検索
 HOME > 明大スポーツ

見事な攻撃力を見せた明大

明大スポーツ  ラクロス部(男子部) 武蔵大に完勝 リーグ戦2勝目を挙げる/関東学生リーグ戦

◆8・12〜11・11 第30回関東学生リーグ戦
▼9・23 対武蔵大
○明大9{1―0、1―0、2―2、5―1}3武蔵大
 2勝目を手にした。開幕から連敗を喫し、ファイナル4への進出はできない中で迎えた武蔵大との一戦。試合は序盤から明大ペースで進み、栃沢悠太(政経4=桐蔭学園)が先制のゴールを揺らす。その後も、倉部壮眞(商4=三条)と宮下竜平(法3=明大中野)がそれぞれ2ゴールを挙げるなど、試合の主導権は相手に渡さず。最終Qにも得点を重ね、9−3で完勝。最終戦に向け、弾みとなる勝利を収めた。

 終盤の攻撃力が光った。試合開始直後から巧みなパス回しで相手ゴールへ攻撃を仕掛ける。先制のゴールを揺らし流れをチームにもたらすも、その後は追加点を挙げられず第1クオーター(Q)を終える。第2、3Qはディフェンス陣が奮起。ゴーリーの本木拓海(法4=足立学園)のファインセーブを連発するなど、相手の果敢な攻撃を弾き返す見事な守りを見せた。迎えた最終Q。宮下のこの試合2得点目となるゴールを皮切りに、加藤裕太(農3=西武文理)も2ゴールを挙げるなど、一挙5得点の猛攻。慶大戦後に「特に攻撃面に力を入れてきた」(宮下)成果が表れ、チームとして大きく成長を実感する試合となった。

 次戦はここまで無敗の強敵・早大。攻撃面での進化を遂げたこの試合を経て「勝つために何ができるかどうか考えたい」(大村和典主将・商4=横浜商)。課題である攻撃のテンポを克服し、さらなる得点力アップを図る。打倒早大に向け、選手は既に歩み始めている。

[丸山拓郎]

試合のコメント
大村
「連敗し、目標の関東制覇はかなわなくなりましたがその中でいかに上の順位にいけるかということを考えて試合に臨みました。来年に向けて自分たちが何を残せるかを考えているので。絶対勝って、1部の舞台を残すためにやりました。(課題は)自分たちがやってきたことに間違いはなかったですが、精度を高くできるかということに注意を払いました。やってることは変わらないですが、いかに精度を上げるかにフォーカスしてやりました。(得点力は上がったか?)前回の試合は3点しか取れなかったですが、その試合もシュートの数自体は今日の試合と変わりませんでした。最後に決めきる時に決めなきゃいけないという責任感を持つことを共通認識としてもって、精度にこだわりました。(第3、4で得点が増えた)第2Qはディフェンス時間が長かったですが、それでも失点せずに守ってくれたので、第3、4Qはそれに応えようと声掛けをした結果なのでよかったと思います。(ゴーリーセーブがうまくなった)めちゃくちゃ頼りになるので最後の試合も期待しています。(次戦は)早大で、今年無敗で関東の中で一番強いチームなので、勝つために何ができるかどうか考えて気持ちを切らさずにやりたいです」


倉部
「前半はなかなか点が取れなくて苦しい試合だったんですけど、ディフェンス陣がしっかり守ってくれたことと、一人一人が勝つんだという意識を持って点を重ねていけたのが良かったと思います。(大量得点)練習で点が入っていても今までの試合では自分が点を取れなくて、とても苦しかったんですけど、今日みたいな大事な場面で点を決められたのは自分の中でもすごく大きいと思います。自分は点を取るポジションのATにいるので、ゴールを決めることが仕事だと思っています。普段の練習から試合を想定して緊迫した場面でも決め切れるように意識して取り組んでいます。点に絡むようなプレーだとか、自分で決めにいくことは練習から常に意識しています。(課題)まだまだ練習通りにいかない部分があって、攻撃のテンポが遅くなってしまって相手にブロックを作られてしまったりしたんですけど、試合を通して少しずつ点を重ねていけたのが勝利につながったと思います。(次戦に向けて)今まではすごく苦しんできたんですけど、今日こうして点がたくさん取れたので、次の試合でもこの調子を維持して早稲田を倒したいと思います」

宮下
「試合前は自分の世界だけに入っていて、すごい集中できていました。昨日は雨だったので心配していたのですが、水はけもよくグラウンドコンディションは大丈夫でした。慶応戦の4Qの追いつけそうな場面で、自分がミスしてしまい点差が離れてしまったので本当に悔しさが残っていました。練習中は自分がチームを引っ張っていこうという気持ちで一球一球取り組んできました。特に攻撃面に力を入れていました。左のショットが得意で、そのショットで決めることができたのですごい良かったです。取ってからすぐに打つことだとか、シュートを打つコースなんかを毎日意識してきてたので、それができたのかと思います。ファイナル4は厳しい中でも今日勝てたというのはチームにとって大きいと思うので、次の早稲田戦も頑張りたいと思います。早稲田はライバルなので勝ちたいです」



ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: