検索
 HOME > ソフトテニス部

ルーキーながら4勝を挙げた前衛の金子

ソフトテニス部  男子 王者早大に善戦も3位 王座進出ならず/関東学生春季リーグ戦

◆5・6〜7関東学生春季リーグ戦(白子サニーテニスコート)

<男子>
▼明大――3位
[出場選手]平井、坪井、立木、丸岡、中平、丸山、米澤、金子、齋藤、本倉

<1日目>

○明大4―1中大
●明大2―3日体大
●明大2―3早大
○本倉・丸山5―1
●中平・米澤3―5
●立木・平井3―5
●中平・齋藤1―5
●本倉・丸山1―5
●本倉・齋藤4―5
○米澤4―0
●坪井1―4
○丸山4―1
○立木・平井5―0
○立木・平井5―4
○中平・米澤5―1
○丸岡・金子5―1
○丸岡・金子5―1
●丸岡・金子2―5
<2日目>

○明大5―0国学大
○明大5―0法大
○本倉・齋藤5―0
○本倉・齋藤5―1
○中平・米澤5―3
○中平・米澤5―1
○丸山4―2
○丸山4―2
○立木・平井5―4
○立木・平井5―1
○丸岡・金子5―1
○丸岡・金子5―1

 目標の王座には一歩手が届かなかった。初戦の中大を4―1で下し、迎えた日体大戦。1番手のペアが3―5で敗れるとそこからまさかの3連敗。4番手の立木雅也(農3=中京)・平井裕之主将(国際4=高崎健康福祉大)ペアが一矢を報いるもチームカウント2―3で敗北した。続く王者早大との一戦では5番勝負までもつれる熱戦を繰り広げるも2―3で敗戦。結果は3勝2敗の3位で、今大会上位2校に与えられる王座戦の出場権も逃すこととなった。

 風がチームの明暗を分けた。2戦目の相手は日体大。王座に進むためにも絶対に勝利しなければならない相手だった。プレッシャーがかかる中、2番手で登場したのは本倉健太郎(農1=岡山理大付)・丸山海斗(政経2=上宮)ペア。1ゲーム目を4連続ポイントで取り、幸先の良いスタートを切ったかに見えた。しかし、吹きつける強風が明大ペアを苦しめた。「風の中で自分の思うようにテニスができなかった」(本倉)。その後はミスショットを連発し5連続でゲームを献上。ゲームカウント1―5と成すすべなく敗れた。続くシングルスでも敗れ3敗目。4戦目の立木・平井ペア、5戦目の丸岡俊介(政経3=尽誠学園)・金子大祐(営1=市立高田商)ペアが意地を見せ、立て続けに勝利するも2―3。王座進出に黄色信号が灯る手痛い敗戦となってしまった。

 絶対王者をあと一歩まで追い詰めた。日没により4試合目から再開された2日目の早大戦。1勝2敗と後が無い明大は4番手に中平慎吾(農2=尽誠学園)・米澤要(営2=能登)ペアを起用。「2日目は割り切ってできた」(中平)。前日の不調を拭い去るかのごとく得点を量産し、5―1と終始相手を圧倒しチームカウントを2―2のタイに戻した。そして勝負の5戦目。ここまで2勝を挙げている丸岡・金子ペアに勝敗の行方は委ねられた。試合は序盤で0―2とリードされる展開となる。その後明大は金子のボレー攻撃などでゲームカウント2―2まで持ち直す。しかし最後まで安藤(早大)の強力なストロークが止められなかった。「何もできなかった」(金子)。2―2から3連続でゲームを奪われ試合終了。またも早大の厚い壁の前に屈した。

 今年も新人が輝きを見せた。今季のリーグ戦には3人の新人選手が出場。特に丸岡と組んだ金子は4勝を挙げる大活躍を見せた。リーグ後半から急造ながらペアを組んだ本倉・齋藤のルーキーペアも昨年の天皇杯王者である船水・星野ペア(早大)をあと一歩まで追い詰めるなど、思い切りの良いプレイで会場を沸かせた。「今年は元気がいい1年生ばかり」(立木)。今後もゴールデンルーキーたちの活躍から目が離せない。

 悔しさを糧に成長してみせる。「全然満足はできない結果」(平井)と悔しさの残る春季リーグとなった。ただ上位2チームとの実力差がほとんどないことは今回の大会で証明してみせた。「平井さんが満足できるような結果を残したい」(立木)。頂点を目指す平井メイジの挑戦は続く。

[前田拓磨]

試合後のコメント
平井
「日体大戦3本負けてしまったのが痛かったなという感じがしています。僕自身は4番目という、結構勝負が懸かってくる所だったのですが、日体大戦0―3で回ってきてしまったので、僕がここで負けてしまったらその後にも響くと思ったので、絶対勝ちたいと思って臨みました。(早大戦では大きくオーダーを変えたが)早稲田が一番強くて勝てないと王座には行けないので、早稲田に勝つために調子の良い自分らが勝って、丸山がシングルでもう一つ取って後半に勝利するという作戦だったんですけれども僕らが負けてしまって。でも丸山が勝ってくれて明日にまだ望みがあるので、明日4番、5番で早稲田を倒したいと思います。(早大戦のご自身の試合を振り返って)僕らは試合の入りが課題なのですけれど、最初1ゲーム取れて良い形にできたのですけれども、中盤から後半にかけて単純なミスが出たりして負けたかなと思います。課題が残る試合だと思います。(敗因は)やっぱり3―1とかリードして、仕留める所で仕留め切れなかった所です。(明日に向けて)明日まずチーム全体で早稲田に向かっていって、そこからは順位決定戦になってくると思うので、しっかりと良いプレイができるように頑張っていこうと思います。新チームになってから、日体大早大に向かっていって、最低でも王座出場というのを目標にやってきたので3位という結果は残念です。(オフにはどのようなことに取り組まれたのか)トレーニングはもちろんですし、サーブレシーブの強化を重点的にやってきました。(自身のリーグ戦を振り返って)4勝1敗だったんですけれども一番勝ちたかったところで勝てなかったのが心残りかなと思います。(3位という結果についてはいかがか)全然満足はできない結果だと思います。(王座に届かなかった要因)日体大戦で、力のある2ペアが力を出し切れなかったのが原因かなと思うんですけれども、その2ペアが力を出せなかったというのはチームの問題だと思うので、やることはあるかなと思います。(東インカレにむけて)無駄なミスを減らすのと試合を決める一発。ボレーとかスマッシュの決定力をもっと高めていかないと夏は厳しいと思うので、そこをやっていきたいなと思います」

立木
「(リーグ戦を振り返って)まずは残念というか、悔しかったという気持ちが大きくて。平井キャプテン中心に王座に向けて今までやってきたので、終わってしまったなという感じですね。内容的には4勝1敗なんですけれども、その1敗(日体大戦)がどうしても勝ちたかった試合だったので、そこを取り切れずに負けてしまったというのはとても大きかったです。1、2、3番手で負けてしまったのが。それが勝ってリーグ戦2位で王座出場というのが最低の目標だったのでそこが痛かったと思います。(自分の課題だと思ったところ)バック側に攻められた時に失点になるケースが多かった。その弱点を練習してきたんですけど、まだまだ狙われて相手の得点につながるってケースが多かったので、まだそこは課題であり練習しなければいけないと思いました。(オフでは何の練習をしたか)六大学終わってからバックもフォアも練習してきたんですけど、まだ課題でしたね。他はトレーナーさんに言われた、肩とか肩甲骨の可動域を広げるトレーニングはオフでも体休めながらストレッチして取り組んできました。(上級生の立場から見て1年生の活躍をどう思ったか)今年は元気がいい1年生ばかりなので、応援する時も応援しやすかったし、1年生も結構のびのびやってくれて収穫はとても大きかったと思います。(個人戦の意気込み)団体戦は終わったんですけど、個人戦もチームで戦うという意識を持って。インカレの出場枠を狙うとともに、団体で勝てなかった相手とかにリベンジして上位進出を狙っていきたいです。(東インカレの意気込み)今回のリーグで収穫も課題もはっきり分かったと思うので、まずはそこを練習して。やっぱり平井さんにどうしても勝ってほしくて僕ら取り組んでいるので、次こそは平井さんが満足できるような結果を残していきたいです」

丸岡
「(リーグ戦を振り返って)早大戦以外は勝負がついて、消化試合という感じで、そこを勝ち切れたのはよかったんですけど。早大戦で、自分どうこうというよりかは実力の差を痛感したので、インカレまでにはできるだけ差を詰めなければ勝てないなというのは実感しました。(早大戦、先に2ゲームを奪われた)0ー2までラリーもなく、ポンポンと取られてしまったので、自分も金子もとりあえず落ち着くために間を取ったりして。そこからラリーも続くようになって競ってきたので、そこは落ち着いてできたかなと思います。(日体大戦では1勝3敗とチームの敗北が決まった中での試合でした)金子とも全勝賞狙おうという話はしてたのでそこは集中力切らさずできたと思います。(大会を通して見つかった課題)僕はあまりガツガツ攻めるタイプではなく、ロブとか使って相手のミスを誘ったり前衛に決めてもらったりするのが自分のテニスだと思うので、風ある中でもそういうテニスをもっと確率よくできるようにならなきゃいけないなと思いました。(金子選手とコンビを組んでみての感想)大好きです(笑)。(金子「僕もです(笑)」)入寮してすぐ同じ気持ちになったというのはあるので、お互い理解し合える部分はあると思います。(このオフで取り組んだこと)個人でトレーナーが付いてもらって、身体面をつくるというのを意識してやってきました。体幹を鍛えたりだとか、スピードアップのための足のウエートトレーニングをしました。(個人戦に向けての意気込み)昨年優勝して、第2シードで相手も強気で向かってくると思うので。そこは受けずに自分から攻める、こっちも向かっていく姿勢を取らないと簡単に負けると思うので、そこはしっかり攻めていきたいなと思います。(東インカレの目標)とにかくずっと早大に負けっぱなしなので、早大に勝つのは目標としてやっていきたいと思います」

中平
「(リーグ戦を振り返って)1日目が全く自分のテニスができなかったが2日目は割り切ってできたことが良かったです。(オフに取り組んだこと)体幹トレーニングを行いました。(早大・日体大戦を振り返って)日体大戦の時は自分が1番で出て勝たなければいけないところを負けてしまいチームも負けたので悔しいし、風が強かった中でも自分のテニスができるように頑張りたいです。(個人戦に向けて)シングルも苦手ではないので上位を目指し、ダブルスは優勝目指して頑張りたいです。(東日本インカレに向けて)2日目のように割り切ったり、自分から攻めていくテニスをしていきたいです。(次の大会までに改善したいプレイ)ロブのミスが多かったのでもっと柔軟にテニスができたら良かったと思うのでシュートだけでなくロビングもうまくならないといけないと思いました」

丸山
「今回は優勝も狙ってやってきましたが、最後絶対勝たなければいけないところでみんな負けてしまいました。結果は2―3で負けですが、内容的には自分たちが最後ミスをして負けたので、最後まで決め切れるようにしていかなければならないと思います。(オフシーズンに取り組んできたこと)オフシーズンは特に下半身のトレーニングとかを重点的にして、技術はその後でということで体力的なトレーニングをしてきました。(下半身はどの辺りを鍛えたのか)持久力と瞬発力なので足とか反応とかをやっていたと思います。(本倉選手と前半戦は組んでいたがどうだったか)去年も左利きの先輩(丸岡)と組んでいたので、多少は組みやすかったのですが、タイプとかも違うのでまだ完全にはなじめていない感じです。(日体大戦の反省点)元々白子は風が強くて、これは計算に入れないといけないのですが、風が強い中のテニスで先にこっちがミスをしてしまったので、もう少し二人で考えて風上とか風下の戦い方を工夫していかないといけなかったと思います。(シングルスを振り返って)みんな団体戦で1年生とかだと緊張していたので、その分僕は2年目なのでそういうところは気持ちに余裕を持ってできたので、そこが良かったと思います。(明大の1年生の活躍はどうだったか)1年生同士で途中から組んだんですけれども、上の人と組むよりは1年生らしく向かっていくテニスができていたと思います。団体戦とかだと前の方に出て、思い切ったプレーをしてくれるのは良かったと思います。(リーグ戦で見えてきた個人の成果と課題)途中からシングルスで出たのであまりダブルスのことは気にはしていないのですけれども、もう少し勝ち切れるゲームで勝ち切れなかったりして、グダグダしてしまったのでそういうところは修正して、もっときっちり4―0とか4―1で終わって、流れを切らさないとか持ってこられるようなプレイをできればいいと思います。(明日からの個人戦にむけて)去年はダブルスでは優勝しているので、また今年も続けて優勝できるようにするのと、シングルスは去年16止まりで負けてしまったので今年はもっと。優勝を狙って、もっと上に行けるように頑張っていきたいと思います。(東インカレの目標)東日本インカレも大事ですけれども、最終的にはインカレなので、インカレに向けての通過点として、狙いつつインカレに向けて頑張れるような内容の詰まった試合にしていけたらいいなと思います」

米澤
「(リーグ戦を振り返って)自分一人の結果では4勝1敗だったがその1敗で1位か2位か決まる試合だったのでその1敗が悔しいです。(オフに取り組んだこと)自主トレを増やした。(早大・日体大戦を振り返って)早大戦は絶対に負けてはいけないと思っていたのでいい試合ができたが日体大戦は自分たちが1番で出たので少し気の緩みがでてしまった。(個人戦に向けて)ダブルスなので2人で1本というのを心掛けてもちろん優勝目指して戦っていきたいと思います。(東日本インカレに向けて)団体で勝てなかったので勝てるよう努力したいと思います。(次の大会までに改善したいプレイ)カットサーブからの攻撃がプラスになっていないので(マイナスにもなっていないが)得点できるように練習していきたいです」

金子
「(リーグ戦を振り返って)結果的には4勝1敗という良い成績を収められたが成績以上に内容が(早大戦など特に)まだまだだったなと思います。5番勝負で何も出来なかったし相手が強いのは分かっていたが予想以上に実力の無さに気付かされた。(オフに取り組んだこと)練習から離れている部分があったので寺島トレーナーからメニューを貰ってトレーニングをしていた。(早大・日体大戦を振り返って)日体大戦は自分らの前で負けが決まってしまったが次の早大戦に繋がるように勢いを持たせる試合をしました。早大戦は丸岡さんと組ませてもらって自分が劣っていたのでそこを上げられたら明大として強くなれると思うので自分次第だと思います。(個人戦に向けて)丸岡さんが去年優勝しているので今年も優勝目指してやっていきたいと思います。(東日本インカレに向けて)自分はサーブ、レシーブが強みだと思っているのでそこを伸ばしつつ、ラリー中に自分が絡んでいけることが必要だと思います。(次の大会までに改善したいプレイ)レシーブの改善とバタバタしている場面が多いのでもう少しラリーで相手のボール合わせていきたいです」

齋藤
「初めてだったので、1試合目とかは緊張していたんですけれども先輩とかが強いので、それに負けないように元気は出していこうと思っていました。でも結果的に2勝2敗で終わってしまったので、周りが強くてその環境で育っていければいいなと思います。(初めてのリーグ戦はどうだったか)メンバーもそろっていましたし、みんなで優勝目指していたんですけれども一番惜しかったと思うので、勝ち切れなかったというのは僕を含めてみんな日々の練習が出たかなと思うので大会に使える球、動きをしっかりやっていきたいなと思います。(最初は中平選手と組んでいたがリーグ戦途中で本倉選手とペアを組み始めた経緯)元々中平さんと1試合目は組む予定で、2試合目から本倉と組む予定でした。ですけれども、2試合目は風とかもあったので、オーダーを変えて僕が外れました。3試合目からは本倉と組んで、丸山さんをシングルにするというのが元々監督とかの頭にあったのでそれで1試合目だけ中平さんと組みました。(それでは事前に練習はされていたのか)急造です。合宿来てから、出るかもよと言われただけで、練習とかでは全然。前日合宿とかに来て、出るかもということで組んだりとかはしていました。(このペアで2勝を挙げたが)ペアが強かったなと思いますね。あんまり無駄なことをせず、自分の役割をしっかりしていれば、絶対ペアがやってくれると思っていたので、最低限のプレイをしてペアと話し合ってやろうと思っていました。(早大戦の船水、星野ペアとの試合を振り返って)(昨日の早大戦は)3試合しかやらないということで、3試合の内2勝1敗で終わろうと話していました。立木さんも負けてしまったので、これは相手も強いし1年生だし向かっていくしかないと本倉と元気出して、何が起こってもいいようにどんどん攻めて、攻めていくという作戦でいっていたので、それで本倉もしっかりラケットを振ってやっていたし、僕も最低限の仕事をして、ちょっとは競れたかなと思います。(このリーグを通して見つかった課題)サーブレシーブが僕も弱いですし、金子とかも。1年生のサーブレシーブが弱くてそこをしっかり。サーブレシーブさえしっかりできれば、早稲田とかも勝てなくはないと思うのでサーブレシーブをしっかりやります。(東インカレの目標)しっかりと誰が出てもいいように、切磋琢磨(せっさたくま)してあって、出た人は出られなかった人の分までやってやるぐらいの気持ちで全員で盛り上げたいと思います」

本倉
「(リーグ戦を振り返って)日体大と当たった時に、風の中で自分の思うようにテニスができなかったので、対応力というか、どんな状況でも自分の思い通りに、コンディションが悪い中でも相手と戦えるように自分を磨かないといけないなと思いました。(日体大戦、途中からアウトが増えたのはやはり風の影響か)風の影響って言ったら言い訳になるかもしれないですけど、やっぱりすごい風が吹いていて足も少し止まってしまってのミスだったと思います。(先輩の中で団体戦を戦うことについて)僕は一番下の年ということで、元気出して相手に向かっていくというか、そういうところでチームのムードを高める、盛り上げられるように試合に臨みました。(初の団体戦で緊張は)4年生最後のリーグというのも、一年生として出るというのもあって緊張はしていました。でもそこは元気出してやっていきたいなと思っていたので。最後の方はそういう面ではできましたが、日体大とやった時は自分の思い通りになりませんでした。(早大戦では船水・星野ペアをファイナルゲームまで持ち込んだ)ああいうすごく格上の相手とやる中で、日体大戦のこともあってラケット振っていこうと思っていたので、相手にビビることなくやっていくというのは自分の中では成功したと思います。それでも詰めの部分でミスが出て負けたので、そういうところできっちり決められなかったのが相手の強さというか、自分の甘かったところですかね。(今回見つかった課題)白子は風が強いことは予測できるので、風の中でしっかり足を動かしてボールの所に入って、ラケットを振り切ることを練習からやっていきたい。ボールに入れるように下半身の強化をしていきたい。(個人戦の意気込み)1年生らしく元気よく、優勝目指して頑張っていきたいと思います」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: