検索
 HOME > 水泳部

初めてのユニバーシアードに挑戦する仲家

水泳部  (競泳部門)世界選手権、ユニバーシアード直前インタビュー(3) 仲家槙吾

 世界へ3人の選手が羽ばたく。7月15〜22日には世界選手権OWS(オープンウォータースイミング)がハンガリーのバラトフレッドで、7月23〜30日には世界選手権がハンガリーのブタベストにて、そして8月23〜28日に全世界の学生が集まる大会・ユニバーシアードが台湾の台北で開幕する。
 今年は世界選手権OWSに新倉みなみ(理工2=東京立正)が、世界選手権には松元克央(政経3=千葉商科大付)が出場権を獲得。ユニバーシアード代表には新倉、松元に加え、仲家槙吾(政経3=八王子)が選出された。
 今回、新倉、松元には主に世界選手権、仲家にはユニバーシアードについて意気込みを語ってもらった。ここでは全3回にわたって紹介する。


 初めてのユニバーシアードに挑戦する。4月に行われた日本選手権で1500m自由形に出場した仲家。15分12秒15のベストタイムで3位入賞を果たし、初のユニバーシアードに選出。ユニバーシアードではさらなるタイムの更新と表彰台を狙いにいく。(この取材は7月10日に行われたものです。)

――現在の調子はいかがですか
 調子は決して悪くはないです。日本選手権の前と同じぐらいか、もしくはそれ以上です。昨日(7月9日)まではJISS(国立スポーツ科学センター)で合宿していました。環境としては日本選手権の練習の時と近いのですが、その時よりタイムが速かったので成長はしていると思います。

――ジャパンオープン後のサンタクララ遠征はいかがでしたか
 200〜1500mの自由形種目全部出ましたが、初日の800mで6、7番。そのタイムがベストとはほとんど変わりませんでした。400mに関しては予選はベストと変わらず、B決勝に残りまして、それでベストが出て結構いい感じでした。最終日の1500mは15分17秒で日本選手権から5秒ほど遅いですが、連戦で4種目あったうちの最後の種目で疲労も溜まっていたことを考えると1500mはまあ良いタイムだったのかなと思います。

――今はどういった練習をされていますか
 基本的に僕は、調整は直前の1週間だけなので、それ以外の期間は1年中強化期間になっています。昨日までの合宿も1週間ずっと強化をしていました。で、1日オフを挟んでまた明日から強化を図っていく感じです。(練習は)僕1人で、クラブのコーチに来てもらっている感じです。コーチが本当に大変なんですけど、僕の朝練習の9時から見てもらって、午後練習が17時に終わって、そこからチームに帰って他の選手の練習を見てというスケジュールでやってもらっていました。相当ハードだったと思うんですけど、それを承知の上で来てもらっていたので、僕はJISSとかで自分のやりたいようにやらせてもらえて良かったです。

――強化しているのは
 サンタクララのこの間行ったカリフォルニアの遠征で少しテンポの速い泳ぎに挑戦してみて、それが意外とはまったような気がしました。そのテンポを少し早めた泳ぎの練習と、テンポが早くなると泳ぎにブレが生じやすくなり、まだブレが大きい状態なので、それをいかに抑えられるかという練習をしています。それが今後磨かれていってユニバーシアードにはめることができればと思っています。あとはターン後にかなり周りに差を付けられるので、そこを直せればいいなと思うんですけど、でも優先的にいうと泳ぎ方の次っていう感じです。

――高校3年生以来の大規模な海外大会となりますが緊張は
 特にないです(笑)サンタクララでの遠征も僕ら日本人4人以外が全員外国人という状況でした。でも緊張とかというより、むしろ楽しいって感じました。というのも、高校1年生から3年生の間に、毎年3月にアメリカのカリフォルニアにあるクラブチームに合宿行っていたので。コーチと2人だけで。だから、周りに外人がいる環境に特に緊張とかは感じませんね。むしろ早くユニバーシアードに行きたいという楽しみの方が強いです。日本だと僕の種目は人数がそこまでいるわけではないので、自分より速い人や遅い人はいますが同じぐらいがあまりいない状態です。でも、国際大会になると世界中から集まってきて、同じぐらいの(タイムの)人もいるので、レースしていてもすごく楽しいと思います。

――ユニバーシアードはどういった大会として位置付けていますか
 3年ぶりの遠征とは言いますが、3年前はオープンウォーターでおまけで連れていってもらったという形になっているので。今回は初めて自分の専門種目で勝ち取った種目で、僕の種目は世界選手権に選ばれなくて、実質僕だけという形になっています。そう考えると、来年パンパシフィック大会、アジア大会があって。その次の年にまた世界選手権が来て、次がもう東京五輪になります。来年パンパシフィック大会とアジア大会に出るための通過点というか、ユニバに出ないとそこは絶対ないと思ったので。その通過点として、出ることができたというのは、すごいこの先にもつながっていきます。また来年就職という壁がやってきます。そこでスポンサーなどが付かなければ、水泳はどうしても辞めなければいけなくなるので。そういう点でも今回ユニバに選ばれたというのは、首の皮一枚つながったというレベルになると思うんですけど、今後につながります。それで今回さらに結果を出せれば、さらに上へ、上へと行けると思っています。今回、国際大会だと多くの人はプレッシャーを感じると思うんですけど、そういう舞台で結果を出すというのが、今後の周囲へも自分へも大きく影響すると思うので。結果を出すのも大事ですけど、僕はそんなにピリピリするのが好きではないので、楽しんでいくというのがやっぱり一番なのかなと思っています。

――楽しむ中で目標としているタイムはありますか
 日本選手権での予選のラップタイムを考えるとうまく泳ぎがはまっていれば、決勝では多分、15分10秒を割っていたと思います。でも、予選で変に力んじゃったり、決勝で上手く使えなかったりで15分12秒15でした。ただその時点で15分10秒を切れていると考えると、15分5秒は割っていきたいなと思っています。14分台が出れば本当に万々歳ですけど、15分5秒かからないタイムを最低でも出していきたいなと思っています。

さらなるタイムの更新を狙う
さらなるタイムの更新を狙う



――前大会では同種目で平井彬嗣選手(平28政経卒・現郵船ロジスティクス)が金メダルを獲得していますが
 本人には「2年連続でメダルを取っているぞ」っていうことは言われました(笑)。もちろん先輩たちには続きたいです。インカレで(1500m自由形で)彬嗣さんが優勝、優勝と来ていました。彬嗣さんが卒業して、僕が優勝すれば続いたんですけど、できませんでした。僕としてはユニバーシアードこそは続けたいというのがあります。ただ今年に関しては世界選手権の後に開催なので、世界選手権組が流れてくる可能性が大いにあるので。何とも言えないですけど、最低限表彰台は目指してちゃんとレースを組み立てて戦っていければと思います。

――どういったレース展開を組み立てていますか
 自分の得意なレース展開をするのが一番かなと思っています。僕は基本的に前半は攻めないタイプです。でも攻めないといっても、攻めている時は攻めていて。一番良い時は自分は苦しいと感じてないけど前半攻められているという。体はそれなりにきついんですけど、気持ちはまだまだっていう。なので、後半は気持ちの分で体を無理やり動かすというのがタイムが一番速いので。前半の800mぐらいは気楽に周りの自分よりちょっと速い選手に付いていって、後半のラスト500mで前に出ることができればいいなと思っています。

――同期の松元克央選手とはユニバーシアードについて何か話しましたか
 特にそんなに話してないですね。彼は本当にプレッシャーに強くないタイプですし、僕も結構気楽なタイプなので、あんまり「頑張ろうぜ」みたいな会話はしないです。話しているとしたら、支給品楽しみだねって(笑)どんなデザインなんだろうねっていう(笑)。お互いタイムを出したいというのは、話さなくても分かるので。というよりも、その大会を楽しみたいねっていうのを共有しています。彼は世界選手権のほうが先にあるので、ユニバの話をすると気持ちもそれちゃうかなと思って、それは僕としても嫌なので。彼にはまず世界選手権に集中してもらいたいです。

――最後に意気込みをお願いします
 周りの人はタイム出してとか、順位頑張ってとか期待していると思います。そういって応援してもらうのはうれしいです。でも、僕としてはやっぱり海外の大会を楽しみたいというのがあります。やらされるとかよりも、自分で楽しんだ方が結果も出ると思っています。楽しんだ結果、順位とかもついてきて周りの人への恩返しができるのがベストだと思うので、タイムや順位も狙いたいですが、それ以上に楽しみたいと思います。

――ありがとうございました。

◆仲家槙吾(なかや・しんご) 政経3 八王子高出 181cm・69kg アクラブ調布所属 1500m自由形自己ベストは15分12秒15

[村田萌衣子]

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: