検索
 HOME > レスリング部

2年連続の3位入賞を果たした奥田

レスリング部  奥田、二ノ宮が悔しさ残る3位入賞 フリーでの優勝を誓う/全日本学生選手権

◆8・28〜31 全日本学生選手権(駒沢体育館)
[グレコローマンスタイル]
▼71kg級
 金子――ベスト8
▼75kg級
 奥田――3位
▼85kg級
 永井――ベスト8
▼98kg級
 二ノ宮――3位
 インカレ2日目はグレコローマンスタイルの決勝が行われた。2日目に進んだ75kg級の奥田海人(政経3=霞ケ浦)、98kg級の二ノ宮寛人(営2=岐南工)は惜しくも準決勝で敗れ3位入賞。71kg級の金子泰士(営1=館林)、85kg級の永井基生(営3=八千代松陰)はベスト8となった。3日目からはフリースタイルが始まる。明大から一人でも多くの選手が表彰台に乗るために全力で戦う。

 優勝を目指して臨んだグレコの幕切れは突然訪れた。準決勝は林(日体大)との一戦。第1ピリオドの1分34秒、相手にバックを取られ先制を許す。その後も攻め続けたが「相手のバランスがよくて耐えられた」(奥田)と思うような攻撃をさせてもらえなかった。逆にテークダウンを奪われ、最後はまさかの反則でテクニカルフォール負け。決勝を目前としながら2分27秒の完敗だった。昨年はインカレ3位、全グレ2位、今年は東日本学生春季選手権2位と、明大のグレコローマンスタイルをけん引する男がまたしてもあと一歩のところで涙をのんだ。「全グレは優勝したい」(奥田)と10月に行われる全日本大学グレコローマン選手権で悲願の優勝を狙う。グレコの借りはグレコで返すしかない。

悔しさをにじませた二ノ宮"<"align=right
悔しさをにじませた二ノ宮


 必死の反撃も及ばなかった。二ノ宮は準々決勝を危なげなく突破し準決勝に進む。相手の山下(拓大)は昨年の春季新人戦で敗れた宿敵だ。「今回は自分から点を取りに行こう」(二ノ宮)という気持ちで臨んだが、開始1分26秒で相手にテークダウンを取られ欲しかった先制点を許してしまう。その後は場外ポイントで1点ずつ返したがビッグポイントは奪えなかった。試合終了を告げるブザーが鳴ると悔しさをあらわにした。ビッグポイントの差で敗れ、悔しい3位となった。4月のJOC杯で優勝し本職ではないグレコローマンスタイルで日本代表になった二ノ宮。「できることが多くなった」(二ノ宮)とグレコでの成長を実感していただけに物足りない結果に終わった。

 グレコでは3位入賞が2人という結果に終わった。昨年から1人入賞者が増えたが、この結果に満足はしていられない。大会3日目からフリースタイルが始まる。二ノ宮の初戦はグレコの決勝進出を阻まれた山下(拓大)との対戦が濃厚だ。「リベンジができるように頑張りたい」(二ノ宮)。グレコで勝ち切れなかった悔しさを胸にフリーではチーム一丸となって表彰台の頂を目指す。

[福永智隆]

試合後のコメント
奥田

「今回、優勝を狙っていたので準決勝ふがいない試合になって悔しさでいっぱいです。調子は今日も変わらずよかったんですけど、なかなかうまく技が決まらず相手の方が一枚上手だったのかなと感じています。(昨年と同じ3位)3位というのは最低目標なので今回もっと上に行きたかったんですけど、昨年と変わることができなかったので悔しいです。(初戦)昨日の試合を見ていて相手の方が自分の身体より一回り大きいなと思っていたので、なるべく正面から押し合わずにいなして崩そうと思っていてそれがうまくいきました。(準決勝の試合前の心境)相手も勢いがある選手なので先に技を仕掛けた方が勝ちかなと思っていました。最初から勢いづけて気持ちを上げて試合に入りました。胸をしっかり合わせていいところを取って投げるというのが僕の形なのでそこは狙っていました。(技を決めきれなかった)技をかける体勢まではいったんですけど、相手のバランスがよくて耐えられて返されてしまいました。(今後の課題)引き続き体力と筋力をつけることと新しい技を覚えたらもっとレスリングの幅が広がると思うので技術面に力を入れてやっていきたいです。(グレコ中心でやってきた)10月に全グレもあるのでそこに向けて悪くないスタートかなとは思います。勢いはついたと思うので全グレは優勝を目指して頑張ります」

二ノ宮
「準決勝で点を取るチャンスはあったんですけど点を取り切れなくて負けてしまったので悔しい気持ちが大きいです。(昨年のベスト8を上回る3位)昨年の結果と比べることは考えてないので、毎回優勝を目指してやっていてとりあえず負けてしまったことが悔しいです。(準決勝の試合前の心境)昨年の春の新人戦で投げを食らって追いかけたんですけど取り切れずに負けていた相手だったので今回は自分から取りに行こうという気持ちで入りました。今回も最初に取られたのが後々響いてしまいました。追いつけなかったのは自分の実力不足でそこがまだ成長できていない部分かなと思います。(攻めきれなかった要因)チャンスは作れたんですけど場外押し出しの1点にしかならず、そこでしっかりテークダウンを取れれば勝てたので相手の体幹が強かった部分と自分の状況判断と取り切る力が足りなかったと思います。(グレコの成長)練習の中でもできることが多くなっているのでそこは成長してると感じます。代表に選ばれたことが大きいです。(フリーにむけて)1回戦で今日負けた相手とやるので集中してリベンジできるように頑張りたいです」


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: