検索
 HOME > 硬式庭球部

硬式庭球部  杉田・池添組がベスト8入り! チーム唯一の次戦進出/関東学生トーナメント4日目

◆5・1〜7 関東学生トーナメント大会(有明テニスの森公園)
▼5・4
[女子シングルス3回戦]
 斉藤 0{4−6、2−6}2 上(早大)○
[男子ダブルス]
・2回戦
○杉田・池添組 2{6−2、6−4}0 ヘルナンデス・奈良部組(専大)
 鈴木・吉見組 1{6−7、6−1、7−10}2 大和田・望月組(中大)○
・3回戦
○杉田・池添組  { 途中棄権 } 寒川・鈴木組(法大)
[女子ダブルス]
・2回戦
 熊谷・斉藤組 0{4−6、2−6}2 楚南・高橋組(亜大)○
・3回戦
 竹本・宮田組 0{3−6、3−6}2 田中・松田組(亜大)○
 トーナメントも折り返しとなる春関4日目。男女単複合わせ、明大勢で次戦に駒を進めたのは杉田曜(総合4=川越東)・池添克哉(商3=札幌日大)組の1組のみとなった。多くの選手が白熱した試合を繰り広げたものの、あと一歩で接戦をものにできず。杉田・池添組は準々決勝に臨む。

接戦の末惜敗を喫した吉見(左)・鈴木組
接戦の末惜敗を喫した吉見(左)・鈴木組
 紙一重の差に泣くこととなった。シードのためこの日が初戦となった吉見恒輝主将(理工4=浜松市立)・鈴木悠暉(政経4=名経大市邨)の主将・副将ペア。大和田・望月組(中大)との対戦はスーパータイブレーク(ダブルスで最終セットに入ると10ポイント先取となる)までもつれ込んだ激闘の末、セットカウント1─2の悔しい結果に終わった。シングルスでも結果を残している相手に、最初は球威、ストロークともに押されてしまう。第1セットは両チーム一歩も譲らぬままタイブレークに突入した。3ポイント連取されるなど、勝負強い相手から繰り出される仕掛けに悪戦苦闘。6─7と競り負け、相手にリードを許した。「ゆっくりな球を打って、相手のストロークを制限しよう」(吉見)と第2セットに臨むと、確認し合った狙いが的中。前衛がしっかりと前に出る、ボレーを駆使したプレーで圧倒。「先に攻めたことが第2セットの勝利につながった」(鈴木)と6―1でセットを死守すると、ゲームをフルセットに持ち込んだ。ここで試合の流れをつかんだかのように見えたが、続くスーパータイブレークではミスを連発。前半は5―3と2ポイント差をつけて押していたものの、終わってみれば7─10。こちらのミスで勢いに乗った相手に盛り返され、2時間に及ぶ死闘に敗れた。落としたのはいずれもタイブレークの接戦。「タイブレークは先に仕掛けたほうが有利」と語った吉見の顔からは後悔の念が見えた。

今後の課題が見えた熊谷(左)・斉藤組
今後の課題が見えた熊谷(左)・斉藤組
 上級生ペアの意地を見せられなかった。吉見・鈴木組同様、シードによりこの日が初戦となった熊谷ひかる主将(文4=浦和学院)・斉藤佳帆(文3=拓大紅陵)組。ペアを組むのは、約2年ぶりだ。対するは今年度から関東大学女子リーグ戦で当たることとなる、亜大の楚南・高橋組。「同じ1部校として負けられない」(熊谷)と意気込んで試合に臨むも、明確な勝ちパターンを持つ相手との競り合いに勝ち切れず。長いラリーやジュースに持ち込んだものの、ここぞの場面でことごとくポイントを落としてしまった。最終スコア4―6、2―6でゲームセット。勝負強い相手に力負けを喫した。それでも「練習の成果は少しずつ出ている」(斉藤)。相手の勝負球を打ち返す負けん気や必死にラリーに食らいついていく粘り強さは、1年前には見られなかった。年度始めの大会は悔しさと共に、確かな成長を感じさせるものとなった。
 周囲との力の差を再認識した。今年度から1部に昇格し新たなスタートを切った女子部。早大や慶大などのトップ校が勝ち上がる中、明大からのベスト8入りはゼロと悔し涙を飲んだ。「常に前を向いていないと、周りにどんどん置いていかれる」(熊谷)。スコアには結びつかないながらも接戦を繰り広げることができたのは、今大会の収穫だ。気合いを入れ直し、来るインカレやリーグ戦に向け猛進する。

 うれしい誤算だ。杉田・池添組が見事明大で唯一のベスト8入り。「元々2人共シングルスプレーヤーなので、シングルスに期待されていたと思う」(杉田)。しかし、その言葉とは裏腹に、強豪ペアを次々に粉砕。3回戦では相手の棄権により、準々決勝進出を決めた。「ここまで来たからには何とか勝ちたい」(池添)。チームの意地を見せるためにも、どん欲に頂点を狙う。

[綾部禎・谷山美海]

試合後のコメント
吉見

「(今日の試合を振り返って)相手はシングルスで結果を残している選手だったので最初のファーストセットは相手の球威とかに押されましたが、だんだん慣れてきて自分たちは前に出てボレーで点をとったら良くなってきました。でも、タイブレーク(第1セット)のときは相手のほうが勝負強くて。相手が先に仕掛けてきたことで自分たちが力んでしまい、こちらから仕掛けられなかったのが敗因だったと思います。ボレーもうまくいっていたので調子は良かったです。しかしタイブレークでは1ポイントが重要で勝負仕掛けたほうが絶対有利なのに、相手がどんどん仕掛けてきて。こっちはゴテゴテだったので、そこをもっと勇気だしてやっていれば違っていたのかなと思います。(第2セットでは)相手のうち1人はボレーが苦手だったので、それを狙いました。また、ラリーで相手が早い球を打ってくるのはわかっていたので、そこでゆっくりな球を打って自由にストロークさせないことですね。(スーパータイブレークでは)やはり緊張して、力んでしまいました。(主将として)去年の先輩たちは多くの大会で結果を残している選手だったので、戦力的には落ちていると分かっていました。なので、春休み期間にみんなでいろいろ試して練習して試合に臨みました。結果が伴わなかった部分もありますが、まだ終わったわけではないので。まずはリーグのことを考えて、このような結果がでてないようなチームでも勝てるということを自分たちで見せていきたいです。(今後の目標)個人的には去年よりも結果が思わしくなく、考えるところはリーグしかないので、そのためにどういう風にメンバーをまとめたり、選手を使っていくのかを考え、去年のような結果を今年も達成できるように頑張っていきたいです」

鈴木
「(今日の試合を振り返って)ファーストセットはやはり勝てた試合だと思いました。だから夏までには勝負強さ、技術などをレベルアップさせてインカレ頑張りたいと思います。2セット目は1セット目の反省を活かし、2人でやることを考えて、先に先に攻めることができました。すんなり取れたんで調子は良かったと思いますけど、ファイナルセットでは前のセットようなプレーができなくて、先に相手に攻められる形になったので気持ちを継続していれば勝てる試合だったと思います。(スーパータイブレークは)練習試合でも5回連続でスーパータイブレークで負けたことがあるので、その面がこの試合でも出てしまったのかと思います。(副将として)全体的に結果は出ていないですけど、その中でも勝ち上がる選手も多く、下の学年の子たちが強くなった感じもします。夏まで時間があるので、寮生活を生かして、団結力を養って頑張っていきたいと思います。(今後の目標)個人としてはインカレに出て、部では個々の力はあまりありませんが、総合力では去年よりも30倍強いので、それを生かしてリーグ戦では勝ちにいきたいと思います」

杉田
「(このペアは)4年生で話し合って決めました。元々、僕と池添はダブルスっていうよりはシングルスプレイヤーなので、ダブルスよりシングルスに期待されていたと思うんですけど、こんなに上手く噛み合うとは思わなくて。正直、ここまで残れるとも思っていませんでした。(公式戦で組むのは初?)池添が1年、僕が2年の時に組んだことがあったんですけど、その時はぼろぼろで予選も突破できなくて。そこから比べるとかなり成長したのかなと思います。2年ぶりです。(この ペアの持ち味は)2人とも結構サーブとストロークが良いので、そこで押していって。あとは2人で元気よくプレーできるのも特徴だと思うので、そこを生かしてやっていきたいです。(前衛で攻めたプレーが目立ちました)あんまり得意じゃないんですけど、自分から積極的に動いて相手にプレッシャーをかけるっていうことを意識しました。(ベスト8)こんなところまで来れるとは全く思っていませんでしたが、ここまで勝ち上がったからには勝ちたいです。ダブルスで結果を残したことがないので、楽しみだっていう気持ちもあります。(明大勢で勝ち上がっているのはお2人のペアのみです)池添と僕でここまで残れるとはまさか誰も思っていなかったと思うので、良い意味で期待を裏切れたのは良かったです。今日も2試合目は棄権勝ちだったので、かえって気が引き締まります。ここで負けたら、まぐれだって言われちゃうので何とか明日も勝ちたいです。大和田・望月組とも当たるので、吉見・鈴木組の仇を取りたいと思います」

池添
「(春関本戦出場は)シングルス、ダブルス両方とも初めてです。新進で入賞して決まったんですけど、まずは出られていることが素直に嬉しいです。(ダブルスは)シングルスとは違ってボレーとかのプレーも絡んでくるので。ラリーもシングルスより続きやすいので、相手に振り回されることなく、サイドチェンジとかポーチに出たりっていうのも考えて、一戦一戦やっていきたいです。(新進に続いて入賞がかかっています)まさか、ダブルスでベスト8まで残れるとは思っていなかったので、正直驚いているところもあります。周りもきっとそう思っていると思いますけど、ここまで来たからには何とか勝ちたいです。ベスト8っていう結果は素直にうれしいんですけど、そこで浮かれることなく、いつも通り試合に集中していきたいです」

熊谷
「やっぱり、同じ1部校として負けられないなっていう気持ちで臨みました。(斉藤とのペアは)今日も負けはしたんですけど、いつも楽しくプレーできています。結果がついてくるのが一番ですけど、良い雰囲気でやれているのでそこはペアの良いところかなと思います。(スコア以上に接戦を繰り広げていたように感じました)ポイントも0ー40とかで負けていたわけではなくて、ジュースも多かったので実力差があったとは思いません。ただ、決定打を外さない勝負強さであったり、試合を決め切れる強さっていうのは相手の方が上でした。自分たちがそういうところでも戦えていれば、スコア的にももう少し競れたんじゃないかなと思います。(相手の印象は)思ったよりボールが遅いっていうのが第1印象だった。でもその反面、打つ時はしっかりストレートアタックをしてきたり、ポーチに出るって決めて打ってきていたので、それを成功された時に流れをつかまれてしまった。私たちには点を決めるパターンがなかったので、相手ペアのしっかりとしたペアリングは見習わなきゃなと思いました。(自分たちの強み)竹本・宮田組を見てもそうなんですけど、声であったり笑顔であったり、とにかく楽しそうに試合をしているのが明大の良さかなと思います。(今年度のチームの雰囲気)1年生は高校時代からの実力で勝っているなという印象で、さすがだと思います。上級生はインカレ本戦出場を決めているのは佳帆しかいなかったんですけど、井上・福田組がコンソレから勝ち上がったり、全員がシングルス、ダブルス共に予選への出場権は持っているので、そこは良かったかなと思います。新年度になって、新たな課題が見つかった収穫の多い大会だったかなと思います。常に前を向いていないと、周りにどんどん置いていかれるので。早大、慶大なんかはほとんどが勝ち進んでいますし、同じ1部校として、そこを倒していかないといけないと実感しました」

斉藤
「ひかるさん(熊谷)とは、私が1年生の時に最初の試合でペアを組ませてもらって、その頃は私もダブルスがどういうものなのかとか全然分からなくて迷惑をかけてしまったので、今回ひかるさんと組ませてもらえるっていうことで、リベンジをしようと思って臨んだんですけど、今回もまだまだ頼りっぱなしでした。負けてはしまいましたが、課題がたくさん見つかった試合だったかなと思います。インカレに向けてどういう練習をしたいかっていうことも見えてきているので、これからが楽しみです。(今日の試合を振り返って)長いラリーがあったりジュースがあったり、ものすごく差をつけられたって感じではなくて。きっと終了時のスコアが逆でもおかしくはなかったと思います。ただ、やっぱり競ったときの強い気持ちであったり、ポーチに出る確率とかポーチに出た時に決められるかどうかっていうところは、相手に負けていた部分だと思うので、そこを埋めていけたら良かったかなと思います。(2人の間で意識したこと)とにかく私たちは声を出すことを意識して、ミスをした時でもひかるさんが『ドンマイドンマイ』って言ってくれたので、すぐに切り替えることができました。相手の戦術とかは見習わないといけないと思いましたが、チーム力は私たちの武器だなと思いました。(大会を通してチームを見て)明大は今年から1部校になって、周りからも注目されていると思います。勝ち残ることはできませんでしたが、しっかりと競り合える試合ができたり、前までは諦めていたボールをしっかりと追えるようになったり、練習の成果は少しずつ出ているのかなと思います。お互いに高め合える良いチームなので、まずはインカレに向けて練習を重ねて、そしてリーグ戦ではチーム一丸となって戦っていきたいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: