検索
 HOME > 硬式庭球部

攻めのテニスで勝ちをつかんだ杉田(左)・池添組

硬式庭球部  ルーキーが初陣飾る 杉田・池添組も初戦突破/関東学生トーナメント1、2日目

◆5・1〜7 関東学生トーナメント大会(有明テニスの森公園)
▼5・2
[男子シングルス1回戦]
 杉田 0{6―7、1―6}2 鈴木(日体大)〇
 鈴木 0{4―6、1―6}2 岡垣(法大)〇
 田鍋 0{2―6、6―7}2 山崎(慶大)〇
 中井 0{2―6、1―6}2 小林(早大)〇
〇中村 2{3―6、6―4、6―2}1 白井(日  大)
 市川 0{2―6、4―6}2 矢部(専大)〇
 合戸 1{7―6、1―6、3―6}2 小林(東海 大)〇
 津田 0{2―6、1―6}2 宇佐美(中大)〇
[男子ダブルス1回戦]
〇杉田・池添組 2{6―4、2―6、10―7}1 千 頭・田中組(早大)
 本城・高坂組 0{6―7、2―6}2 杉澤・柴田 組(日大)〇
 合戸・安増組 1{6―2、3―6、5―10}2 古 賀・安上組(早大)〇
[女子シングルス1回戦]
 福田 0{2―6、0―6}2 千村(筑波大)〇
〇竹本 2{6―4、6―1}0 吉富(山学大)
〇宮田 2{6―3、6―2}0 鈴木(青学大)
〇金山 2{6―4、6―0}0 吉川(立大)
 吉田 0{4―6、0―6}2 倉持(早大)〇
[女子ダブルス1回戦]
 井上・福田組 0{2―6、0―6}2 並木・牛島組(筑波大)〇
[男子シングルス2回戦]
 中村 0{2―6、0―6}2 加藤(亜大)〇
 勝負の季節に突入だ。今季最初の個人戦、春関本選が開幕した。大会初日は悪天候に見舞われ途中打ち切り。大会2日目となった本日は、男女単複の1回戦と男子シングルス2回戦が行われた。明大からは男女合わせて18名が1回戦に臨んだものの、2回戦にコマを進めたのは4人と1組。苦しい船出となった。

 気持ちで勝利を手繰り寄せた。男子ダブルス1回戦に臨んだ杉田曜(総合4=川越東)・池添克哉(商3=札幌日大)組。相手は全日本ジュニアU―16で優勝、準優勝経験を持つ大型ルーキー千頭・田中組(早大)と、初戦から接戦必至のカードとなった。「相手が強いペアだったので、気持ちで負けないことを意識して最初から入っていった」と杉田。その言葉通り、試合開始直後から2人でムードを盛り上げ、攻勢に出た。ゲームカウント4―4で迎えた第9ゲーム、池添の強気のリターンダッシュが奏功しブレークに成功。勢いそのままに第1セットを6―4でものにした。続く第2セットは相手ペースに飲まれ2―6で落としたものの、「とにかく気持ち切らさないで勢いでいこう」(池添)と最後まで攻めの姿勢は崩さなかった。スーパータイブレーク(先に10点先取した方が勝利)にもつれ込むと、1点を争う攻防を繰り広げ、最後は気持ちで勝った杉田・池添組が10―7で勝利。試合後、2人はがっちりと握手を交わし喜びをかみ締めた。

鮮烈デビューを飾った金山
鮮烈デビューを飾った金山
 初陣を飾った。ルーキーの金山晴菜(政経1=野田学園)はこの日の1回戦が大学初の公式試合。「挑戦者のつもりでやろう」と気合十分に臨んだ。迎えた1セット目は「つないで相手に時間を与えてしまった」。持ち前のパワーハンドを打ち込むのを躊躇(ちゅうちょ)し、ラリー戦に持ち込んでしまい、ミスを連発。要所を締め、6−4で逃げ切ったものの、10ゲーム中5ゲームをジュースに持ち込まれる苦しい展開となった。しかし、2セット目では「前に入って打っていこう」と切り替え、前で強いボールを連発し、6―1で圧倒。試合を決めた。次戦では法大のエース・江見、勝ち進めば昨年度インターハイ準優勝のルーキー・松田(亜大)との対戦が予想される。格上が相手となるが「思い切っていって、絶対に勝ちたい」と健闘を誓った。

 2日目を終え、シングルスでは男女で11人、ダブルスでは3組が敗退。苦戦を強いられているが、明日は熊谷ひかる主将(文4=浦和学院)などのシード組も登場する。残りの選手が一試合でも多く勝ち上がることに期待したい。

[藤田幸大・佐々木渉]

試合後のコメント
杉田

「(シングルスについて)あまり意識してるつもりはなかったんですけど、いざプレーしてみると結構動きが固くて、ボールがうまく飛んでいかなかったです。もう少し相手の深いところに打てれば良かったんですけど、大事なところで浅くなってしまって相手に前に入られて攻められました。一定のペースでプレーしてしまって、相手は一定のペースでポンポン打ってくるのが得意なプレーヤーだったので、そこで自分が変化とかつけられなかったのが痛かったです。(持ち味は)ファーストサーブを生かすのは得意なので、サーブキープができて予選は上がれました。今日は大事なところでファーストサーブが入っていかなかったのでそこも良くなかったです。勝たなきゃいけない相手だったので手応えはありません。まだこの後ダブルスもありますが、もう緊張はないので次は思い切ってやります。(池添選手とのペア)3月くらいに決まりました。ペアは4年生が話し合って監督に見てもらって決まります。池添とのペアの期間はそんなに長くはないですけど、対抗戦もやったり予選も勝ち抜いてきたので悪くないです。(ダブルスについて)相手が新1年生の結構強いペアだったので、気持ちで負けないことを意識して最初から入っていって、強気なプレーで第1セットが取れたのでよかったです。終始、強気なプレーが貫けました。(スーパータイブレークについて)第1セットを取ったところで最悪、スーパータイブレークにもつれることも覚悟していたので、第2セットを取られた後も上手く気持ちを切り替えられたのがよかったと思います。スーパータイブレーク中は、相手に攻められたら厳しかったので先にこっちから仕掛けていくことを意識してプレーしました。(2人の武器)自分と池添はサーブとストローク主体でやっています。今日もいい形でリターンから攻められていたと思います。ボレーを決めきることが今後の課題だと思うので、ストロークに加えてボレーでも攻められていけたらと思います。(次戦について)次はシード選手が相手なんですけどあまり気負いすぎず、かと言って引きすぎることもなく自分たちのプレーで勝ちきれるように頑張ります」

池添
「(試合を振り返って)全体的に声が出せていたかなと思います。杉田さんのボレーが今日すごい良くて、サービスゲームもしっかりキープできていたのでその点も良かったです。僕が前衛の時に少し決めきれない部分があったので、次の試合で改善できればなと思います。相手は1年生なんですけど、強いことは知っていたのでとりあえず今できることを全部出し切ろうと思って試合に臨みました。第2セットは結構あっさり取られたおかげで、スーパータイブレークに入る時はあまり気負いもなく入れました。(スーパータイブレークについて)とにかく気持ち切らさないで勢いでいこうと2人で話合っていました。(2人の武器)2人ともストロークが主体で、ボレーよりもストロークで点数を稼ぐ感じです。でもダブルスはどうしても前衛がプレーに絡まないとポイントが取れないので、サイドチェンジなどを入れたり、リターンダッシュをしたりと工夫しています。(次戦について)次の試合に勝ったらインカレが本直になるので、気持ち入れて頑張ります」

津田
「(春関に向けて)しっかり健康には気をつけていました。学校とかも休んで今大会の予選からしっかり調整してきました。(大学テニスを経験して)どの選手も高校の時と比べるとやはりミスが少なくて、しつこい選手も多かったので自分も負けないように気合いを入れてやりました。(試合を振り返って)チャンスは何度かあったんですけどあまりものにはできなかったです。チャンスで粘り強い大学生相手にポイントを取っていけるように今後は練習したいと思います。目標は全国大会に出ることです。インカレに出場できるように頑張ります」

金山
「大学入って初っぱなの試合なので思い切って挑戦者のつもりでやろうと思って挑みました。初めての試合でしたし、相手もどういうレベルか分からないので、緊張はしました。1セット目は相手のボールに慣れられず、自分のプレーができませんでした。パワーハンドをどんどん打ち込むのが身上ですが、つないでしまったことで相手に時間を与えてしまいました。そこがファーストセットでミスが目立った原因ですね。自分がリードすると気が緩んでしまって、ミスをしてしまい、続けてまたミスをしてしまうので、そこは直していきたいです。2セット目は前に入って打っていこうと思ってやりました。5―0までいって、1ゲームは取られてしまいましたが、最後も前に入っていくことは忘れずにプレーしました。(4年間の目標は)リーグのメンバーに入って、王座で優勝して日本一になりたいです。個人戦もインカレで上位に入りたいです。(次戦以降の目標は)次はもっとレベルも上がるので、思い切っていって絶対に勝ちたいです。(松田選手には)絶対に勝ちます」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: