検索
 HOME > 競走部

さらなる成長を目指す河村


新人記者のイチ推し選手!2017  (3)河村一輝 強くなるための新たな挑戦  

 
 明大スポーツ新聞部には毎年多くの新入部員が入部してきます。入部してから5カ月以上にわたり、それぞれの担当部で取材を重ねてきました。まだまだ未熟な記者ではありますが、これまでの取材の成果として、それぞれの担当部の1・2年生の中からお薦めの選手を取り上げさせていただきます。これからの明大体育会の未来を担っていく選手ばかりです。ぜひご覧ください。

 その進化は止まらない。中距離型スピードランナーである河村一輝(政経2=大垣日大)は昨年1500mでジュニア日本歴代6位のタイムをたたき出した。さらに今年5月に行われた関東インカレでは2位、日本選手権では決勝進出を果たすなど躍進した。

これまでの軌跡
 「単調でありながらも戦術的な要素が含まれているところが面白い」と陸上に魅了され、競技を始めたのは中学生のとき。3年次には男子800mで全中に出場。高校では男子1500mでインターハイ3位に入賞し学生トップレベルに仲間入りした。しかし大学入学当初は自主性を重んじる練習に慣れず、タイムが伸び悩む苦しい時期が続いた。河村が尊敬を寄せる坂口弘之(政経3=諫早)からジョグの量など具体的にアドバイスを受け「ヒントをもらった」と突破口を見出した。そして地道な練習の成果が現れ、秋頃から遂にタイムが向上。現在では海外のレースに出場するまでに成長を遂げた。それでも、河村はいまだ無冠。より高みを目指すため、さらなる進化が求められている。

これからの成長
 活路を見出す。今夏から駅伝練習に本格的に参加する河村。「しばらくの間、中距離から離れるのは迷いがあった」。しかし「もう負けたくない」という強い気持ちが河村を後押しした。これまで勝ちきれなかった大きな原因の一つは体力不足。中距離走でより成長を図るために弱点を克服していく。来年の春シーズンでライバルを抜き去り、大学初のタイトルを得るにはこの夏がカギとなる。
 駅伝に挑戦するのは中距離走のためだけではない。「あの場で走ってみたい」。幼い頃からテレビで見ていた箱根駅伝への憧れも河村の原動力となっている。まずは夏の合宿でAチーム入りを目指し「初心者のつもりでやっていく」。一方で、現時点で10月の全日本駅伝への出場、さらには区間上位入賞も視野に入れるなど目標は高い。一時トラックを離れ、襷をつなぐ競技で暗雲立ち込める明大に旋風を巻き起こす。

 ◆河村一輝(かわむら・かずき) 政経2 大垣日大 169cm・54kg 趣味は川遊びと釣り

[綾部禎]


ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: