検索
 HOME > 硬式庭球部

見事ベスト8入りした杉田(右)・池添組

硬式庭球部  惜しくも入賞者出ず 次戦に向けチームは再出発/関東学生トーナメント5日目

◆5・1〜7 関東学生トーナメント大会(有明テニスの森公園)
▼5・5
[男子ダブルス準々決勝]
 杉田・池添組 0{2−6、6−7}2 大和田・望月組(中大)○
 ベスト4の壁は厚かった。強豪ペアを次々と下し、準々決勝まで勝ち進んだ杉田曜(総合4=川越東)・池添克哉(商3=札幌日大)組。表彰台を射程圏内にするも、接戦をものにできず。メダル獲得とはいかなかった。明大の今大会での最高成績は杉田・池添組のベスト8。5日目にして出場選手全員の敗退が決まり、大会最終日を前に有明の地を後にした。

 格上ペアに必死に食らいついた。杉田・池添組が準々決勝で相対したのは、大和田・望月組(中大)。2回戦で吉見恒輝(理工4=浜松市立)・鈴木悠暉(政経4=名経大市邨)組を破った手ごわい相手だ。ブレークを許したことから立て続けにゲームを落とし、0―1で迎えた第2セット。互いにサービスゲームを死守するとシーソーゲームの末、6―6でタイブレークに突入した。開始早々3ポイントを先取しながらも、直後にミスを連発。一気に3―6まで追い上げられ、1ポイントでも相手に許すと敗戦が決してしまう緊迫した展開となった。「ここで出なきゃ駄目だ」(池添)。前衛の池添が積極的にポーチに出てボレーを決めると、そこから3ポイント連取。相手のマッチポイントをくぐり抜け何とか望みをつないだ。そのまま流れに乗りたいところだったが、ダブルフォルトから続けざまに2ポイントを献上。あえなく敗戦となった。
 「気持ちの乗った良いペアが一つ見つかった」(上原慎吾監督)。今大会で大躍進を遂げた杉田・池添組。元々組むことが予定されていたペアではなかったものの、戦う中で次第に歯車がかみ合っていった。大会中、池添が手首を痛めバックハンドを打てなくなるハプニングが発生するも、フォーメーションを変えることで柔軟に対応。「そのおかげでやることを絞れた」(杉田)と逆転の思考で乗り切ってみせた。強気なプレーと逆境にも物怖じしないメンタル。今後の活躍に注目だ。

 チーム全体の底上げが急務だ。今大会では、男女ともに接戦で勝ちきれず、惜敗するという試合が目立った。「形は作れるけど、強い相手に勝つにはまだまだ足りない」(上原監督)。突出したスター選手がいない今年度の硬式庭球部。上級生、下級生問わずリーグ戦出場枠を争えるため、チーム一丸となって高みを目指せる。今大会で見つかった課題を真摯(しんし)に受け止め、一回り成長した姿で8月のインカレに臨む。

[谷山美海]

試合後のコメント
上原監督

「(杉田・池添組の試合)池添がケガをしていて、バックハンドを打てない中ではやれることをしっかりやったと思います。あと一歩勝ちに届かなかったのは最後に決めるところができていなかったことです。最後、タイブレークでサーブが入らないことなどは、基本的なところなのでもう少し精度を高めないといけないと思います。2人ともファイターで、気持ちの乗ったいいペアが一つ見つかったなと。ベスト8までいけたら上出来かなと思います。(春関を終えて)杉田・池添組がベスト8っていうのは正直言ってどうでもいいことで、チーム全体としては今後もっと底上げが必要だと感じました。本城・高坂組と鈴木・吉見組が負けてしまったのは、いい形は作れるけど、強い相手に勝つにはまだまだ足りないところがあったからだと思います。個人個人がもっと貪欲に努力していかないといけないです。昨年度から4年生が抜けて、これから男女1部リーグで戦っていくにはあと4ヶ月、一人一人を高めていく必要があると思います。今大会は今後に期待が持てる結果だったと思うので、今大会に点数をつけるなら60点、70点かなと思います。(今後チームに必要なこと)まずはプライドを持てと。もっと戦う意思を見せろと選手には言いたいです。先輩たちが残してきたものをキープするのではなく、それよりも上に行くんだという気持ちを持って今後取り組んでもらえばと思います。そうすれば結果もついてくると思うので、そういった戦えるチームを作っていこうと思います」

吉見
「(大会を通して)去年は1つ上が結果を残していて、戦力の低下を不安に思いながら臨んだ今大会でやっぱり結果が伴わなかったことは悔しい。僅差で負けた試合も多かったので、そこの少しの差を埋められるように頑張っていかないといけないと思います。追い込まれた時の勝負強さだったり、メンタルだったりを鍛えていきたいです。(明大の強み)突出した選手がいないので、その分全員がライバルとなって競い合っていけるのが良いところだと思います。下級生も頑張り次第ではリーグ戦に出られるというところが、周りの選手へのライバル意識や仲間意識につながっています。チーム全員で勝っていくんだという気持ちは去年より強いです。(そのような中で、杉田・池添組の躍進はチームへの刺激になる)元々ここで組むと予定していたダブルスではありませんでしたが、戦っていく中でどんどん強くなっていっていたと思います。本番で強気なプレーができたのは良かったです。(これからに向けて)みんな今回の結果を受けて危機感は覚えていると思うので、現状をしっかりと受け止めてもう一回頑張っていきます」

杉田
「前も負けている相手だったので、素直に悔しいです。自分の通用する部分と改善しなきゃいけないところが明確になったので、また頑張ろうかなという感じです。(フォーメーションは昨日の反省などを経て変更されたのでしょうか)本当は前に出てやりたかったんですけど、池添がケガをしていてバックを打てないので。ロブしか打てないので、リターンの時は後ろにいました。本当は池添はリターンが良いので、これからは前に出ると思います。逆にそのおかげでやることを絞れたというか、良かったと思います。(サーブは)今日は悪かったです。得意なんですけど、あんまり良い感じじゃなくて。セットの最初からファーストサーブを入れられないとなと思うので、精度を上げていきたいです。(池添は)強気なプレーが頼もしくて、僕がミスしても取り返してくれるので、ありがたいです。(相手のマッチポイント)絶対に諦めちゃ駄目だと思ったので。(池添のことを)信じてました。(相手が)強くて、圧があるので。経験の差が出てしまいました。(これからに向けて)今回のベスト8という結果にしても、見合うだけの実力はまだないので、リーグ戦やインカレに向けてしっかりと力を付けていきたいです」

池添
「(今の率直な気持ち)自分のミスで大事なところを取りきれなかったので、そこが本当に悔しいです。ベスト8という結果は素直に誇っていい結果だと思うので、そこに関してはプラスに受け取っていいと思っています。(6ー6になってからのタイブレークで、相手のマッチポイントから3連取)ここで出なきゃ駄目だなって思っていたので、自分が出てポイント取ってやるっていう気持ちでいきました。(積極的なプレーが目立ちました)プレーに関しては、自分たちは向こうよりも絶対に劣っていると実感していたので、絶対に引かないようにっていうのは意識していました。相手がストロークが強い選手で、ストロークだけで戦うと力負けしてしまうということも分かっていたので、ボレーで動いて出られるところは積極的に出ていこうと話していました。(杉田とのペアの良さ)ファーストサーブの確率も良くて、そこで僕が動いてポイントを取るっていう流れができていました。僕が後ろにいる時も前で動いてくださるので、とても頼もしいです。(セカンドサーブでサービスエースを取れる負けん気の強さ)杉田さんがサインでセンターって出してくれたので、そこは引かずにいこうと思いました。(ベスト8は男女含めてチームで最高の結果)昨年や一昨年に比べると劣っている部分はあるんですけど、リーグ戦までに時間があるので調整していきたいです。今度はインカレで勝てるようにしたいです」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: