと思います。(印象深い試合は)慶應でサヨナラ勝ちした時に、自分が先頭で出てそのままホームに返ってきたのが、1番として塁に出てホームに返ってくるということの重要さを感じたので、それが一番うれしかったです。

――昨年の4年生が残していってくれたものは
最後まで諦めないということの大切さというのは学べたかなと思います。キャプテンの森川さんは日米とかオランダでもずっと一緒にいて、キャプテンのすごさ、偉大さを感じました。

――オフシーズンに取り組んできたことは
体幹の部分に力を入れてきて、体幹が全てにつながると思ってやってきています。トレーナーさんだったり、この間は鈴木尚広さんにも教えていただいたりして、暇さえあればやるようにしています。(手応えは)バッティングの時に自分の体の軸で回転できていますね。前に突っ込んだりすることなく、しっかりとボールを呼び込めて強い当たりを打てるようになってきています。

――新チームの雰囲気はいかがですか
キャプテンを中心によく、キャッチボール前やノック前とかに細かくミーティングをするようにしていて、そこでしっかり目的を明確にしてからプレーするようにしています。(どんな野球を展開するか)1点差で勝てるチームを目指しいけたらいいと思います。

――今季の明大についての印象をお聞かせください
今年の明治は…どうなんですかね(笑)。去年の主力が4年生ばっかりだったので、勝てるチャンスはあるんじゃないかと思います。やっぱり齊藤さん(大将投手・政経4=桐蔭学園)とは対戦するのが楽しみですね。(交友は)逢澤(崚介外野手・文3=関西)と渡辺佳明(内野手・政経3=横浜)とは選考合宿で仲良くなれました(笑)。逢澤とは1回森川さんと牛島さん(平29営卒・現JR九州)と自分で4人でご飯いきました。仲良しです(笑)。(第4週で当たります)圧倒的強さで勝ちたいです。

――個人的な数字の目標は
ベストナインを取りたいので、3割5分、10盗塁で他は1ホーマーとか、2ホーマーとか…無理です、ホームランはやめときます(笑)。

――最後に今季の意気込みをお願いします
優勝です!

――ありがとうございました

不動の4番に君臨する中山
不動の4番に君臨する中山


中山翔太選手
――昨年を振り返っていかがですか

優勝できたかなって感じですね。できなかったのは悔しいです。

――個人としては秋スタメンを勝ち取りました
まだまだ実力をつけてやりたいたいと思います。全ての面で理想の実力がつけれてないので、まだまだって感じですね。(理想は)周りがこいつは無理やなみたいに黙らせる感じですね。

――現在の調子はいかがですか
全部いいです。あまり調子とかでは考えたことはないです。向上することしか考えてないので、その日の調子とかで左右されないようにしてます。実力がまだないので、調子とかではなくうまくなることしか考えてないです。

――この冬はどのようなことを取り組まれましたか
体を強くするためにトレーニングしました。その成果として体ができていい感じです。体重の増量はしてないですけど、トレーニングの重量も上がっているのでいいなって感じです。今は98`です。

――初の沖縄キャンプはいかがでしたか
楽しかったです(笑)。沖縄に行ける人数も限られてて、練習に集中できました。暖かったので思い切りプレーできてその分成長できたかなと思いますね。

――今年の明大の印象はどうですか
あんまりないですね。他人のことを考えていないので、何とも思っていないです。

――明大で交友のある選手はいらっしゃいますか
11月の代表合宿の時は逢澤と一緒の部屋で結構話しました。(それまでは)話したことはなかったですが(野球の話を)結構しました。

――今年は多大に比べて選手の入れ替わりが少ない印象です
チームプレーとかは例年よりまとまっていて、結構手応えを感じていると思います。

――新人戦も5年ぶりに優勝されました
新人戦から他のチームに「法政は強い」というイメージを与えるような試合をすると掲げていました。

――今季の目標をお聞かせください
チームは全勝優勝。個人としては毎試合ホームラン打つことです。

――意気込みをお願いします
相手に手も足も出させないように圧倒するだけです。(数字はとしては)4割、ホームラン10本、20打点、以上です。(周りの選手から『無理やろ!(笑)』)いや、そんなのをひっくり返すのがかっこいいです!

――ありがとうございました


パワー打線の一翼を担う
パワー打線の一翼を担う

小林満平選手
――昨年を振り返っていかがですか

もちろんやる以上は優勝狙ってましたし、春3位は悔しい思いはしましたけど明治大学さんはすごい強くて、3戦目で負けてしまって優勝がなくなったので印象深かったです。(個人としては)試合に出たいという気持ちを持ってずっと昨年の冬やってきたので、春秋スタメンで出れたのは個人的にはよかったことですけど、チームが3位、5位と良くなかったのでチームにいい結果もたらせるように勝負どころでのバッティングだったり、守備だったりチームの勝ちに直結するようなプレーができればなと思います。

――現在の調子はいかがですか
あんまり上がってきてないんですけど、高校の時からオープン戦はあまりよくない方なので、試合になったらスイッチ入るかなと思うので気にしてはないです。

――この冬はどのような課題を持って取り組まれましたか
打順が1番とか3番だとピッチャーもいろんないいボールを投げてくると思いますし、それに対応できるようにバットコントロールだったり、長打がほしい場面では長打が打てるようにリストを鍛えたりと状況に応じたバッティングをできるようにというのは常に心がけてきました。去年は内野だったり外野だったりいろんなポジションだったんですけど、今年は内野一本でと個人的には思っているので、内野の守備に関してはノックで数受けて練習してきました。

――今年敢行された沖縄キャンプはいかがでしたか
今までなかったことなので、すごく新鮮で刺激的でいいキャンプが送れたかなと思います。寒くないのでたくさん量できましたし、朝晩冷えこまないのがいいですかね。あとは日焼けしたかったんですけど、ずっと曇りだったのでまた来年かな(笑)。今年結果出ればあれがよかったんじゃないかということで、来年も沖縄キャンプやるかもしれないので、結果出せるように頑張ります(笑)。

――今年は他大に比べて選手の入れ替わりが少ない印象です
布陣もそのまま学年が上がっただけで、チームプレーも攻撃面もかなり上がってますし、周りからも勝つなら今年だと言われてますので3年生中心となると思いますが、自分たちが引っ張ってチームを優勝に導ければなと思います。(同学年の存在)いい選手たくさんいるので、刺激になりますし絶対に負けたくないという気持ちも同時にあるので、3年生で引っ張っていければという思いはあります。

――今年の明大にはどのようなイメージをお持ちでしょうか
野手は結構入れ替わりがあると思うんですけど、逢澤だったり渡辺だったり中心となる選手も残っていると思いますし、明治さん毎年強いイメージがあります。投手も齋藤さんだったり水野さん(匡貴投手・農4=静岡)だったり残っているので、今年も手強いかなと思いますね。

――明大で親交のある選手はいらっしゃいますか
もともと逢澤、渡辺とかとは仲が良いというか、よく話したりしてます。渡辺とは練習のときに一緒にキャッチボールとかしてたので、話す機会はたくさんありましたし、あの二人もすごくいい選手なので負けないように頑張ろうという思いはあります。

――今季の目標をお聞かせください
チームの優勝が一番で、個人的にはベストナインと首位打者です。打率は4割、ホームランは出ればいいですけどあまり気にせず打点10、あとは盗塁頑張ろうと思っていているので盗塁を多く決められたらなと思います。

――最後に意気込みをお願いします
長年優勝から遠ざかってますし、今年に期待してくださるファンの方々も多くいると思うので、ファンの方や関係者の皆さまにいい報告ができるようまずは優勝に向かってチーム的にも個人的にも頑張っていきたいなと思います。

――ありがとうございました

伊藤寛士選手
――昨季を振り返っての感想をお聞かせください
初めて六大学野球とリーグ戦ってものを経験できたってのは自分にとって大きかったことだし、そのレベルが自分の中で分かったので、成績は残せてないんですけど大きなシーズンだったと思います。

――1年でリーグ戦出場ということで、周りの人の反応はありましたか
出れたことはいいことだって言われるんですけど、自分の中では実力があって出してもらったよりは運があって出してもらったっていう感覚が強いので、結果を出していかないといけなかったのかなと思います。

――高校野球と大学野球で違いを感じたところはありますか
バットの違いが一番大きかったのと、やっぱりピッチャーのレベルっていうのが、スピードだったりキレだったり高校野球とは全然違って。そこに付いていけなかったのが昨年のシーズンだったかなと思います。

――この冬で重点的に取り組んだところは
キャッチャーとしてのバッテリー強化はやってきてると思うので、守備面でパスボール少なくすることであったり、盗塁を多く阻止したり、キャッチャーとして必要なことを重点的にやってきたと思います。

――森川大樹(明治安田生命)が引退されて、正捕手争いも激しくなると思われます
一つ上の先輩2人がいて、僕がいて。上の先輩2人に勝たないと4年生まで試合に出れないっていう状況になってしまうと思うので、この一年がすごい自分にとって大事なシーズンになってくると思うので、やっぱり先輩には負けないようにやっていけたらいいなと思います。

――捕手は責任感が必要とされるポジションですがその辺りはどう感じられていますか
下級生の間からキャッチャーとして出させてもらってるので、先輩たちがいる分下級生としてミスしてはいけないとかそういうプレッシャーとか責任はあるんですけど、そうやって小さくならないようにやっていけたらいいと思います。

――調子の悪い先輩投手に声を掛けなければいけない状況もあると思います
そうですね。試合中になると気を使っていいこと言うばっかりじゃ駄目だと思うので、思ったことをしっかり伝えられるようにしてます。

――捕手の視点から見て今年の投手陣の調子はいかがでしょうか
ここオープン戦何試合かで、昨年の今の時期に比べるとかなり失点は少なくなってきてると思うので、今かなりいい状態でできてると思ってます。

――同学年ですごいと思う選手はいらっしゃいますか
舩曳、宇草、相馬ですかね。その3人はやっぱり打ったり守ったりって部分ですごい長けてると思うので、今シーズンいいんじゃないかと。

――ライバル視してる選手はいらっしゃいますか
チームではやっぱり一個上のキャッチャーの中村さんと鎌倉さんはやっぱりライバル視してます。(他校では)同級生の郡司(慶大)だったり小藤(早大)だったり。その2人は高校時代から知ってるので意識はしてます。キャッチャーとして、どの部分であってもあの2人には負けたくないなと思います。

――今季の明大への印象をお聞かせください
投手力ってのが明治にはあると思うので、昨年の柳さんだったり星さんが抜けた後でもやっぱり森下暢がいたり。そうなってくると法政としてはどれだけ少ない点数で抑えられるかがカギになってくると思うので、昨年と考え方は変えずにいこうと思っています。

――捕手としてコミュニケーションは重要だと思いますが、普段はどのようにコミュニケーションを取っていますか
できる限り思ったことはそのまま伝えないといけないと思ってるんですけど、なかなか難しい場面もあるので普段から多く会話をしていかないといけないと思います。

――今季の目標をお聞かせください
まずは正捕手獲ってリーグ戦出なきゃいけないっていうことと、もし出るんであればキャッチャーとして失点を少なくすることと盗塁阻止率ってのももっと上げてかなきゃいけないのと。打つ方に関しても昨年ヒット4本しか打ってないので、2桁打てるまでには持っていけたらいいなと思います。

――今季の意気込みをお願いします
ここ何年か優勝できてなくて昨年の秋もふがいない成績に終わってるので、やっぱりバッテリーから、キャッチャーから勝てるチームになっていけるようにやっていきたいので、いかに失点を少なくしてリーグ優勝するかってことを考えてやっていきたいと思います。

――ありがとうございました

[土屋あいり・浜崎結衣・三ツ橋和希]

●東京六大学野球 2017〜春〜のバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: