検索
 HOME > スケート部(スピード部門)


渡邊政権〜second season〜  (2)新チーム始動! ルーキーインタビュー@  

 
 新しく4人の選手がスタートラインに立った。ルーキーたちが全体練習に参加して2週間。過酷なメニューにもかかわらずやる気に満ちあふれた様子でトレーニングに取り組んでいる。スピード部門の今後を担うルーキーたちに意気込みを伺った。(この取材は5月21日に行ったものです)

 第2回目の今回は、小林裕幸(政経1=山形中央)、篠原克哉(政経1=小海)のインタビューをお送りします。

<小林裕 専門種目:長距離>
――スケートを始めたきっかけを教えてください
 兄がやっていてそれを見て自分もやってみたいと思いました。最初はリンクの周りで遊んでる感じだったんですけど、自分もやってみたいなと思って、4歳から始めました。

――明治大学を進学先に選んだ理由を教えてください
 自分が中学生ぐらいのときに、平子さん(裕基・平17商卒)を見て、その方は明治大学出身なので、小さい頃から多少意識してて、それもあって行きたいなと思ってました。

――チーム練習が始まりましたが、大学の練習はいかがですか
 キツイです。高校も結構量が多くてキツかったんですけど、今日もキツかったです。

――先輩から練習でアドバイスはもらいましたか
 特にはもらってないです。監督からは、自分はまだ力で滑ってるので、スケーティングをもう少し変えていけば、もっと上に行けるんじゃないかって言われました。

――同期3人の印象はいかがですか
 自分は長野県出身で、中学校ぐらいから篠原と面識あったり、高校が東北だったんで青森の2人もちょこちょこ会ったりしてました。克哉は真面目だなと思うし、下舘(信司・政経1=八戸西)は面白いというか、いい意味でマイペースというか。あと大史(山本・政経1=八戸西)は、いろいろ自分で考えて練習をやってるなって感じです。

――高校時代、一番印象に残っているレースはありますか
 1年生のときの高校選抜です。そこで長距離始めて以来の納得のいくレースが5000mでできました。

――インターハイはいかがでしたか
 去年はインターハイの1万mで表彰台に乗ることを目標にやってきて、4位だったので、悔しかったです。

――大学生活はいかがですか
 慣れてきて、要領とかつかんでいけば何とかなりそうかなって思います。

――仲のいい同期や先輩はいますか
 同期は山本と一番仲いいです。先輩は関口顯一先輩(政経2=長野工)が同じ部屋で、いろいろ教えてくれたりするので、仲がいいです。

――大学のスピードスケート界で、ライバルだと思っている選手はいますか
 ライバルは、自分です。自分に負けたら人に勝てないんで。

――目標にしてる選手やすごいと思う選手はいますか
 オランダのヤン・ブロクハイゼンっていう選手がいるんですけど、その人が滑りがいいなと思います。

――この陸上トレーニング期間で伸ばしていきたいところは
 パワーっていうか、瞬発力ですね。スピードをしっかり付けて、あとはパワーばっかりいっちゃうと持久力が落ちて来てしまうので、持久力もある程度養っていきたいです。あとスケーティングは、もう少しやわらかくできるように、氷上をイメージしてやっていきたいです。

――今持っている自己ベストのタイムを教えてください
 3000mは4分1秒で、5000mは6分56秒で、1万mは14分19秒です

――今年1年間の目標を教えてください
 インカレ5位以内です。あとは、ジャパンカップの3000mで表彰台に乗りたいと思います。

――ありがとうございました

<篠原 専門種目:長距離>
――スケートを始めたきっかけを教えてください
 学校の授業でやって、1年間で結構滑れるようになったので楽しいなと思って始めました。

――その中でもスピードスケートを選んだ理由を教えてください
 スピードスケートをやる環境が整っていたので自然とスピードスケートをやるようになりました。

――明治大学を進学先に選んだ理由を教えてください
 高校の1個前の先生が監督に推薦してくれたからです。

――高校と大学の練習の違いを教えてください
 高校と比べ物にならないくらいキツイです。練習量が多いです。

――大学に入って1か月が経ちましたが、学校生活はいかがですか
 授業が面白いです。また高校は近いところの人たちでしたが、大学は色々なところから来ているのでそこも面白いです。

――先輩や監督からアドバイスを受けていれば教えてください
 練習のポイントを教えていただくのでその部分を意識しながら練習しています。

――高校時代のスピードスケートでの一番悔しかったレースを教えてください
 高3のときのインターハイでチームパシュート3位だったことです。足を引っ張ってしまいました。もし足を引っ張ってなかったら優勝できたのですごい悔しいです。

――上京して驚いたことがあれば教えてください
 満員電車に驚きました。

――一番仲のいい先輩はどなたでしょうか
 一番は上條将司さん(政経2=岡谷南)です。

――小林選手の印象を教えてください
 出身県が同じなので前から知ってました。とにかく明るい印象です。

――下舘選手の印象を教えてください
 おもしろいです。いい意味でマイペースだと思います。

――山本選手の印象を教えてください
 とにかく練習熱心だなと思います。

――今持っている公式記録を教えてください
 1000mが1分15秒、1500mが1分56秒、5000mが7分8秒、1万mが14分49秒です。

――様々な距離を滑っていらっしゃいますね
 オールラウンダーを目指しています。

――一番得意な距離を教えてください
 1500mが一番記録がいいと思います。

――目標にしている選手がいれば教えてください
 長島圭一郎さん(リカバリー)です。あの歳になっても速いし、ものすごい頑張っているのですごいなと思います。

――滑りの持ち味はなんですか
 ショートトラックをやっていたのでコーナーが得意です。

――滑りの課題はなんですか
 直線での滑りと足が止まってしまうところです。無駄な滑りをしている時があって無駄な体力を使ってしまっています。

――長距離ではどのような練習をされていますか
 持久力です。自転車やウエートトレーニング、ランニングとかをやっています。

――自転車をこいでいるときはどのようなことを考えていますか
 頭が真っ白です。ひたすら辛いと思っています。

――インカレの会場である軽井沢のリンクは滑ったことありますか
 何度も滑ったことがあります。自己ベストを出しているので得意だと思います。

――陸上トレーニングで伸ばしたいところはどこでしょうか
 持久力です。オールラウンダーを目指しているので短い距離もできるように瞬発力もあげたいです。

――今年の目標を教えてください
 まずはインカレに出場することです。次に入賞することです。

――ありがとうございました

[織田有衣子・渡部伊織]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: