検索
 HOME > ラグビー部


NEW MEIJI  (14)【瓦版】開幕2連勝へ 強力BK陣、躍動せよ  

◆9・16〜12・3 関東大学対抗戦(秩父宮ラグビー場他)
 前半戦、最初のヤマ場だ。対抗戦2戦目は昨季、大学選手権出場を逃した筑波大との対決となる。3桁得点を収め勝利した前節の青学大戦に続き、ここで勝って後半戦に向けて勢いに乗りたい。

盤石布陣

 大学日本一へ、負けられない戦いだ。昨季は筑波大に序盤リードを許すも、FWを起点とする攻撃で劣勢を盛り返し、48―28で逆転勝利を収めた。今年もFWのセットプレーからトライを取り切りたい。特に「ブレイクダウンのところでフォーカスしていく」(丹羽政彦監督)。俊足の揃う相手BK陣を、重戦車が真っ向から打ち破る。
 タレントぞろいのBK陣も、グラウンドを席巻する。青学大戦では、16トライのうち12トライがBKによるトライだった。中でもキーパーソンは、チームトップの4トライを挙げたフルバック橋汰地(政経3=常翔学園)と、対抗戦初出場を果たした左ウイング山ア洋之(法2=筑紫)。2人は持ち味のボールキャリーで存在感を発揮するだけではなく、どのBKポジションもこなせる万能型プレーヤーである。「どのポジションでも、今まで積み上げてきた明治のスタンダードをやり続ける」(山ア洋)。完全勝利へ、FWとBKが一体となった組織プレーで勝利を手繰り寄せる。

[木村優美]

 <
 

●NEW MEIJIのバックナンバー

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: