検索
 HOME > ソフトテニス部

齊藤は主将としてチームを引っ張った

ソフトテニス部  女子 得失点差で3位 王座またしても逃す/関東大学春季1部リーグ戦

◆5・6〜7関東学生ソフトテニス春季リーグ戦(白子サニーテニスコート)

<女子>
▼明大――3位
[出場選手]齊藤、望月、小谷、西永、鈴木、上田、宮下

<1日目>

○明大2―1東女体大
○明大2―1日体大
○明大2―1立大
○齊藤・上田5―1
○齊藤・上田5―4
○齊藤・上田5―0
○西永4―3
●西永1―4
○望月4―1
●宮下・鈴木1―5
○宮下・鈴木5―1
●宮下・鈴木4―5
<2日目>

●明大1―2早大
○明大2―1慶大
○齊藤・上田5―3
○齊藤・鈴木梨5―1
●西永1―4
●西永1―4
●望月・小谷1―5
○宮下・鈴木5―0

 昨年に引き続く悔しい3位だ。2日間にわたって行われた春季リーグ戦。女子がこの1部の舞台で戦うのは3度目となったが、初日は3戦全勝と好スタートを切った。しかし、2日目は昨季1位の早大に惜敗。その後の慶大戦で勝利し通算成績を4勝1敗としたが、得失点差で早大、日体大に続く3位となった。

 王者相手に悔しい敗北を喫した。2位以上で獲得することができる王座決定戦だが得失点差で3位となり、念願の王座出場を決めることはできなかった。明暗を分けたのは早大戦。チームカウント1−1で迎えた3ゲーム目を任されたのは、望月友美佳(営4=加藤学園)・小谷真由(営3=米子松陰)ペア。組んでから約2年が経つペアだが「緊張して、自分のプレーが全然できていなかった」(小谷)と、杉脇・佐々木ペア(早大)の勢いに圧倒され、アウトを連発。第1セットはストレート負け。「なんとかしなきゃという気持ちが先に行ってしまった」(望月)。その後の第2セットは取り返したものの、主導権は早大側のまま。望月の精度の高いストロークも、佐々木のボレーに阻まれなかなか得点に結びつかず「気持ちに焦りが出てしまった」。終わってみればゲームカウント1−5で敗北。「勝たなきゃいけない場面で自分のテニスができないところ」(望月)と肩を落とした。「思い切りの良さ」(小谷)が売りの望月・小谷ペア。次こそ、プレーを発揮して勝利を狙う。何としても勝ちたかった一戦だっただけに、悔しさもあるが、次へつなげるための課題を解決し、さらなる高みを目指す。

 主将がチームを引っ張った。初戦から最終戦まで1番手を任されたのは齊藤香純主将(政経4=昭和学院)・上田理央(政経1=文化学園大杉並)ペア。初日に行われた日体大戦の第1ゲームでは、一時は1―4まで追い詰められる展開になるも「強気でやろう」(齊藤)。球を高く上げ、相手のバックを攻めた。すると4―4まで一気に追い上げファイナルゲームへ。ここでも落ち着いて得点を重ね7―4でこの大接戦を制した。このプレーがチームに流れを作り、強豪・日体大を撃破。「(上田と)組んでの練習時間はほとんどなかった」(齊藤)にもかかわらず、全戦全勝。新たなエースペアの誕生を予感させた。そんな齊藤は、主将として春先にかけてチームの雰囲気をつくる努力もしていた。今回の団体戦を終えて「声をかけたりなど気づくことはたくさんあった」。この課題を一つ一つ解決していくことがよいチームメークにつながる。齊藤のもと、これからさらに強くなるチームの活躍に注目だ。

 敗北を勝利の糧とする。「まずは自分から攻めていく気持ちを持たないといけない」(齊藤)。相手の猛攻に守備を崩され、攻めの姿勢ができなかったことが今大会での敗因として挙げられる。7月には東インカレが控えている。チームが掲げる目標は「優勝」。次こそ、宿敵・早大を相手に東インカレで雪辱を果たして見せる。挑戦はまだ始まったばかりだ。

[垣内萌恵]

試合後のコメント
齊藤
「チームの雰囲気は1、2日目ともに全員で戦うという感じで試合ができていました。試合出ている身としてもやりやすくて、試合出てない人も応援以外のところで気を利かせてサポートしてくれたのでそういった面でみんなで戦えたと思います。(得失点差で3位)結果はそう出てしまったので受け入れないといけないし、そういう結果ということはまだ課題もたくさんあるということだと思います。ここで満足はしてないんですけど、もっと自分たちが細かいところを技術的にも精神的にも成長しないといけないです。(早大戦で勝利)とにかく気持ちで負けずに強気でやろうと言っていました。途中流れが少し早稲田の方にいってしまったんですけど、やっぱり最後までやり切ろうという気持ちがあったのでそれが結果につながったと思います。特にこういう試合展開でやろうと言うのは考えてなかったんですけど、迷ったらだめだなと思って。風も強かったので、もう最初から攻めるなら思い切って前衛を攻めようととにかく向かっていく気持ちだけでやっていました。(前衛の上田選手と)組んでの練習時間はほとんどなかったです。技術的にも明治の前衛はみんな良い前衛で、ただ1年生で何のプレッシャーもなく思い切りやってほしかったので、自分が盛り上げて自由にやらせてあげられるような環境をつくろうと思って組んでました。(春先にかけて)まずはチームの雰囲気とかで普段の生活から『チーム』というのを意識して、寮生活の細かいところでもみんなのことを思って行動しないといけないというのは心掛けてました。技術的なところで言うと先に相手のバックを攻めるというのを櫻井監督にも言われていたのでその練習は春にかけてたくさんやってきました。(成果が出た場面は)日体戦で序盤のゲームでやられていて、途中で自分から展開していこうとなった時に相手のバックを攻めていこうとなって流れに乗れたと思います。自分が良い展開になっている時は相手のバックを攻めてる時なので、最後の慶応戦でもバック攻めは常に意識してました。(主将になって)今まではすごい日向(莉乃)さん平29国際卒)が視野広くアドバイスをしてくれていて。今回は自分がキャプテンで試合に出ながら見ていく中でやっぱり自分だけになってはいけないというのが第一にありました。団体戦は特にチーム全員を見ないといけないので、試合に出てない人がサポートでもっと声を掛けたりしてあげないといけないとか、1年生は初めてなのでチームの流れに乗っていけるように一緒にアップするようにとか気付くことはたくさんありました。(団体戦での課題)3位という結果でもっとこうしておけば良かったというのはたくさんありますし、その中でもっと自分が一声掛けてあげれたら何かが変わっていたのかなと言うのはあります。(今後に向けて)結局負けた相手が早稲田で、日体には勝ったんですけどやっぱりぎりぎりの試合で、まだまだ足りたい課題がたくさんあります。まずはどんな相手でも自分から攻めていくという気持ちを全員が持っていけないということで、チームの雰囲気としてもまだ盛り上がってできると思うので、色んな面で高め合って次の優勝を目指していきたいと思います」

望月
「(今回の試合の感想)チームの雰囲気としては、すごくまとまっていたし、齊藤を中心に、キャプテンとしてまとめてくれていて、すごく雰囲気は良かったんですけど、勝ちきれる試合というところで、勝ちきれなかったのは、悔しいかなと思います。(対早大戦を1−1で迎えて、どういう思いで臨んだのか)1番の齊藤は絶対勝ってきてくれると思っていて、2番の西永もそれなりに戦ってきてはくれるけど、3番勝負でまわってくるな、とは思っていたので気持ち的にはしっかり準備してきたんですけど、やっぱり気持ちが先に行ってしまって、ペアの調子もあまり良くなく、体調的にも良くなくて、病み上がりだったので、そういう部分でしっかりしなきゃという気持ちが足りなかったです。(第1ゲームでストレート負けしたとき)とりあえず、なんとかしようなんとかしようで、自分のやりたいことがしっかり出来なかったというのもあったし、気持ちだけ本当に先に行ってしまって、自分がやるべきことをしっかりやろうって臨んだつもりなんですけど、どこかで勝ちたいって気持ちと、調子が出てないっていうところで、気持ちに焦りが出てしまって、なんとかしようという気持ちで、自分が何をやるべきかってところは、見えかけてなかったと思います。(早大・佐々木選手のボレーについて)確かに、経験も豊富だと思いますけど、自分がやるべきことをやれば、別に勝てない相手ではないし、自分が打ちたい所にしっかり振り切って打ってれば、ボレーされたとしても、相手のミスを誘ったりだとか、自分の攻めといったことが出来ると思うので、確かに上手いんですけど、こう意識しちゃいけないのかなと思います。(試合を通しで感じた早大との差について)やっぱり、気持ちの面で相手の方がどっしり構えていたかな、というか1番で勝ってきてくれて、2番で負けてしまって、あとの入りっていう部分が無かったかなって、競ってきた、勝たなきゃいけないって場面で、自分のテニスが出来ないところが、やっぱり力の差だなと思いました。(小谷について)今、2年組んできて、助けてもらってる部分も多いですし、一緒にプレーしてて楽しくて、本当にこんな子とペアが組めるっていうことが今まで無かったので、すごく楽しいんですけど、それを上手く生かせていない自分の不甲斐なさというか、先輩として、もっと自分が引っ張っていけるようにしていきたいと思ってます。(今後の目標)インカレ優勝を目標にやってきていて、今回こういう結果になってしまったんですけど、そういう部分で香純(齊藤)に頼ってる部分が多いなと痛感したので、香純と2人でチームを引っ張っていけるように、自分自身の力と、心の準備をしていきたいな、と思っています」

小谷
「(今回の試合の感想)優勝を目指してやってきたんですけど、三つ巴になって、結果3位ということで、すごく悔しいです。(対早大戦を1−1で迎えて、どういう思いで臨んだのか)自分がずっと体調を崩していて、それで出れなくて、対早大戦のときに体調が良くなったので、せっかく使ってもらえるんだから、ちゃんと役目を果たそうと思ってやったんですけど、結果負けてしまって、悔しかったです。(初日はどう過ごしていたのか)体調を治すことに専念していて、早大戦も体調不良をおして出ました。(第1ゲームでストレート負けしたとき)完全に向こうの流れにのまれて、自分も緊張していたし、自分のプレーが全然出来ていなかったので、2ゲーム目から切り替えていこうと思っていました。(早大・佐々木選手のボレーについて)強いなぁと思ったし、かなり止められたので、後衛(望月)も調子が悪かったから、自分がもっと動かなきゃと思いすぎて、逆に攻められて抜かれたので、急ぎすぎたかなという感覚があります。(試合を通しで感じた早大との差について)早大の方が、ちゃんと点を取りたいというコースを選んで打ってくるし、大事な時に絶対前衛が決めるので、自分はまだそこが出来ていなかったなと思うので、インカレまでに、自分もそんな選手になれるように練習したいなと思います。(望月について)自分たちのペアは、思い切りの良さがいいところだと思うので、それが今回はできなかったので、インカレでは自分たちの思い切りの良さが出せるようにしたいな、と思います。(今後の目標)とりあえず、インカレの団体戦で優勝することが目標です」

西永
「シングルスでると分かっていて、いつも負けていたので勝ってチームに貢献しようと思っていました。できれば3ー0で勝てるように自分も頑張りたいなと思っていました。1部のシングルスは強いと分かっているのですけどそのなかで自分が戦えているのはいい収穫だと思うので今回は負けてばかりでしたが秋は先輩たちが抜けてしまいます。今回の経験を生かして秋からは自分が引っ張っていけるようにします。(得たもの)自分の良さは粘り負けないとか拾いまくるということですが今回あまり出し切れませんでした。上の人とやると技術が劣っている分、粘り負けなとかなにか一つでもその人に対して上のものを持っていないといけません。自分の粘り強さと拾いまくる事なのでそれを生かしていけたらなと思います。(早大戦)1ゲーム目を入りからちゃんと攻める気持ちを持っていかないといけないと思います。そうしないと早稲田は絶対倒せないので。1ポイント目から取り切れなくて流れを切れず、気持ちの切り替えとかもできずそれが敗因です。(意気込み)東インカレはダブルス3本なのでとりあえずチームの中で強いひとたちといい意味で競争し合いながら試合にでてチームにも貢献したいです。ペアもまた1から練習し直して優勝目指し頑張りたいです」

鈴木
「体調的にもあまり万全の状態では無かったのですけどしっかり1年生が後ろについてくれているので引っ張っていけるように思い切っていこうと試合しました。体調は風邪なのですがすこし流行っています。(宮下)後ろから思い切ってやってくれてほんとに自分もやりやすいし、自分たちは下の方なので相手に向かってやっていくだけなのでその面でも結構やりやすかったです。気持ち的にも向かっていく感じでやれたので勝てました。(プレースタイル)宮下が思い切ってのびのび打って自分が相手のチャンスボールを打つという感じです。これができた試合とできない試合で分かれたのですが最後の試合(慶大戦)は自分たちのペースに向かっていけたので良かったです。(目標)最終目標はインカレ優勝です。それができるようにチーム力も上げて頑張っていきたいです」

宮下
「4年生を王座に連れていくという気持ちで頑張ったのですけど頑張りましたが残念です。高校と違い大学生の方がミスが少なく大変でした。(試合内容)昨日の試合が今日に持ち込まれ1試合目が自分たちでした。それで負けてしまって悪い雰囲気でスタートしちゃったのが残念です。鈴木さんはやさしく組みやすいです。(東インカレ)試合に出させてもらっても自分のプレーをしっかりして1位になりたいです」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: