検索
 HOME > 準硬式野球部

久保田の執念の一打で一時は同点に

準硬式野球部  慶大に延長の末惜敗 最初の勝ち点落とす/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・2〜10・29 東京六大学秋季リーグ戦(早大東伏見グラウンド他)
▼9・11 対慶大3回戦(早大東伏見グラウンド)
 明大8―9慶大○

3回戦10
慶大
明大
 延長10回の攻防を制することはできなかった。秋季リーグ戦第1節、慶大との3回戦に8―9で敗れた。先発の中里彰吾投手(商4=高崎)が、初回にいきなり1死二、三塁のピンチを招き、内野ゴロの間に1点を先制される。その後も締まらず、3回表に一挙5点失点で降板。しかし好調打線も黙っていない。5回裏に5点を返し、8―5で迎えた9回表には2アウトから好機を作り、3得点で同点とした。延長戦に持ち込み、流れを引き寄せたかに見えたが、10回表、石崎海斗投手(政経2=佐倉)が勝ち越し点を献上。その裏に得点することはできず、1点差で敗戦。最初の勝ち点を落とすこととなった。

 あと一歩だった。8―5で迎えた9回表。わずか5球で2アウトを取られるも、ここから驚異の粘りを見せる。 代打・平島嘉之外野手(営3=明大中野八王子)が出塁すると、好調の1、2番コンビ、池尾俊祐外野手(法2=岐阜城北)、竹村律生内野手(営2=佐野日大)が連続安打でつなぎ、2死満塁の好機を作る。打席には今大会3番に座る久保田駿主将(法4=広陵)。4球目が暴投となり、1点を返しなおも2死二、三塁の場面。久保田の放った打球は内野ゴロに。打ち取られたかに見えたが「何とか次に回そうとしたのがいい結果につながった」(久保田)と、全力疾走が遊撃手の失策を誘い、2点を返した。土壇場で追いつく明治の勝負強さは健在だ。
 しかし、流れを引き寄せきれなかった。10回表、同点のマウンドを任されたのは石崎。先頭打者に安打を浴び出塁を許すと、2死二塁のピンチを招く。「かなり緊張していた」(石崎)と、緊迫した場面での登板に力が入っていた。真ん中に甘く入った球を捉えられ、この適時打で勝ち越され、これが決勝点となった。10回裏に1死二塁の好機を作るも、二者連続三振に打ち取られ、及ばなかった。

 巻き返しに自信を見せる。初節の勝ち点は落としたものの「今までのチームとが違うので強くなっている」(久保田)と、落ち着いている。次節は早大との対戦。春リーグでは連敗を喫している相手だ。「一つでも勝っていけるように、そして来年の春の全日本での優勝につなげられるように」(久保田)。先を見据え、一戦必勝で勝ち抜く。勝負の秋は始まったばかりだ。

[織田有衣子]

試合後のコメント
久保田

「一週間7試合よくやったと思います。それだけにつきます。今までのチームとは違うので強くなってますし自信持ってこれからもやっていきたいです。(一時は7点リードされたが)そんなに雰囲気は負けてるとか落ちたりしてなく、みんな声出てましたししっかりやっていくっていう気持ちはあったと思うので意識はしてなかったです。1点ずつ返していけば負けることはないと思っていたので。(点差が開いてるときの声掛け)楽しんで野球やっていこうと言っていました。下の学年とかもすごい言ってくれてたので僕は特に声掛けとかはそんなにしてないです。みんなが盛り上がってくれていたので。(9回の打席はどんな意識で入ったか)2番の竹村がつないでくれたので、気持ちで。なんとか次に次に回そうといった結果がいい結果につながったのかなと思います。4番が頼もしかったんでしっかりつないでいこうと思っていました。楽しもうと思いました。(連戦を終えて)正直体は本当にみんなきてると思うので、今週も試合ありますし一回オフでリフレッシュ取ってまた1から一つでも勝っていけるように、そして来年の春全日本で優勝できるように、それにつなげられるようにやっていきたいです。目標は優勝なんですけど、しっかり一個ずつ勝ちを積み重ねていきたいです」

中里
「自分のせいで負けたので、申し訳ないという気持ちで一杯です。打たれていたボールはコースも甘かったですし、コントロールの調整もまだ全然できていないので。あとはキャッチャーとのサインで、奥居(大輝捕手・営2=城南)もいろいろと考えてくれて出してくれていたのだけど、自分の考えとちょっと違う時に、納得いかないまま首を縦に振ってしまった。それで投げたボールが打たれたので、そこが一番悔いが残った。自分が納得するボールを投げて打たれたら良かったんですけど、中途半端な気持ちで投げてしまったのが打たれた原因だと思います。おととい自分が投げた時にスライダーを振ってくるなという印象があったので、変化球は取りに行くボールと三振取るボールで分けている。今日は取りに行くボールは少なめで、ショーバンでもいいからという話を奥居とはしていた。基本的にはストレート中心で行こうという話し合いでした。相手のペースになっていたので、もうちょっと間をとって、締めるところをちゃんと締めてメリハリがつく投球ができなかった。(暴投)スクイズ来ると予測がついていたので、構えたときに奥居も中腰だったし上に投げれば取ってくれるかなと思ったんですけど、高すぎて暴投になってしまいました。(次戦に向けて)先頭バッターをしっかり打ち取ること。あとは万全の状態で臨むこと。今日の負けはどうにもならないので、切り替えて。清瀬杯の勢いとかもあるんですけど、一から新たな気持ちで臨みたいです」

中村亮太捕手(政経4=明大中野八王子)
「点差開いてたんですけど、よく追いついたと思います。追い付くだけのチームの力が付いたっていうのが自信になりました。2アウトからでも打線が点を取ったりできるので、そこは今日は負けたんですけどいいチームになったかなと思います。(反省点は)点を取られているのはピッチャーだけの責任じゃないので、継投だったり出しちゃいけないところでランナーを出しちゃったり、そこはバッテリーの課題です。投げてほしくない時に甘い球が来てしまっているのが一番大きいと思います。練習の時の球数が少ないので、疲れてきちゃうとすぐ甘い球が来るので、そこは、ケガ持ちの人が多いんですけどうまくやっていかないといけないと思います。(捕手の交代は)奥居はやっぱり疲れがたまってたみたいで、首脳陣が考えてやってくれました。あとは代打をキャッチャーのとこに多く使うから交代っていう首脳陣の考えだと思います。(篠原匠投手(政経4=明大中野八王子)の調子は)調子自体は決して良くはなかったと思います。ケガというか、どっか痛めてるっていうのはあるにしても、調子は良くなかったと思います。ただ、本人が抑えようっていう気持ちが今日は強かったので、最後点を取られたんですけど、悪いなりに頑張ってくれたと自分では思います。(打撃は)チームのバッティングはいいと思います。あんまり無駄な攻撃がないし、わりかし毎回チャンス作れているので。そこは本当にすごく頑張ってくれてるなと思っています。自分はあんまり調子いい時がないので(笑)。でも自分がヒットとか打ったりするとチームが盛り上がったりするので、何かしらの形で塁に出られればいいかなと思ってます。(チームの雰囲気)初戦は落としたんですけど、あんまり気にしてないわけじゃないですけど、仕方ないって割り切れてるのでチームの状況も悪くないし、あとしっかり取っていけば、慶應はもう1敗してるのであと全部勝っていけば問題はないかなってぐらい、みんな余裕があると思います。(次節は)2連勝で、2タテで終わらせます」

石崎
「同点の場面で出されましたけど、こっちに流れがきたいた場面で、どうにか0点に抑えようとしました。ピンチを作られて、真ん中に甘く入ってしまいました。(心境は)清瀬杯の時も同じでしたけど、かなり緊張していました。(状態は)自分的には悪くなくて、ストレートの走りも良かったと思います。ブルペンで投げてスライダーがいまいちだった中で、昨日のもスライダーで抑えていたので、スライダーを使おうと話していましたけど、それが一球の怖さで甘く入ってしまいました。状態は良かったですけど、相手が一枚上手でした。(連投の疲れは)清瀬杯でも連投はあったので、気にしていませんし、疲れはないです。(リリーフは)ここ何試合か1、2点差の緊迫した場面や同点の場面で出されて、ここまで投げてきた投手や同点にしてくれた野手の分の思いも背負って投げているので、かなりプレッシャーや重さがある場面です。任せてくれている4年生には貢献したい気持ちが強いです。(勝ち越しされた場面は)監督から1点取られてしまったことは仕方がないので、このあとしっかり切って、1点で抑えて味方の攻撃につなげようと言われました。(リリーフ登板は)精神的にも苦しいポジションだと思いますけど、チームが勝っている時はそのまま勝ちにつなげられるように、負けているときは流れをもってこられるように自分の中で意識しているので、しっかり調整してオフは休みを取って、また万全な状態で臨みたいです。(次戦以降は)次週は早稲田戦で、自分的には早稲田がかなり苦手ですけど、1回抑えれば苦手なイメージも払拭できると思うので、気合い入れていきたいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: