検索
 HOME > レスリング部

初のインカレで力を発揮した金子

レスリング部  インカレ開幕! 4人が2日目に駒を進める/全日本学生選手権

◆8・28〜31 全日本学生選手権(駒沢体育館)
[グレコローマンスタイル]
▼59kg級
 天野――3回戦敗退
 喜多――2回戦敗退
 松尾――3回戦敗退
▼66kg級
 仲田――2回戦敗退
 菊池――1回戦敗退
▼71kg級
 宮口――3回戦敗退
 近藤――2回戦敗退
 金子――準々決勝進出
▼75kg級
 奥田――準々決勝進出
 佐々木延――1回戦敗退
▼80kg級
 森本――2回戦敗退
 深谷――棄権
▼85kg級
 永井――準々決勝進出
 佐々木雄――3回戦敗退
 土橋――2回戦敗退
▼98kg級
 二ノ宮――3回戦進出
▼130kg級
 米川――2回戦敗退
 今年の学生王者を決めるインカレが開幕した。初日はグレコローマンスタイルの試合が行われ、明大勢からは71kg級の金子泰士(営1=館林)、75kg級の奥田海人(政経3=霞ケ浦)、85kg級の永井基生(営3=八千代松陰)がベスト8入りを決めた。98kg級の二ノ宮寛人(営2=岐南工)は初戦を危なげなく突破し、3回戦に進出した。4人は大会2日目に全国の頂点を目指す。

 大舞台でルーキーが躍動した。金子の3回戦の相手は岩永(九州共立大)。互いに攻め手を探る第1ピリオドの1分25秒、相手の守りを崩すがぶり返しで大きな先制点を奪う。その後は猛攻に耐えリードを守り切り6―3で勝利。初のインカレでベスト8入りを決めた。新人戦のグレコローマンスタイルでは初戦敗退だった金子。「グレコは全然やってこなかった。今回のインカレに向けて強化してきた」(金子)とグレコローマンスタイルで実績のある奥田ら先輩の胸を借り短期間で急成長した。「自分がやってきたことが出せるようにしたい」(金子)と待ち受ける強敵にも果敢に立ち向かう。金子はルーキーイヤーでの表彰台を目指す。

 4人は明日に望みをつなげた。明大のグレコローマンスタイルのレベルは着実に上がっている。目標は全員での表彰台。「そろそろ1位を取りたい」(奥田)とさらにレベルの高い争いになるが、頂点を目指して戦い抜く。

[福永智隆]

試合後のコメント
奥田

「今日は朝から調子がよかったです。僕はメンタルで試合が左右されてしまうんですけど、朝から調子がよかったので勢いよく1回戦、2回戦を突破することができました。今年のインカレは良い感じです。昨年、インカレのグレコは3位で、全グレは2位に入れたので、そろそろ1位を取りたいと思っています。今年は優勝を狙って、明日やっていきたいと思います。最近はグレコに注力してメインにやってきました。出稽古に行ったりとか。グレコは力で左右されることがあるのでウエートに取り組んだりしました。競技生活もあと1年ちょっとなので、そろそろ1番取って思い出に残したいと思います」

永井
「(今日は)勝てると思ってはいたんですけど、最近体重が落ちてしまって体力が心配だったので、初戦は6分間フルで戦おうと思っていました。でも、そのせいで1戦目がアップみたいになってしまって、2戦目に疲れを引きずってしまったので、そこは反省かなと思います。明日が本番なので、そういうことのないようにしたいです。(今大会での目標は)とりあえず次勝って3位入賞は確実にしたいです。(明日は)初回から全て勝負なので、実力を出し切れないということがないようにアップもしっかりして、フルスロットルで挑みます」

二ノ宮
「今日は1試合だけだったので内容というよりはしっかり勝ててよかったなって感じです。(インカレまでは)世界ジュニアがあったのでそれまではずっとグレコをやっていました。終わってからは富山での合宿でずっとフリースタイルの練習をしていました。インカレは両スタイルなのでフリーだけではなくてグレコでも勝てるようにやってきました。でも、やっぱり自分が大事にしているのはフリースタイルなのでそれを主にやってきました。(グレコは)世界ジュニアまでの期間やってきたのでグレコに慣れてきたのでそれを明日からも発揮したいと思います。(明日からは)グレコは確実に勝てない訳ではないと思うので、出来るだけ上位にいってフリーに繋げられるように頑張りたいです。フリーは一回戦からも強い相手ですし、準々決勝でこの間負けた山梨学大の外国人選手(アルメンタイ)とやるので集中して練習でやっていることを出せれば勝てると思うので頑張りたいと思います」

金子
「勝ち残れてうれしいです。組み合わせがいいなと思っていて、今までグレコを主にやってなかったんですけど夏の合宿とかで追い込んでやってきました。海人さん(奥田)とかに揉まれてベスト8に上がれるように強化してきて練習通りに勝てたのでよかったです。(初戦)練習していたそり投げがきれいに決まってよかったです。(3回戦)西の選手でどんな選手かわからなかったので、とりあえず前に出てプレッシャーをかけ続けて我慢比べで勝てればいいと思っていました。(早い時間で点を取れた)序盤で取れないと焦るので取れてよかったです。がぶり返しは崩している間にチャンスだと思って思いっきりやったら決まりました。その4点が大きかったです。(新人戦のグレコは初戦敗退)その時は全然グレコをやってなかったので、今回のインカレで頑張ろうと思って強化してきてその成果が出ました。先輩達のおかげで勝つことができました。(明日に向けて)フリーの計量もあって減量とかもあるんですけどあまり考えないで、相手が今日の相手より全然強いので、何か自分がやってきたことが出せるように何もしないで終わらないようにしたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: