検索
 HOME > レスリング部

宿敵に敗れ準優勝に終わった二ノ宮

レスリング部  97kg級二ノ宮 ライバルに敗れ準優勝/全日本学生選手権

◆8・28〜31 全日本学生選手権(駒沢体育館)
[フリースタイル]
▼57kg級
 天野――3回戦敗退
 由良――2回戦敗退
 松尾――4回戦敗退
▼61kg級
 平嶋――1回戦敗退
 喜多――3回戦敗退
▼65kg級
 小出――2回戦敗退
 仲田――3回戦敗退
 菊池――2回戦敗退
 杉山――1回戦敗退
▼70kg級
 曽根川――棄権
 近藤――3回戦敗退 
 金子――3回戦敗退
▼74kg級
 本多――1回戦敗退
 奥田――棄権
 宮口――2回戦敗退
 佐々木延――1回戦敗退
▼86kg級
 森本――1回戦敗退
 深谷――2回戦敗退
 永井――2回戦敗退
 佐々木雄――ベスト8
 土橋――3回戦敗退
▼97kg級
 二ノ宮――2位
▼125kg級
 米川――1回戦敗退
 学生レスリング界の頂点を決めるインカレが幕を閉じた。3日目からはフリースタイルの試合が行われ、明大からは計10名が最終日に進んだ。86kg級の佐々木雄大(政経1=野田中央)は初のインカレの舞台で堂々とした戦いを見せ、ベスト8。優勝が期待された二ノ宮寛斗(営2=岐南工)は決勝で宿敵・石黒(日大)に敗れ、準優勝で2年目のインカレを終えた。

 リベンジとはいかなかった。1回戦でグレコローマンスタイル決勝で敗れた山下(拓大)を完封で下すと「山を1つ越えた」(二ノ宮)と優勝に向け勢いに乗った。高い集中力を発揮し2回戦、3回戦でテクニカルフォール勝ち。その後も順当に勝ち進み、決勝は8度目となる宿敵・石黒(日大)との対戦となった。開始30秒で立ち技から相手を場外に押し出し1点を先制するも、攻防は続き2点を取られ逆転されてしまう。その後さらに2点を追加され3点のビハインドを負い第2ピリオドに突入した。「崩せてはいるが得点力が足りない」(二ノ宮)。リードを奪うために果敢にタックルを仕掛けるが、得点には至らず。最終スコア1−6で敗戦。大学入学後、未だ勝利できていない相手に雪辱を果たすことはできなかった。
 課題は得点力だ。決勝も「チャンスはあった」(多賀恒雄副部長)。相手の体勢を崩し、幾度も好機を演出したが得点は場外でつかみ取った1点のみ。得点力不足が浮き彫りとなる結果となった。「次までにパワーをもっとつける」(二ノ宮)。力に磨きをかけ、攻めのレスリングでリベンジを誓う。

 新戦力が育っている。86kg級の佐々木雄は1回戦、2回戦と2試合連続で10―0のテクニカルフォール勝ち。ルーキーながらベスト8まで勝ち進んだ。57kg級の松尾(岐南工)も4回戦では全日本選抜選手権で2位の強敵・小蛛i山梨学大)を相手に2点を先制。「徐々に成長しているのが見えた」(多賀副部長)と今後の可能性を大きく広げた。初のインカレで堂々の戦いぶりを見せたルーキーたち。明大の将来を担う彼らの活躍に期待がかかる。

 さらなるレベルアップを狙う。グレコローマンスタイルとフリースタイルの両スタイルでベスト8以上の結果を残したのは4名。だが、悔しくも優勝者は出なかった。さらなる成長に必要なのは「強豪校との対戦で得る経験」(多賀副部長)。強敵との戦いを通じて自分に足りないものに気付けるか。自身のレスリングの新天地を切り開けるかが明大レスリング部のカギとなる。

[長沼遼太]

試合後のコメント
多賀副部長

「やっぱり満足はしてないよね。佐々木雄大が3位になるチャンスだったんだけど、攻めができないのがもったいないよね。レスリングは道着を着ているわけじゃないんだから、上半身を攻めても駄目なんだよ。足を攻める技術、逆に足を攻められた時にしっかりと守る技術を身に付けないといけないね。(二ノ宮は)本当に強いやつとやる時のポイントの取り方が課題かな。足をいかに攻めていくかっていうこと。今日もチャンスはあったんだよ。上手く落として、相手の懐にふっと入れば良かったんだけど、そこがあと一歩上手くいけなかったね。そのタイミングを徹底的に練習しないとね。二ノ宮は相手が入ってきた時、防御から反撃に出るのはものすごく速い。そこが武器だけど、それもさせてもらえなかったね。(明大に足りないのは)まず一つは攻める技術だね。総合的なディフェンス力が突出してないんだから、戦い方に工夫が必要だよね。前に出るための体力だとかを身に付けていくしかない。(惜しかった選手)松尾には出てきてほしかったよね。腕が引っ掛かっちゃってくるくるっとやられたけど、小蜻且閧ノポイントも取れたし徐々に成長した感じが見えたのはうれしかったかな。うちは高校時代に目立った成績を残した選手はそんないないんだから、少しでも上にいってほしかったんだけどね。(明大にとって必要なこと)一つは出稽古を増やして強豪校相手に経験を積んで、直に相手の強さと自分の足りないところを感じること。授業が始まるとなかなか難しいけどね。あとは、徹底的に体力と力を付けて、それをレスリングに生かすこと。大事なのは力の強さよりも、力の使い方なんだよ。それを上手くしたいなと。(選手に期待すること)個人のレベルアップが全体のレベルアップにつながるし、集団のレベルが上がれば自ずと一人一人の力に還元される。好循環していくはずだから、まずは一人一人に上へ上へと頑張っていってもらいたいね」

中出幹児監督
「インカレというのは年間でも最大の目標の大会です。8月に入って富山県で強化合宿を行って万全な体制で臨みました。明治大学はレベルからいうとトップクラスの大学ではありませんが、個人戦なので何人か入賞者を出したいというのはありました。昨年は二ノ宮と奥田が入賞していたので、2人を中心にさらに入賞者が出ればと思っていました。しかし、残念ながらグレコでは二ノ宮、奥田の3位とフリーでは二ノ宮の2位で終わってしまいました。私としては優勝者を出したかったと思います。明治大学としてインカレで優勝者を出すというのは、対外的にも明治大学のチームとしても非常に良いことだと思います。それができなかったのは寂しい思いがありますね。ただ、選手には最善を尽くして最後まで諦めるなというのを常に言っていたので、最後まで諦めずに戦ってくれたと思います。二ノ宮についてもなかなか勝てない相手で、厳しいのは予想していました。本人も相手のことも分かっているだろうし、まだ2年生なので日頃の練習を重ねて優勝を目指してほしいと思います。他の選手からも入賞を目指せるように、個人戦ではあるけどもチームとしてこれからも頑張っていきたいと思っています。スポーツ界全体に言えるんだけども、東京オリンピックが近くにあるということで、レスリング自体も東京オリンピックのオリンピック競技です。全体的に盛り上がっています。うちもオリンピックの強化選手がいるという状況ではないんだけども、オリンピックに出るということを大きな目標として選手たちには頑張ってほしいです。うちは過去に4人もオリンピック選手を出してるというのがありましたので、コツコツと日頃の練習から大切にしてほしいです。まずは、一息ついて10日間程休暇を学生に与えて、後半戦の大学選手権、全グレ、全日本選手と頑張ってくれればと思います」

二ノ宮
「調子は悪くなくて決勝まであがって優勝するつもりで臨んだんですけどまだ実力不足でいつも負けている相手に負けてしまいました。(対策は)自分も練習しているっていう自信はあったので、特に対策というよりも自分が得意なものを出せたら勝てると思って臨みました。(敗因は)崩せていると思うんですけど、相手の方が得点能力が高いのでそこが点差に表れたのかなと思います。(疲れは)あったけど試合を終えてどっと出たって感じです。(良かった点は)自分が練習している部分が出てきているところもあればまだできていない部分もあるのでやるべきことも見つかったっていうのが良かったと思います。(やるべきことは)技術面でまだまだ足りていないことをやることと体力面を見直すことです。(石黒に勝つためには)得点を取れるような技術とパワーをつけて次やったときは勝てるようにしたいです。(多賀先生との話は)点を取れるチャンスを取りきれてないから負けたんだという風に言われました。いいところも伸ばさないといけないし、悪いところも直さないといけないと思います。(次は)国体なので、岐阜県代表として上位進出を狙って頑張りたいです(山下)グレコで負けていたのでやりたくないなって気持ちもあったんですけどしっかりグレコで負けた分をフリーで返せたというのは良かったです。(無失点は)相手がやりたいことをやらせることなく6分間戦えたし、左利きに対する得点力が足りないかなと思います良かったのはディフェンスがあまり得意ではないんですが今年からタックルを入らせてからの動きっていうのを練習しているのでその成果が出てよかったです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: