検索
 HOME > バレーボール部

絶対的な守備でチームを支える小川

バレーボール部  リーグ7戦目 接戦を制し駒大に勝利/秋季関東大学1部リーグ戦

◆9・9〜10・15 秋季関東男子1部リーグ戦(小田原アリーナ他)
▼9・24 駒大戦(深谷ビッグタートル)
○明大3{27─25、25─23、23─25、28─26}1駒大
 なんとか勝利をものにした。リーグ7戦目の相手は今年の春季リーグから1部に昇格した駒大。第1、2セットはセット終盤まで競るものの、地力の差で取得。このままストレート勝利したいところだったが、相手の猛攻にブレークが取れず第3セットを落としてしまう。しかし第4セットは加藤に代わった川村悠希(政経4=雄物川)の活躍もありなんとか奪取。3─1で格下を制し、勝ち点を得た。

<スターティングメンバー>(ローテーション)
WS鎌田佳朗(法2=東亜学園)、MB松田海飛(文1=愛工大名電)、WS池田颯太(営1=創造学園)、WS加藤寛樹(政経4=創造学園)、MB佐伯大輝(政経4=新田)、S鈴木浩大(政経2=山形中央)、Li小川智大(政経3=川崎橘)

 精神的な緩みが出た。第1、第2セットは、スパイカー陣の調子は悪くなかったものの、流れをこちらのものにできなかった。「格上じゃない相手に対して余裕が出てきて受け身になってしまっていた」(佐伯)。サイドアウトで切り返すことはできたが、そこからのブレーク(連続得点)に課題が残った。第1セットは27─25、第2セットは25─23とどちらも接戦となり、勝負は第3セットへ。
 要所での決定力を欠いた。第3セット、序盤からリードを奪えずクロスゲームを展開。池田がライトから安定して得点、また鎌田が巧妙にブロックアウトを決めるなどしたが、終盤まで点差を縮められず23─25でこのセットを落とした。
 メンバーチェンジが功を奏した。「川村なら点差が4点ぐらいまで離れていてもいける」(岡崎監督)。第4セット、11─11の場面で雰囲気を変えるため、加藤から川村に交代。しかし相手の猛攻に苦しめられ、20─23と終盤で3点差をつけられた。ここでスパイカー陣が気を吐いた。池田がストレートコースに狙ったスパイクを決め得点。さらには川村がサービスエースで加点、また駒大のミスもあり、一気に3点を取り返した。駒大も食らいついたが、最後は川村が相手エースのスパイクをシャットし、26─28。結果は3─1で、辛くも勝利した。

 現在の成績は3勝4敗。残す相手は4校で、どれも実力の拮抗(きっこう)する相手だ。次戦の相手は慶大。今年2部から1部に昇格した新興校だが、サイドに全日本ユースの選手を擁するなど決して侮れない相手だ。冬に行われる全日本インカレに弾みをつけるためにも、今後は一戦も落とすことができない。明大の挑戦は続く。

[杉江夏海]

試合後のコメント
岡崎監督
「(今日の目標)やる前もやった時もずっとストレートで勝つつもりでした。ですが2セット目の途中ぐらいからこれ負けるかもしれないと思い始めて、2セット目取った時はフルセットになることを確信しました。それは2セット目の勝ち方がすごい流れ悪くて、声も出さないですし、足も動かさないですし。ラリーも少し点を取り急ぎてしまった面があって、選手が慌てちゃってるのが見て取れました。そこを一本小川がゆっくり上げて時間を作れればストレートで行けたのかなと思いました。そういう事で3セット目落としたことは妥当かなと思っていました。これを何も言わずにストレートで勝てていたならそれが彼らの実力なのかなと、僕自身も自信になる試合だったのですが、そこを取れなかったのはこれまでの選手なのかなと思ってしまいました。(3セット目落とした原因)まぁキャプテンでしょうね。なぜか今日他のメンバーがスパイクを決めても加藤の喜び方にすごい違和感がありました。普通だったら感情を剥き出しにして喜ぶ選手なのですが、普段ではあまりないような喜び方だったので。案の定ミスしたら更に声を出さなくなったので、こいつのせいで負けるなと思っていました。それで途中でコーチの頼金にこのまま加藤で行くのかという話をしてて、それが川村の交代に繋がりました。川村なら点差が4点ぐらいまで離れていてもいける盛り上がりをみせるので、あそこはいい判断だと思います。昨日も加藤が良くなかったので、彼の中でなにかブルーになってしまったのか、気持ちいいスパイクを決めきれてないことなのか、何かしらの原因があったのではと思います。(サイドアウト取れてもブレイクできない課題)本当に課題ですよね。自分もいまは試合しか見てないような状況なので、彼らが自分たちで練習してるのではと思っています。ただ彼ら練習が点になってしまっているのではと思います。例えばラリーを取れないことを重く見すぎてラリーだけの練習になってしまっているなどです。それは実は良くないことで、試合の中でラリーを取らなければ行けないのに作られたラリーを取る練習というのは全くの別物になってしまっているので。そうなると他のメンバーがサボってしまう事になります。それが試合だとみんな集中して自分のところに来ると思わなければ行けないので全く意味が違ってくるんですよね。なので点の練習じゃなくて線の練習、流れの中での練習を積まなければ課題は克服できないと思います。(今までの戦績について)もっと取れますね。結果論になってしまうのですが、筑波や東海に勝ったときの彼らはすごい集中できていてあの結果になりました。それが昨日や今日ではできていない。それを出すのはすごい簡単な事で、彼らに足りないのは情熱だったり根性だったりという古臭い昔ながらのものが圧倒的に足りていないんです。ラリー中でもちょっと打ちにくいボールが来たらすぐ置きに行ってしまったり。僕はフラットな目で見ても一番強いチームが筑波だと思っていてその筑波に勝てたと大きな収穫だと思っています。その筑波に勝ったなら他のチームに負けるはずがないじゃないかと。それなのに本当につまらないミスで負けてしまっているのが現状です。昨日も鎌田がチャンスボールを上げ損ねて相手コートに返してしまうなどということがありました。それが打ちきれていたら勝ててたかというのはまた別なのですが、そういう簡単なミスが頻発しているようでは勝てないのは確かです。逆にそこさえ無くせばここから負ける試合なんて一試合もないと思います。今のメンバーで本当にやっていければ全勝は余裕で狙えます。それをやらないのでムカつくんですけどね。その集中できるようになるのは声を出して、足を動かしてという基礎さえ詰めていくしかないんです。今日も相手チームとネット際で喋っている場面が見受けられましたがそんなようでは勝てないです。心構えが足りないんですよね。(残りの試合への抱負)相手がどの大学というのではなくて、いかに普段通りのプレーが出せるかということになってくると思います。彼らは相手の動きをみて変に対応しようとしてしまうので。それで流れを取れるのだったらいいんですけど。それさえ出来ればもう今年は負けないです。本当の力を出せれば石川祐希が帰ってきた中大にも負けないと自分は思っています。まぁ次中大とやるのは全カレしかないので、自分たちの弱点、加藤が後ろにいて鎌田が前にいる時なんですけど、そこをいかにローテーションを回せるかというのが一番の課題になっていくと思います。修正していきたいです」

加藤
「(今日の試合は)昨日今日とチームの調子も雰囲気も良くなかったんですけど、その中でも勝ち切れたっていうのはよかったかなと思います。(今日の勝ち方は)普通にやればストレートで勝てると思うんですけど、やっぱり自分たちは油断するとガタガタ行っちゃうような感じなんで、ストレートで勝とうっていうのはあんまり気にせずにやっていました。3セット目は、勝ちセットを落としてしまった、自滅してしまったかなという風に思います。(具体的にどんなミスがあったか)コンビミスですかね。今日はレセプションは悪くなかったと思います。僕と鈴木のラインは、終盤になって本数が上がってくるんですけど、そこで不安要素を持ってみんなが思い切ってできなくなってしまうっていう状況を僕が作ってしまっていたんで、そこを4セット目は川村に代わってなんとかしたかったという感じです。そこをどうにかして変えていかないと厳しくなってしまうかなと思います。終盤に自分に上がってくるという自覚もきちんと持たないといけないです。(川村にかわったことについて)あいつは陽気なテンションなんで、ちょっと雰囲気がこう明るくなるという面でもいい選択だったと思います。(現時点の戦績を見てどう思うか)上位相手で勝率が五分五分に近い状態っていうのは悪くないって思うんですけど、あくまで悪くないというだけです。(日大や慶大など勢いのある相手と当たるが)雰囲気でこう上位も食っているようなチームなんで、自分たちが受けてしまったら、上位校みたいに思われて攻められて試合にならないと思います。なのでまずは自分たちのバレーができるように、安定したいと思います」

佐伯
「(今日の試合は)あまり楽な展開ではなかったなと思います。昨日話したんですけど、筑波や東海には挑戦者の気持ちで頑張っていけたんですが、今日みたいにこういう格上じゃない相手に対して若干余裕が出てきたところで受け身になってしまっていたんで、そういうところの気持ちの緩みで、接戦になって苦しい展開になってしまったんではないかと思います。(取られた3セット目は)みんな攻めの意識がなくて、顔が死んでいました。元気がなかったです。気が抜けてるじゃないですけど、気の緩みが出ているのかなと思いました。自分も結構顔死んでいたんで。川村君に助けられました。(川村は)満面の笑みで入ってきて、なんか安心できました。(自身の調子は)最初駒澤のセンターがあまり自分が得意なタイプじゃなく、相性的によくなかったです。結構コミット気味にでがっつりつかれていたんで、その中でももう少しシャットされなかったり、チャンスを決め切れたらなと思いました。(現時点での成績は)先週まで2勝3敗は、少しいいなとは思ったんですけど、今週日体に負けてしまったので、3勝4敗はよくないかなと。今回駒大に勝ち切れたことはよかったかなとは思いますが、日体との試合は勝てたかなと思うので、そこが悔しいです。(残り4戦だが)お互いリーグ戦でやりなれた中で、その中で日大とか慶応とかチームが出来上がっていてあんまり崩れてくれないっていう今年の下位チームの強いところがあるので、そういうところに対して自分たちがコンビミスとかサーブレシーブのミスとかでぶれてしまうと取られてしまうと思います。なので次までに、とりあえずぶれのないチームにしていきたいです」

川村
「加藤が疲れていそうだったので、ちょっと休憩をさせるために入りました。(入ったときの心境は)フルセットにはしたくなかったので、4セットで終わらせるように頑張りました。(最後の3枚シャットで止めたが、そのシーンを振り返って)あれは完璧に狙っていました。ここしかないブロックでしたね。完璧です。(残りの試合をどう戦っていくか)加藤に負担が掛かるので、ちょっとでも休ませられたらなと思います」

小川
「(今日の試合の目標)勝てばいいと言えば勝てばいいんですけど、内容もこだわってました。出来ればストレートがよかったです。(3セット目取られてしまったことについて)1、2セット目とそこまで雰囲気は変わらなかったのですが、相手が乗っている時にこちらから流れを変える事ができませんでした。4セット目は駒大が試合慣れしていない事などから畳み掛けてミスしてくれたので取れました。これが上位の早大や中大だとミスはしてくれないので良くない勝ち方ではあります。(サイドアウト取れてもブレイクできない課題)自分はサイドアウト取れていたらいいと思うので。ブレイクなんて勝手に取れるものだと思っています。ですからサイドアウトにもっとこだわっていきたいです。その為にも自分と鎌田でサーブレシーブ取っていけるようにしたいです。(よかった点)昨日は鎌田が崩れたのですが今日は崩れなかったのがよかったです。サイドアウトゲームになった時にレフト2枚ついいていたのですが鎌田が踏ん張ってくれたので今日はよかったです。レシーブがハマってこないと彼も調子が上がってこないです。来年再来年主力になってくる選手なのでそこは自分で突破口見つけてほしいです。(ここまでの戦績について)3勝4敗ということについて妥当とは思いたくないですが、学芸と日体の試合は取れましたし、もっと自分達のやりたいことさえ出来れば勝てたので、どの試合でも一人一人がベストのパフォーマンスを出していけるようにしたいです。(残りの試合への抱負)前半戦を勝ち越しでは終われなかったのですが、春リーグに比べると増えてきているので、全カレに向けて繋げていきたいと思います」

鈴木
「(今日の試合は)勝てたけど、いい内容ではなかったかなと思います。ストレートで勝つことができれば一番いいんですけど、今日もサイドアウトはできているんですけどブレークができていなくて、それで相手ミスで点もらって、終盤でなんとか勝つみたいな。いい試合の時はブレークが取れてサイドアウトも一本で切れてまたブレーク取って、みたいに攻撃に集中している感じなんですけど、今日はなんか乗っていけなかったかなと思います。(取られた3セット目は)緩いボールを落ちていたかなと思います。(現状での成績は)もうちょっと勝てていたかなと思います。昨日の試合とかも。自分のせいで負けたんですけど、上は目指せていたかなと思います。(残り4戦だが)自分はゲームを組み立てる司令塔なんで、迷いのない正確なトスを上げて、3─0で勝っていきたいと思います」

鎌田
「後半戦で下位としか当たらないので、しっかりと全部取り切ろうという意識で臨みました。(今日は1セット落としたがどのような点が要因か)ブレークのチャンスが作れたのに取り切れなくて、流れがつかめなかったところと取りこぼしが多かった気がします。ここを決め切らなければならないというところを取り切れなかったのが駄目だったなと思います。試合を通してそうでしたが、勝手に相手がミスして取っただけです。(昨日課題に挙げたレセプションはどうだったか)昨日よりは良かったですが、可もなく不可もなくというところです。もっといい展開が作れたかなと。昨日とかは完全に自分が崩れて負担をかけて、負けたのでもっと返さなければならないなと思いました。(今のレセプション練習はどのような練習をしているのか)フローター10分、ジャンプ10分でやっています。ジャンプは3人入って連携を取りながら、フローターは1対1でやっています。(今日はブロックがライトよりに寄っていたが)Bクイックだったら自分はいかないので、ライトバックがあるところだったので、一枚止めにいこうという形でした。展開によってですけれど、自分がクイックを跳んだりとかもありました。4セット目の最後の方にクイック跳んだんですけれども、あれはライトバックを0枚にしようという感じでした。ライトもワンタッチ取れたりしていて、クロスが多い相手だったのでしっかり位置を作って跳べたのが良かったのかなと思いました。(スパイクについて)いつもより決まっていたので、良かったのではなかったでしょうか。ミスもなかったと思うので、基本自分はミスがなければいいと思うので、ミスなくリバウンドもらったりとか、しっかり決めるところを決められたりとか、もう少し決められる部分があったので、そこは課題です。(今の成績と自身のプレーはどうか)自分自身は波があるので、下位だからと変におごらないで自分のプレーをするということで明日からの練習に取り組めれば負けないと思います。練習の時から自信を付けていけないと思うので、しっかりと試合に近い雰囲気で練習をしていければ勝てると思います」

松田
「(今日の試合の目標)とりあえずサイドアウト、という意識でやりました。いっつもそうなんですけどね。こっから下位チームが続くのでしっかり勝ちきらないとという話は出ました。(3セット目取られてしまったことについて)ブレイクが取り切れてなくて、個人としては相手スパイカーに対しての対策が甘かったり、チームとしてはフェイントなど軽いボールを落としてしまったりしたので、そういう部分で取られました。いい時は声も自然に出ますし、プレーものって来るのですが、そうでもない時って言うのが弱気になってるというか、勝負できる場面で逃げてしまったりだとかそういう所があるので、もっと思い切ったプレーが必要なのかなと思います。(サイドアウトが取れてもブレイクできない課題)ブロックレシーブを見直して、位置取りとかちっちゃいミスとかそういう所をしっかり詰めていったら安定したバレーになると思います。(よかった点)終盤、鎌田さんが決めてくれたり、池田が決めきってくれたのでそこは良かったです。(自身のサーブミス)やっちゃいけない場面で出てしまいました。特に2セット目の中盤の追いつけるという場面で流れを切ってしまったので、そこをしっかり抑えていきたいです。(センター攻撃が噛み合っていなかった点について)相手チームがA厚めにマークしていてそれでもAで攻めてしまってワンチ取られてという場面が多かったです。単調になりすぎてしまった感はあるのでもう少し散らして行ければよかったです。(3セット目落とした後)川村さんが入ってきたのが大きかったです。いつもそうなんですけどすごい盛り上げてくれたので周りも刺激されて上手くチームが動き出しました。それを川村さんだよりにするのじゃなく自分たちでできるようになって行きたいです。(今までの戦績について)勝ててる時は上位のチームにも通用しているのに、下位チームと接戦するなど波が大きすぎるので、自分たちで上のラインを保てるようにして行きたいです。(残りの試合への抱負)ここから全勝していけるよう頑張っていきたいです」

池田
「駒沢はレシーブが良くて、守りが堅いチームなのでサイドアウトをしっかりと取って、ブレークに集中する意識でやっていました。ストレート勝ちしようという話はしていたのですが、相手に雰囲気を持っていかれるという悪い面が出てしまいました。そこは来週に向けても課題だと思います。(今日は途中決定率が落ちる場面があったが)3セット目くらいに拾われていたのですが、自分はパワーとかがあるわけではないのでコースとか厳しいところに打っていかないといけないなというのが感想です。(今日はトスが短かったように見えたがトスについては)短くても点数にはできるので前衛の時は気になりませんでしたが、バックアタックが合わなくて流して返してしまったのが今日も結構ありました。バックアタックの精度を練習していきたいです。(今日はブレークが取れない場面があったが)ブレークは3本に一本くらい取りたくて、サイドアウトやキャッチに不安が出てくるとブレークの方に集中するというのも、できなくなってくるのでサイドアウトをしっかり取るというところですね。(残り4戦となったが今のチームの成績と自身のプレーの出来はどうか)前半戦で勝てる相手だとかもっとセットを取れる相手もいたし、勝てるセットとかを落としてしまってというのがいくつもあるので、後半戦は同じレベルとか下のレベルのチームとの戦いになってくるので、相手に合わせるよりも明治のバレーをすれば勝てると思います。僕が決まらなくなるとチームの負けにつながると思うので、まずは自分のプレーをしっかりとしたいです。(同じ高校の同級生森田選手が対面にいたが)安定してるというか、キャッチとかレシーブもうまいですし崩れませんね。スパイクでも決めるところは決めてきました。高校の時はキャプテンだったのですが、味方として頼れるというか安心感のある感じでしたが、敵になるとめんどくさいなと思いました」




ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: