検索
 HOME > ソフトテニス部

ソフトテニス部  インカレ開幕 男女ともに2年連続でベスト8進出/全日本大学選手権

◆8・5〜6 第71回全日本大学対抗選手権(七尾市和倉温泉運動公園テニスコート、石川県立能都健民テニスコート)
 2年連続で男女ともに準々決勝進出を決めた。大学日本一を決める全日本インカレが幕を開け、初日は大学対抗戦がベスト8が出そろうまで試合が行われた。男子は東日本インカレ準Vの実力を存分に発揮し全戦ストレート勝ち、女子も安定した強さとチームワークで熱戦を制し、準々決勝以降が行われる2日目へ望みをつなげた。目標として見据えてきた“全国制覇”を懸け、戦いに挑んでいく。

<男子>
▽順位
明大――準々決勝進出


<1日目>

2回戦

○明大3―0龍谷大

3回戦

○明大3―0福山平成大

4回戦

○明大3―0関西外大

○本倉・丸山4―0
○丸岡・金子4―0
○本倉・丸山4―2
○中平・米澤4―0
○本倉・丸山4―0
○中平・米澤4―0
○立木・平井4―1
○中平・米澤4―2
○立木・平井4―1

※殲滅(せんめつ)戦
 3ペアで構成されたチームで勝ち抜き戦を行う方式


 盤石の戦いぶりでベスト8へと駒を進めた。2、3回戦を危なげなく突破し、4回戦では関西大学1部リーグの関西外大と対戦。先に2勝を挙げると、3番手には立木雅也(農3=中京)・平井裕之主将(国際4=高崎健康福祉大高崎)ペアが登場した。1ゲーム目こそ奪われたものの、2ゲーム目からは本来の力を発揮。立て続けに3ゲームを取り逆転すると、最後は相手に1ポイントも与えず。ゲームカウント4―1で快勝し、2年連続のベスト8入りを果たした。「勝ってもそれぞれ課題が残った」(平井)と今日の結果にも慢心はない。「平井さんを胴上げしたい」(立木)。今年こそ悲願の団体初優勝をつかみ取ってみせる。

<女子>
▽順位
明大――準々決勝進出


<1日目>

2回戦

○明大2―0同大

3回戦

○明大3―0千里金蘭大

4回戦

○明大3―1関西外大

○齊藤・上田4―0
○齊藤・上田4―3
〇齊藤・上田4−1
○望月・小谷4―0
〇橋・西永4―0
〇望月・小谷4―1
 宮下・鈴木
○宮下・鈴木4―1
●宮下・鈴木2―4


○齊藤・上田4―2


 2、3回戦ともにストレート勝ちを収め、4回戦で迎えた相手は関西外大。ベスト8進出が懸かる大一番、1番手として登場したのは齊藤香純主将(政経4=昭和学院)・上田理央(政経1=文化学園大杉並)ペアだった。序盤はミスやアウトを連発し、第1セットを奪われるがすぐに立て直す。1─1とスコアをタイにすると、その勢いは止まることなく、ゲームを立て続けに連取しカウント4─1で一勝をつかんだ。その後、チームカウント2─1で迎えた第4ゲーム。再び登場した齊藤・上田ペアが4─2でこの激戦を制し、見事にベスト8進出を決めた。2日目は早大との対戦から始まる。宿敵へのリベンジ、そして目標である“日本一”を実現すべくやってきた明大。ベスト8はあくまで通過点だ。全国の大舞台で、勝利のためにチームの力を一つにしてみせる。

[前田拓磨・垣内萌恵]

試合後のコメント
平井

「初戦から一つも落とすことなくベスト8まで来れたので、練習の成果が出たかなと思いますが、勝ってもそれぞれ課題が残ったと思うので、それを修正して明日優勝できるように頑張りたいと思います。(今日は9戦全勝だったが)力的には9戦全勝で当たり前だと思うので、良かったかなと思います。(個人としての調子はどうだったか)相手の力もそんなに高くはなかったんですけれども、相手にいいテニスをさせずに自分のプレーができたので、調子は良かったかなと思います。(今日は2戦目で丸岡俊介・政経3=尽誠学園、金子大祐・営1=高田商ペアを投入したが、明日も臨機応変にオーダーを組み替えることも考えられるか)状況によって代えることはあると思います。(明日は強豪チームとの連戦が続きますが)本当に向かっていくだけなので、優勝めがけてチャレンジできればいいかなと思います。(明日の目標)絶対に優勝したいと思います」

立木
「(本日の感想)練習通りできた。応援の雰囲気も今年はすごくよかったので、昨年以上に安定して勝ちがつけられたかなと思います。(東インカレ以降取り組んだこと)東インカレは自分の良くなかったところが多く出たので、まずは初心に帰って自分の課題としている強弱の展開の見直しと、フォア、バックどちらでも打てる形を取るために足を運ぶっていう細かいところをここまで調整してきました。チームとしては前衛は一発で決める練習、後衛は走らされたボールとかでもミスがない練習を心掛けて、粘り強いテニスを目指してました。(平井選手が原動力)平井さんは努力家で、誰よりも努力しているのをみんな見ているし、4年生なんですけど率先して仕事とかもしてくれるとてもいい人なので、付いていきたいという思いと、平井さんを勝たせて胴上げしたいという気持ちがあります。(明日への意気込み)今日はまだ立ち上がりの調子があまり良くなくて、先に点を取られる苦しい展開だったので。明日はそういうことがあると一気に負けるかもしれないのでまずは先制点を取って自分から攻めるテニスをしたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: