検索
 HOME > 準硬式野球部

準硬式野球部  4年生投手リレーで東大に勝利 2つ目の勝ち点を奪う/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・2〜10・29 東京六大学秋季リーグ戦(早大東伏見グラウンド他)
▼10・1 対東大2回戦(法大多摩グラウンド)
○明大4―2東大

1回戦
明大
東大

 しっかりと勝ち切った。先勝して迎えた東大との2回戦に4―2で勝利した。6回表、この回先頭打者の奥居大輝捕手(営2=城南)から好機をつくり、久保田駿主将(法4=広陵)の適時打で先制に成功。なおも2死一、二塁で、5番・高桑一真外野手(商1=日大二高)がレフトフェンス直撃の2点適時打。中盤まで3―0と試合展開を優位に進めた。先発の篠原匠投手(政経4=明大中野八王子)は5回1死までに8つの三振を奪い、無失点で2番手の古村佑投手(情コミ4=明大中野八王子)にスイッチ。篠原が2つの四球で招いたピンチを無失点で切り抜けた。7回こそ古村が2失点するも、後続を立ち切り踏ん張った。8回、9回と小刻みに継投し、4年生リレーで接戦をものにした。

 今季ブレイク中のルーキーが打線に勢いを与える。両者無得点で迎えた5回表、久保田の適時打で1点を先制し、なおも2死一、二塁の好機で打席には前節の早大戦で本塁打を放っている高桑。「真っ直ぐのボール球だったけど、気にせず打ちに行った」(高桑)と思い切りよく振り抜いた打球は、レフトフェンス直撃の2点適時打となった。「期待して使ってるのでやってくれると思っていた」(久保田)。注目の大型スラッガーの成長は止まらない。
 1点差に迫られた8回表には8番・奥居の適時打で点差を広げ、勝ちを引き寄せた。「課題はバッティング」と、リーグ戦前は話していた奥居だが、前戦で2安打、今試合でも2安打1打点をマーク。「冬から平島さん(嘉之外野手・営3=明大中野八王子)にお世話になっている」(奥居)と、先輩からの指導をものにし、打てる捕手へ。下級生の活躍で、来季にもつながるリーグ戦を戦っていく。

 最上級生の投手リレーでリードを守り切った。先発の篠原は「自分のピッチングでチームに流れを持ってこられたら」(篠原)と、4回までに8つの三振を奪いゲームを作る。5回裏に2つの四球を出し、2番手の古村に交代となったが「抑えてくれてよかった」(篠原)。1死満塁のピンチを招くも無失点で切り抜けた。古村は7回裏に2死二塁から連続で適時打を浴び、2点を献上。しかし8回は中村浩勝投手(政経4=成城)、中里彰吾投手(商4=高崎)の継投で危なげなく相手を抑え込み、2点差を死守した。

 優勝へ、負けは許されない。リーグ戦5週目を終え、首位はここまで開幕6連勝で3カード連続で勝ち点を取っている法大。明大は現在勝率7割1分4厘で2位につけている。「もう一回喜びをみんなで分かち合いたい」(久保田)と、チーム一丸となって挑む。次節は8月の全日本大学選手権にも出場した立大。「簡単に勝てる相手ではない」(篠原)が、2カード連取の波に乗り切りたい。

[織田有衣子]

試合後のコメント
久保田

「苦しい試合だったんですけど勝つことを目標にしていて、勝つことができたので良かったと思います。(ピンチの場面での声かけは)特にこういう言葉をかけるっていうのはないですけど、ただ単に自分の中で野球っていうものには流れがあると思ってるので、流れを変えるためにタイムを取ったりとか、間を置くためにタイムを取ったりして、頑張れっていうかそういう声をかけてると思うんですけど、しっかり自信を持ってやってくれって、ピッチャーが投げやすいようにしてあげることだけなので、特別これといった言葉はかけてないです。(流れというのは)小学校の時からずっと野球やってきて、父親から、野球っていうのは流れがある、打つ、取る、投げるだけじゃないんだぞっていうのを言われていて、流れとかをしっかり分かってないと、1つのミスで敵に流れが行ってしまうことっていうのはあるので、技術だけじゃなくてそういうところも自分の良さというか、長所かなと思ってるので、しっかり意識してやるようにしてます。(高桑の活躍は)期待して使ってるので、やってくれると思ってましたけど、本当に1年生からあれだけやってくれるのは頼もしいですし、これからも仲間として頑張って欲しい選手です。(リーグ戦通算100安打まであと8本ですが)今日終わって8本になって、できれば達成はしたいんですけど、やっぱりチームの勝利が一番大事なので、その目標があるっていうのはいいことなのでそれを目指しながら、自分が打てばチームも活気づくと思うので、チームの勝利を第一に考えながら、そういう目標も目指してやっていきたいと思います。(次節は)もう4連勝しかないので、絶対4連勝することだけを狙って、最後優勝して、もう一回清瀬杯みたいにみんなで喜びを分かち合いたいと思います」

篠原
「昨日、接戦で東大戦をものにしているので、自分のピッチングでチームに勢いを持ってこられたらなという思いで投げていました。今日も接戦になったので、自分の投球を投球をしてチームに勢いを持って来れたらなと思っていました。4年生でリレーしようと話をしていたので、6回を投げ切るか、6回から他のピッチャーが行くかと話していました。僕がフォアボール2個出してしまって制球が苦しくなったので、古村に交代して抑えてくれて、とても良かったです。(四球は)特に感覚で違うなというところはないんですけど、6回なぜかうまくいかなかったです。次に切り替えてしっかりやっていければなと思っています。(金子昂平捕手(営4=済美)とのバッテリー)金子に出会って投球を学べたことは多くありますし、少々ぶつかったり、気が合わなかったりの時期を乗り越えて今があって、しっかり二人でいい思いをして、それがチームの勝ちに貢献できるように二人で頑張っていきたいです。(次戦は)簡単に勝てる相手じゃないので、しっかり自分の投球をして、チームに勝利を呼び込めるように頑張りたいです」

奥居
「先輩方の継投をうまくリードできて良かったです。(リードする上で心がけたことは)4年生のそれぞれのいいところを引き出して、あとは大きく構えてって感じでした。どうしてもピッチャーの癖があって、抜けちゃう人とかもいるんですけど、左投手だったら右バッターに対してのインコースとかを意識して、古村さんとかもいいボール投げてくれてたので良かったと思います。(ピンチの場面での声かけ)もう堂々と、開き直っていこうっていう感じで声かけてました。(2安打1打点は)最近調子いいんですよね。冬から平島さんとかにバッティングのことでお世話になって、やっと結果出てるかなって思います。やっぱりチャンスで回ってきたらランナー返したいですし、逆方向に打つこととか、基本的なことを心がけてます。(次節は)厳しい試合になってくると思うんですけど、4戦全勝できるように、ピッチャーのいいところを引き出して、バッティングでも貢献したいです」

高桑
「1打席目、初球振っていけと言われていたんですけど手を出さなくて打てなくて。次の打席からはストライク積極的に振っていこうと思いました。(1打席目は)詰まってはないんですけど、ただ手を出して突っ込んだだけです。2打席目以降は先輩にアドバイスをもらって修正できました。平島さんや奥居さんに『当てに行くんじゃなくもっと初球から振っていけ』と言われました。(2点適時打)真っすぐのボール球だったんですけど、多少のボールは気にせず打ちに行きました。(結果出せている要因は)前の試合にスタメンで出て、3四球2三振という結果で。自分自身納得のいっていない試合が続いていたので、練習終わりの自主練で栗原さん(敬昌外野手・法2=高崎)という先輩に付き合ってもらって。『好きなだけ打て』と打たしてもらって吹っ切れました。(次戦は)立教、法政と続くので、久保田さんも言っているように両方2タテしないといけない。そこで出ることがあったら自分の仕事をできるようにやっていきたいです」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: