検索
 HOME > スケート部(アイスホッケー部門)


I.C.E  (66th Period)ルーキー紹介(2) 香田凌辰・下本隆志  

 昨年度インカレ覇者となった、強力スケート部(アイスホッケー部門)に新たなルーキーが加わった。4月に行われた関東大学選手権では中心選手として優勝に貢献した選手もいる。3冠を目指すチームの一員としてさらなる活躍に期待が懸かる。全7名に今後の意気込みなどについて語ってもらった。その模様を計3回に分けて紹介する。今回は第2回。


〜香田〜
 
 

――アイスホッケーを始めたきっかけはなんですか
香田:
小さい頃に父親がホッケーに関係していて気づけばやっていました。趣味程度にやっていたらしいです。キーパーは小学生の時に自分が守ったら勝てるのではないかという軽はずみな気持ちで始めました。キーパーが強ければ試合に負けることがないことが魅力です。

――明治に入った理由はなんですか
香田:
中学、高校と上を目指していて厳しいだけの環境にいました。だけど自分は厳しいだけでなく楽しいを入れたかったので、中学から試合とかずっと見に行っていた明治に決めました。明治には試合の中に面白さがあってプレーに魅かれたのでずっと前から決めていました。

――どんなところに魅かれましたか
香田:
個人個人が強くて、特に縛られることもなく自分を出し切れるチームだと思います。ベンチワークもすごいです。

――自分の長所はなんですか
香田:
波が少なくすべての試合を勝ちに繋げる安定したプレーです。これからは1対1でも自分がいるという安心感を得られる選手になりたいです。

――高校と大学の違いはどこですか
香田:
自分はキーパーなのでシュートの速さを今まで以上に感じます。シュートコースであったり、高校でも上を目指していたのですが、違いはやはり大きいですね。

――チーム内のライバルとして磯部裕次郎(政経2=武修館)がいますが
香田:
練習の部分で負けています。自分は試合などの一発勝負に強いと思っているのですが、練習ではまだいいところが出せていないと思います。

――仲のいい同期は誰ですか
香田:
学部も一緒の徳田(滉也政経・1=武修館)とは特に仲がいいです。今までも高校代表などに選ばれるときは仲良くやっていました。明治に進学することが決まってからは一緒に頑張ろうという話はしました。

――尊敬する先輩は誰ですか
香田:
同部屋の池田(涼希・政経2=北海)さんはプレーはもちろん、自主トレなども積極的にやっていて生活面から尊敬しています。先輩方が優しいので最初は気を使っていたのですが、だんだん緩んできてしまってますね。

――今年の目標は
香田:
氷上で自分が出せるように、この夏も独自のトレーニングをして悔いの残らないプレーをしていきたいです。

――将来の夢はなんですか
香田:
プロとは断言できないですが、できるところまでホッケーを続けて、お世話になった両親などに恩返しがしたいです。

――ありがとうございました。

◆香田凌辰 こうだりょうた 政経1 白樺学園高出 170cm・66kg GK



〜下本〜
 
 

――アイスホッケーを始めたきっかけはなんですか
下本:
6つ上の兄がアイスホッケーをやっていて、その影響で始めました。

――明大に入った理由はなんですか
下本:
個のスキルが高くて、そういったプレースタイルに憧れて入りました。

――寮生活はどうですか
下本:
高校時代も寮だったので、1人部屋だったのが、先輩と一緒になったぐらいで、大きく違いはないです。楽しくやっています。

――同部屋の先輩はどんな方ですか
下本:
自分の部屋は、2人しか先輩がいないんですけれども、とても優しい先輩です。

――同期で出かけたりしましたか
下本:
1回ご飯に行ったくらいで、今は忙しかったり、学部が違ったりで、行けていないです。仲はいいです。

――同期はどんな選手ですか
下本:
FWの徳田君は春に新人王も取っていて、GKの香田君も安定していますし、DFの守備も堅いです。

――高校時代からチームメイトの松久君はどんな選手ですか
下本:
一見やる気がないように見えて、うまいみたいな感じですね。

――高校時代はキャプテンを務めていましたが
下本:
高校では、とりあえずキャプテンをやっていたといった感じでした。

――大学でもキャプテンをやりたいですか
下本:
もし、誰もいないならやろうかなっていう感じです。

――中大に対抗意識はありますか
下本:
代によって違うと思うんですけれども、今の時点では、中大がライバルかなと思っています。

――FWとしての武器はなんですか
下本:
シュート力です。

――今年の目標はなんですか
下本:
まずは、ケガから復帰したいです。ただ、プレーに出ることも大事なんですけれども、今はサポートもちゃんとやって、もし試合に出たら少しでも活躍できればいいなと思います。

――大学4年間の目標はなんですか
下本:
アイスホッケーと学業をしっかり両立できるようにして、しっかりとスポーツマンらしいところを身につけたいです。

――ありがとうございました。

◆下本隆志 しももとたかし 商1 北海道清水高出 173cm・73kg FW


[藤里陽]


●I.C.Eのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: