検索
 HOME > 準硬式野球部

三振に倒れ最後の打者となった平島

準硬式野球部  立大に惜敗 全日本選手権出場を逃す/全日本大学選手権予選会

◆6・3〜18 全日本大学選手権予選会(八王子市民球場他)
▼6・11 2次トーナメント決勝(八王子市民球場)
明大4−6立大〇

1回戦
立大
明大
 夢の舞台にあと一歩及ばなかった。全日本大学選手権予選決勝、立大に4−6で惜敗した。1回裏、久保田駿主将(法4=広陵)の適時打などで2点を先制。しかし、2回表に1点を返され、2−1で迎えた5回表。敵時打で同点に追いつかれ、先発・中里彰吾投手(商4=高崎)の痛恨の暴投で勝ち越しを許した。9回表にも立大が3点を追加。4点差で迎えた9回裏に松原大樹外野手(営4=明大中野)の2点二塁打で追い上げを見せるも及ばず。春季リーグ戦で勝率の差により優勝を譲った相手にリベンジならず、全日本選手権出場を逃した。

 投手陣の安定した投球が影を潜めた。実習の影響で調整不足もあり、制球に苦しんだ先発の中里は先制の直後の2回表に失点。5回表には、適時打と自らの暴投で逆転を許し「コースが甘かった」(中里)と失点を悔やんだ。7回からマウンドに上がった2番手の服部航平投手(政経2=浜松西)も立大打線に捕まり、9回表に3点を失いリードを大きく広げられてしまう。ここまでチームを支えてきた二枚看板が踏ん張り切ることができなかった。

 打線も投手を援護し切れなかった。初回に先制したが、2回以降好機をつくるも8回まで0点に抑えられた。4点差とされ迎えた9回裏2死から久保田が死球で出塁、多々野将太外野手(農4=花巻東)が安打で続き、松原の適時二塁打で2点を返す。しかし、2死一、三塁で打席に立った平島嘉之外野手(営3=明大中野八王子)が三振に倒れ、反撃もここまで。「負けたのは自分のせい」(平島)と、試合を決められなかったことを悔やんだ。立大を追い詰めたが、あと一本が出なかった。

 次へ向け切り替える。目標としてきた全日本学生選手権出場の道は途絶えてしまった。しかし、9月に行われる清瀬杯の出場権を獲得。3年前に出場し、準優勝を果たした大会だ。「全員で優勝を勝ち取っていきたい」(久保田)。舞台は違えど、チーム一丸となって挑む姿勢は変わらない。リーグ戦、そして予選会で培ってきたチーム力を存分に発揮し、次こそ、歓喜の雄たけびを上げる。

[大西健太]

試合後のコメント
久保田

「情けないですし、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです。試合の中身を振り返るとかじゃなくて、負けたので、情けないですしチームのみんなを勝たせて全国に連れて行けないっていうのも、本当に申し訳ないです。(初回の先制は)初回は点を取れましたけど、そこから点を取れなかったですし、チームの力不足だったと思います。(最後に粘れたのは)日本一になりたいっていう選手が多かったというのをすごく感じたので、そこは良かったですけど、次につながってはないかなと思うので、とりあえず振り返る余裕がないというか、振り返っても意味ないかなって思います。(清瀬杯への切り替えは)清瀬杯に行けるっていうのはチーム全員で勝ち取ったことなので、次はチーム一丸となって、清瀬杯で日本一を目指して行きたいと思います。(ミーティングでは)みんなに申し訳ないって言いました。(清瀬杯への意気込みは)負けて試合ができないっていうわけではないので、清瀬杯があるっていうのをプラスに捉えてしっかりチームを作っていきたいですし、全員で優勝を勝ち取っていきたいなと思います」

金子昂平捕手(営4=済美)
「悔しいっていうだけですね。後輩とかも泣いている奴とかもいるので、一生懸命やって来たと、いいチームだなっていうのは思いました。清瀬杯はみんなで勝ちたいなっていう思いはあります。(今日の試合は)やっぱり中里がアップアップみたいな感じで試合だったし、試合展開的には大量得点で楽な形になるかなって感じだったですけど、1回だけで終わってしまって、そこで追加点を取れなかったのが敗因。あとはやっぱり篠原(匠投手・政経4=明大中野八王子)や大澤(真一郎投手・政経3=小山台)のケガ。中里の交代のタイミングというか、代えたい時に代えられなかったので、そこが一番の敗因かなというのは思います。3回か4回ぐらいで右打者にレフト線に打たれたのがあったと思いますけど、そこの時点でもう代えたかったですけど、厳しいところでした。(服部投手の投球は)こういう大舞台に慣れてなくて、腕があんまり振れてないっていうのは正直ありました。そこで安心して投げさせてあげられなかったのは敗因の1つではあります。(秋から積み上げてきたものは)発揮できたと思いますね。今日も最後追い付けなかったですけど、あそこまで(立教を)追い詰められるっていうのはやっぱりチーム力だと思いますし、去年だったら絶対出来てないことですし、久保田中心に周りが支えてあげることだとか、あとは後輩が試合中見ていても、態度もすごくいいと思いますし、下の者も頑張ってくれているので、1年から4年までが一丸となっているなと思いましたね。(ミーティングでは)秋からと、今年の初戦日大から始まって、こうやってここまで来ることができたというのはチーム力が上がってきたってことだったので、あとは清瀬杯で全部発揮しようっていう話をしました。日本一目指してやりたいです。日本一は日本一なので。(課題は)やっぱりピッチャー陣と体力じゃないですかね。ここから暑くなってくるので。あとはバッティングを、序盤で4点ぐらい取れるようにはしないといけないのかなって。足を絡める攻撃や、やることはいっぱいあるかなって思います。チーム全員で、全体で、勝ちたいなと思っています」

多々野
「今日全日決める試合でもありますし相手が六大学のチームってこともあったので4年生やベンチだけじゃなくみんなで勝ちに行こうっていう風に話していました。正直言って悔しいです。目標は全日に出て日本一だったので、悔しいですね。(立大意識したか)正直六大学だったので負けたくないチームで、そういう面で意識はありました。(9回久保田と声を掛け合っていたが)頼んだぞと言われたので、四年で最後だったので後ろにつなぐのが点差的にも自分の役目でしたし個人的にはボールにくらいついて行こう、迷わずバットを振ろうと思っていたのでそれが功を奏してたまたまベースに当たって抜けていったのでラッキーだったかなと思います。逆転するしかなかったですし逆転できる気はしていたので、そういう面では相手が一個上だったのかなと思います。負けている9回こそ全員声出して全員で勝ちに行っていたので去年の秋から比べて成長しましたし、春の関東大会の日大戦からもチームとして成長しているなとは感じました。(清瀬杯)出させていただく以上清瀬杯に出ても日本一は日本一なので、日本一という目標は変わらないと思うので全力でやっていきたいです」

中里
「(調整)ボールがケンコーボールに変わったので、ケンコーボールを常に触っている状態で、高校の野球部は硬式だったので、硬式ボールはあまり触らず、マネージャー捕まえて準硬でキャッチボールをして、あとはトレーニングを一緒にして、調整をしてきました。(ボールが高かったが)準硬を投げていて、少し指に引っかかる感じがあったので、少し伸びるような球を意識していて、その伸びる高めの球でポップフライやファールを打たせて、カウントを取ることを意識していました。打たれてしまったのはコースが甘かったので、高さよりはコースかなと思います。(高めは意識か) 低めで伸びるよりは、高めの伸びる球でポップフライを打たせようと意識はしました。(2巡目は変化球が多かったが)自分は元々変化球が得意ではないですけど、相手はストレート狙っているのはわかっていたので、キャッチャーがサインで変化球を出してくれないと、自分もなかなか首を振って変化球を要求することができなかったので、奥居(大輝捕手・営2=城南)にはどんどん変化球を使っていこうと話はして、変化球を打たせられるような高さに投げられていました。(5回満塁になって、マウンドでの声かけ)あの時は一個ずつアウトを取ろうというのと、久保田は信じているから思い切っていけと、守ってあげるからと話をしました。(勝ち越されて、気持ちの切り替え)まだ走者が残っていたので、取られた点は仕方 がないので後はどれだけ最少失点で抑えて、次の攻撃に繋げるかとすぐに気持ちを切り替えました。(清瀬杯に向けて)目標は優勝一つです。全日本がなくなりましたけど、清瀬杯優勝という目標を定めてみんなで頑張っていきたいです。(これから練習)変化球を一つでも覚えることができればいいと思います。他のフォークなどの三振が取れる球をもっと増やすことができれば楽に投球できると思います。(春季リーグから通しての成長)試合を作る上で、いかに点を取られないというのを捕手と相談しながら自分で考えて投げられるようになったので、点を取られても最少失点でという気持ちに切り替えもできますし、どのようにしたら相手を抑えられるのかを考えられたことが成長だと思います」

松原
「(試合に臨む気持ち)死んでも勝ちたいぐらいの気持ちでやりました。みんな勝ちたい気持ちは同じだったと思います。(調子)悪くなかったですけど、大事な場面で一本が出なかったです。(4番として)点を取らないと勝つことができないので、いい場面で回ってくるのはわかっていることなので、何としても打ちたいという気持ちはありました。(弟さんとの対決で意識はあったか)ここまできたら兄弟関係なく敵としてやっていただけなので、意識はあまりなかったです。(最後の打席)何がなんでも打とうとここで終わりたくない気持ちでした。(清瀬杯に向けて)しっかりここまで頑張ってきて、またこのメンバーと一緒に全力でやろうという話になっているので、新たな目標に向かって頑張ろうと思います。(これからに向けて)雰囲気も良くて、結果は負けてしまいましたけど、いい試合したと思うので、また同じようにやっていたらと思います。清瀬杯優勝をして帰ってきます」

平島
「負けたのは俺のせいだから、どうこうとかじゃなく申し訳ないの一言しかないです。久保田さんをはじめ先輩方に良くしてもらっていたから、全国に行きたいという気持ちはあったのに俺が全部つぶしてしまったから、先輩方に申し訳ないという言葉しか出ないです。(最終回のチャンスで打席に)本当はああいう場面に強いはずで、自信がありました。ただ俺が決めなあかんという気持ちはあったかなと。そういう部分で力んでいたというのはあったかもしれません。完璧に実力不足だと思うし、ああいう場面で打てないというのが今の自分の実力不足です。とりあえず今、清瀬杯とか先のことは考えられません。自分のせいで負けているから、先輩に会わせる顔もありません。次もし先輩方と野球やることになったら、迷惑掛けへんように頑張りたいです」

奥居
「4年生と長く野球をやりたいという気持ちがあったので、勝ちたいと思っていたので負けたのはすごく悔しかったです。中里さんとは実習期間中も連絡は取り合っていました。硬式も触らずしっかり合わせてくれたので、今日キャッチボールしていた時はいけるなという手応えは感じていました。序盤はボールを握ってない影響もあって変化球も制球もがまとまっていなかったのですが、立教は振ってくるので変化球を混ぜないと抑えられないとは金子さんを交えて中里さんとは話していたので、変化球を増やして行くようになりました。自分はヒットよりもバントや四球をもらうことなどをしっかりしないといけないので、2回にバントをできなかったのは反省しています。緊迫していた試合でミスしたのは、相手投手どうこうではなくスキルだと思っています。大事な場面で決められなかったのは自分の実力不足です。守備で金子さんによく言われていたのは、コミュニケーションをしっかり取ることです。一球に対する意図を投手と捕手で意思疎通できていないといけないと思う。今まではインコース構えていても投手が外だろと思うことがあったので、少しでも投手と距離を近づけることで一つの作品ができると思っています。今日も途中で制球を変えたところもあって、この春の最後はそこに近づいてきたので、多少の成長はしたのかなとは思います。バッティングも冬から平島さんに教えてもらって、結果を出したいと思っていました。泥臭いヒットが多かったのですが、それでも打率は最低限残せたと思っています。今後は自分は守備での期待が大きいと思うので、盗塁阻止率も上げないといけないし、後ろに逸らさないようにしないといけないです。立教の木村さんは硬式から準硬式に転向してきた人で、弟が明治の準硬にいるので話を聞かせていただく機会もあります。肩もすごいしバッティングもすごくいい。打てる捕手は貴重だと思うので、自分も少しでも近づけるようになりたい。でも自分は六大学ではナンバーワンになるくらいの気持ちなので負けたくないです。秋はポジションをしっかり確立して、投手や野手と、コミュニケーションをしっかり取って次こそは全日本の舞台で頂点に立ちたいです」

竹村律生内野手(営2=佐野日大)
「家族が見守っている中での今日の試合は、勝っていい思いをさせたかったけれど力不足でチームに貢献できなかったなっていうことを感じました。リーグ戦の時に戦ってお互い手の内がわかっている状態だったですけどその中でもいかに自分たちのプレーができるかっていうことを意識付けて今日は試合に臨みました。最後の打席は点差が離れていたので意地でも塁に出ようと、自分がチャンスを作ろうとして打席に立ちましたけど力が逆に空回りしてしまいました。チャンスで打てなかったことが大きな今日の問題点でした。明大の方がチャンスはありましたけどそこを返せなくて立大にもっていかれたことが大きかったです。全国優勝を目指してやっていたけどそれが叶わなくなってしまったので清瀬杯で優勝して最後いい形で終わりたいですね。清瀬杯まで時間が結構あるのでその中で打撃面を中心的に練習して、清瀬杯は圧倒的な強さで優勝したいと思っています」

千田京平内野手(農2=花巻東)
「今日振り返って、結果負けてしまい、チャンスを作っていましたけどそこで返しきれなかったっていうのが敗因かなと思います。勝つことしかなかったので勝って全国に行こうという気持ちでやりました。4年生の方がしっかりつないでくれたのでそこを自分もしっかりつないでどんどん後ろに回そうと思って最後の打席に入りました。残塁が多かく、しっかりランナー貯めて返せないことが多かったので、そこは清瀬杯までに修正してチャンスでしっかり打てるように頑張ります。新チーム始まる前から日本一というのを目標にしていましたけど、今年始まって1回戦日大に負けてからそこからチームかだんだんできてきて最終的にはここまでいいチームになったので、日本一はもうなれないですけど清瀬杯に行って勝てるようにまた頑張ります。清瀬杯に向けて、守備はみんな完璧でそこからいいリズムが作れているので、あとはバッティングの面でしっかり全員が打てるようなバッターになってチャンスもしっかり返せるように、そういう所を徹底してやっていきます」

服部
「(試合前)勝つだけっていう話をして、気負わずに自分たちの野球をすれば勝てるっていう話をして勝ちに向かって一つになれていました。1点差ってことで均衡した場面だったので流れを持ってこようと言うことを一番に考えました。楽にいけっていうのといつも通り守ってやるから本気で行けって言う風に言われました。無駄なランナーを出さないっていうことを大前提に考えてやっていたので、あそこから盗塁されてヒット打たれて、日大戦で自分の自滅から始まったのと同じような感じで本当に野手の方に申し訳ない気持ちです。(登板は)状況見てって言われていましたけど、中里さんが粘ってくれて準備はしっかりできていました。打者一点しか見ることができない中で常にベンチが声かけてくれて自分の中でも視野広く見ることができて、ベンチもそうですし後ろの野手の方々の声も自分の中で力になりました。(大会振り返って)第二先発っていう形で使ってもらって自分の中でも試合を追うごとに自信もついて投げていくうちに楽しくなって先輩たちと一緒に全日いこうっていう気持ちになって気持ちの面でも強くなりました。今度は自分が支えて行けたらいいなと思っています。(清瀬杯に向けて)自分の自滅から試合を崩してしまったので、試合をつくることは大前提ですけど今まで助けてもらった分野手の方々を助けられる投手になりたいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: