検索
 HOME > レスリング部

リーグ戦初勝利のルーキー・斎藤

レスリング部  上位校相手に連敗 7位に望みを託す/東日本学生リーグ戦

◆5・17〜19 東日本学生リーグ戦(駒沢体育館)

[出場選手]
本多、奥田、永井、平嶋、二ノ宮、金子、斎藤、佐々木雄、松尾

順位決定戦
明大2―5専大○明大2―5早大○
57s級●松尾洸希2―3●松尾洸希4―5
61s級●平嶋礼智0―11●平嶋礼智1―8
65s級○斎藤一樹2―0●斎藤一樹0―6
70s級●金子泰士2―9●金子泰士0―10
74s級●本多正龍0―11○奥田海人4―0
86s級●永井基生0―10●佐々木雄大1−3
125s級○二ノ宮寛斗14―4○二ノ宮寛斗10―0

 上位校の壁は厚かった。初日の予選リーグAグループを2位で通過し、迎えた5〜8位の順位決定リーグ戦。8位の壁を超えるべく勝利は必須だったが、専大、早大の格上相手にいずれもチームカウント2―5で連敗を喫した。奥田海人(政経3=霞ヶ浦)、二ノ宮寛斗(営2=岐南工)の両エースが手堅く勝利するも、他の階級で苦戦を強いられた。厳しい一日となったが、ルーキーの活躍がチームを活性化させている。

ルーキー躍動
 順位決定リーグ戦、初戦の相手は専大。昨年度も敗れた相手だけに雪辱を果たしたかったがチームカウント2―5で敗れた。それでも、65s級のルーキー斎藤一樹(文1=鹿屋中央)が木村(専大)に勝利。序盤から攻め続け相手から2度のコーションを誘い2―0で逃げ切った。「きつかったけど、頑張って守り切った」(斎藤)。ルーキーらしからぬ粘りのレスリングを見せつけた。初日は同期の金子泰士(営1=館林)、佐々木雄大(政経1=野田中央)、土橋雄太(法1=秋田商)、松尾洸希(営1=岐南工)らがリーグ戦での初勝利を挙げる中、斎藤は勝利を収めることができなかった。「今日はどうしても勝ちたい」と試合に臨んだ斎藤。初日の悔しさを晴らす勝利で格上相手に一矢報いた。

フォールを決める奥田
フォールを決める奥田
2人のエース
 2戦目の相手は昨年度3位の強豪・早大。チームカウント0―4と明大の負けが決まって迎えた74s級で中量級エースの奥田が気を吐いた。「1年生が必死になって食らいつく姿を見たら、僕も負けられない」(奥田)と、高校時代から対戦していた因縁の相手に開始54秒でのフォール勝ち。一度も斎藤(早大)から技を受けることなく、豪快な投げからそのまま押さえ込んだ。昨年はグレコローマンスタイルで結果を残した奥田。本職のフリーでも強さを見せた。最後は125s級の二ノ宮が10―0のテクニカルフォールで相手を圧倒。JOC杯での勢いそのままに、重量級エースが専大戦に続く連勝で2日目最後の試合を締めた。

 リーグ戦最後の相手は国士大だ。昨年度も敗れた相手にリベンジを果たしたいところ。7位に食い込むためにも勝利は不可欠だ。エース階級での勝利はもちろん、他の階級でどれだけ粘れるかがカギとなる。ルーキーの活躍が光る今年のリーグ戦。下からの刺激を受けた上級生の活躍に期待したい。「最後まで諦めなければチャンスは絶対にある」(二ノ宮)。一つでも上の順位へ、国士大戦に全てを懸ける。

[柏崎涼介]

試合後のコメント
安西信昌コーチ
「(今日の試合を振り返って)気持ち的には負けていないと思いますけど、それだけではどうにもならない部分もありますし、勝つために必要なポイントが足りないなってところはありました。(専大戦で斎藤が粘り勝ち)昨日の雄大の勝ち方もそうでしたけど、ああいうのは気持ちで勝っていたっていうのが大きい試合だと思います。苦しいところで、少しの差を守って我慢しながら勝ち切るっていうのは大事だと思いますし、そういう勝ち方ができるのは立派なことだと思います。(早大戦は)まだそことは差があるなって感じたよね。でも、その差は埋められるものだと思いますし、それを埋めるのは日頃の練習だと思います。みんなが勝つ気があって1点でも相手から取れるっていうことは、これから先勝つ可能性はあると思うので、それを可能性で終わらせることなく実現できるようになってほしいですね。みんな勝ちたいっていう気持ちのスタート地点は見えたので、これからはそれをエネルギーにしてレスリングの技術や体力で勝っていけるチームになってほしいです。一歩進んだかなとは感じました。(以前よりも勝利への執着心を感じます)そうですね、おっしゃる通りです。そういう気持ちがあって、格上相手にタックルが切れた、点が取れた、勝てたっていう成功体験が少しずつ出てくれば徐々に自信が付いてくるかなと。そういうことが積み重なると、大きな力が生まれると思います。場数もこさないといけませんけど、そういうのがチームとして見えてきたのは良かったことですね。(安西コーチから見て、良い戦いぶりを見せていた選手は)やっぱり二ノ宮は自分の仕事をしっかりとしてくれるし勝ち切ってくれるので、ニノがいてこそのチームだと思いますし、あいつが全日本レベルの練習をしてくれるおかげで、それに感化されて一緒に練習する選手も出てきたり、勝ってくれるだけではなくて、練習でも良い影響を与えてくれていると思います。今日の試合では、やっぱり斎藤が粘りを見せてくれましたし、松尾なんかも負けはしましたけど、自分に何が足りないか分かっていると思いますしね。課題が見えてきていることで、あとはそこに向かって改善していくだけですね。みんな粘りはあるので、しっかりと点を取れる試合をしてほしいかな。(3年生は)奥田、永井(基生・営3=八千代松陰)、平嶋(礼智・文3=玉名工)の3人には期待しているので、だからこそもう少し頑張ってほしいところはありますね。平嶋はもっと勝てる選手だと思っているので、試合の流れっていうのもありますけどね。早大戦なんかも悪くはなかったけど、良い形を作りだせずに突破口を見つけられなかったかなって感じですね。永井も気負いはあると思うんですけど、もっとリラックスして自分らしく戦ってほしいですね。(今年度のリーグ戦は)下級生が辛抱強く戦ってくれて、57から粘った強い試合を展開してくれているので、ここ最近とは違った形で流れがつくれているのかなと思います。そういった下からの突き上げを上級生が刺激にして、発奮してくれているなと感じました。明日の試合でも、粘り強さを見せてほしいですね」

本多正龍主将(営4=島原)
「(昨日青学大に勝って)自分たち4年生は主力ではなかったので、チームを強化することを第一に考えてやってきました。自分たちは試合には出ていませんが、後輩たちがしっかりと勝ってくれて、順位を下げずに後輩たちの代につなげられたのは本当に良かったです。予選を3位で通過したチームも本当に強いのですし、青学大に負けたらずるずる順位を落としてしまう可能性もあった中で、本当に粘り強く勝ってくれました。金子や永井、佐々木雄なんかはいつもスパーリングでやっているメンバーで、リーグ戦に向けて一緒に練習してきたので、そういう人たちが明治の勝ちを後押ししてくれたのはうれしかったですね。もし専大戦を取れれば順位を1つ上げられたかなと思っていたんですけど、僕らが思うほど現実は甘くなくて、今の専修は下の代が強いのでこちらのレベルが上がらない限り来年当たっても今回と同じ結果になると思います。なので、来年が真価を見せるときかなと。早稲田は優勝候補だったところ、ケガ人が出たりして同じ予選2位で当たったんですけど、やっぱり強かったですね。まだ勝てないのが現状です。(1年生の活躍)57、65、70、84と出ている選手はみんなチャレンジャー気質というか、負けてもしょうがないっていう勢いでいっているのが強いですね。格上相手にも臆せず挑んでいますし、今回のリーグ戦で成長している部分はたくさんあると思います。(明日の国士大に向けて)今年は国士館が僕らの2位リーグの中で一番強いと思うんですけど、取れるところを取るっていうのを徹底するのは前提として、同じ学生ですし全く戦えないほどの実力差はないと思うので、最後は気持ちで一つ取りにいってほしいです」

奥田
「斎藤(早大)は高校のときから団体戦でよく当たっていて、勝ったり負けたりの因縁の相手でした。今回はチームとしても個人的にも絶対勝ちたい相手だったので、あのような結果になってよかったです。グレコローマンが得意な選手で僕もグレコローマンが得意なので、組み合ってくれるかなと思っていました。そこで先に仕掛ければ必ずいけるという自信はあったので狙っていきました。後輩が負けた中でも、1年生が必死になって食らいつく姿を見て僕は負けられないと思いました。かっこいい姿見せたいなと思って頑張りました。今回のリーグ戦は本当に1年生が頑張ってくれています。8位が続いていて明日の国士大戦で勝てれば、一つ順位を上げられるので必ず明日は勝ちたいです。8位と7位の間にある壁は大きくていつも破れないので、今年の代で打破したいです。後輩を引っ張っていくことはもちろんですけど、後輩が一生懸命練習頑張っているので、僕もそれに負けられないという気持ちです。お互い刺激し合っている環境です。おそらく、明日も僕の同級生の選手が出てくると思うので負けられないです。勝ち点を一つでも多く稼ぐために頑張りたいです」

チーム唯一の2勝を挙げた二ノ宮
チーム唯一の2勝を挙げた二ノ宮
二ノ宮
「専大戦の相手はグレコローマンの選手で投げてくる相手だったんですけど、その中で最初に場外際で自分が不用意に技をかけてしまって、点を取られてしまいました。結果はテクニカルで勝ったんですけど、相手が徹底してやってきたことへの対処がまだまだです。組まれてから崩して技を出すことだったりができませんでした。グレコの選手だからやりづらいとかではなくて、自分の中でのイメージ、対フリー対グレコみたいに試合の組み立てを考えることがあります。正直な気持ちを言うと、優勝争いしているチームの、3対3で125kg級で決着する試合見ていてそういう試合に出てみたいという気持ちもあります。それはチームのことなのでチーム力を上げなければいけません。寂しいような気持ちがあります。1位から4位リーグの相手と5位から8位リーグの選手のレベルは違うので、上の選手とやりたいという気持ちは正直あります。1年生は大学入ったばかりでどんな色にも染まると思います。明大の選手というのは、優勝争いするチームとは意識に差があると自分は思っているので、その中でも意識を高く持ってほしいです。やっぱりレスリングは勝たないと面白くないです。負けは負けでも、自分が全てを出して負けるのと出さないで負けるのは違います。1年生には精一杯やってもらいたいです。自分が1年生のときは個人のことしか見えなかったけど、今は周りが見えるようになったので、海外の経験や表彰台に登った自分の経験を伝えていきたいです。強い気持ちがチームに広がれば優勝争いできるチームになると思います。決して弱いチームではないので。チームとしてやっている以上、上を目指していきたいです。後輩を見るようになって色んなレスリングを見て、自分のレスリングの幅が広がっていると思います。下級生に教える中でも、自分も勉強になってます。良い刺激です。専大だったら練習メニューが決まっていたり、日体大もやることが決まっているけど、明大は学生主体のチームです。自分たちで意識高めてやっていかないと上には勝てないと思います。下級生の僕が言うのもあれですけど、全体で上にいくという気持ちが足りてないかなと思います。明日の国士大戦は最後の試合なので、自分がメンバーだという気持ちを全員で持って、最後まで諦めなければチャンスは絶対にあります。個人的にも明日の相手は強いので、前のメンバーを信じて自分が締めて勝てるように頑張ります」

斎藤
「(専大戦を振り返って)昨日も試合出させてもらっていたんですけど、勝つことができなくて。今日はどうしても勝ちたいなと思っていたので。何が何でも点をやらないようにと思っていました。きつかったけど、頑張って守り切りました。(JOC杯からの期間では)タックルに入ってからの処理を重点的に練習しました。あとは、元々相手がタックルにきたのを切ってカウンターに入るっていうのが得意だったので、そこを意識して練習していました。(リーグ戦の雰囲気に飲まれたりは)そういうのは全然なくて、楽しくやっています。(前日の青学大戦では)自分の相手がめちゃくちゃ強い人で全く歯が立たなかったので、その分他の人の応援に徹していました。(同期の活躍)昨日も青学大戦で金子や松尾が勝っていたのに自分は勝てなかったので、自分も勝たないとなっていう良い刺激をもらうことができました。(これからの試合に向けての意気込み)明日やる国士大も強いので自分が勝てるかは分かりませんが、少しでも明治の勝ちに貢献できるように頑張ります」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: