検索
 HOME > 準硬式野球部

試合を決めるサヨナラ打を放った鈴木達

準硬式野球部  鈴木達サヨナラ打! 延長11回の激闘制す/東京六大学秋季リーグ戦

◆9・2〜10・29 東京六大学秋季リーグ戦(早大東伏見グラウンド他)
▼10・8 対立大1回戦(早大東伏見グラウンド)
 ○明大6―5東大

1回戦1011
立大
明大2x
 劇的なサヨナラ勝利だ。秋季リーグ戦第4節は全日本大会出場予選会で敗れた因縁の相手、立大。2点リードで迎えた9回表、3番手の古村佑投手(情コミ4=明大中野八王子)が2死から連続四球でピンチを招く。代わった4番手の中里彰吾投手(商4=高崎)が2点適時打を打たれて、試合は振り出しに。延長11回表には中里が本塁打を浴び勝ち越しを許した。しかし裏に2死から満塁の好機をつくり池尾俊祐外野手(法2=岐阜城北)の遊撃手への内野安打で同点に。最後は鈴木達朗外野手(営2=明大中野八王子)が中前適時打を放ちサヨナラ勝ち。6―5で立大に先勝した。

 チームを盛り立てる元気印が試合を決めた。延長11回裏、表に1点を勝ち越されて追い込まれる。2死から代打・鈴木太朗内野手(法4=大船渡)が四球で出塁すると、多々野将太外野手(農4=花巻東)が二塁打を放って好機をつくる。久保田駿主将(法4=広陵)は敬遠され、満塁に。打席には勝負強い打撃でここまでチームをけん引している池尾。「この状況を楽しんだ」(池尾)と、プレッシャーのかかる場面にも動揺はなかった。放った打球は遊撃手左へ。遊撃手が懸命に送球するも、池尾の俊足が勝り一塁はセーフの判定で同点。次の打者は9回の守備から交代した鈴木達。前の打席ではタイミングが合ってなく不安が残ったが周りからの声掛けもあり「楽に打てた」。初球を中前にはじき返して、サヨナラ。「声や動きで頑張っている」(久保田)と普段ベンチでチームを盛り立てる男が試合を決める一打を放った。

 ルーキーの台頭が著しい。久保田駿主将(法4=広陵)の本塁打で先制したものの、7回表に先発の服部航平投手(政経2=浜松西)が連打を浴びて逆転を許す。その裏2死一塁で打席には代打・荒畑裕太内野手(政経1=日大二)。「気を引き締めて準備をしていた」(荒畑)と、打席では落ち着いていた。3球直球が続いてからの4球目、インコースの直球を振り抜いた当たりは左越えの逆転本塁打に。同じ日大二出身の高桑一真外野手(商1=日大二)が活躍する中「自分も負けてられない」(荒畑)と同期の活躍が大きな刺激となっている。久保田も「まじめに練習に取り組んでいる」と練習に対する姿勢も高く評価。自慢の長打力で次戦もチームに貢献していく。

 勝ち点を奪い、優勝につなげる。4年生にとっては最後となる今リーグ戦。「笑って終わりたい」(久保田)。優勝へ負けられない戦いが続いている。有終の美を飾るべく、次戦も全員野球で勝利を目指す。

[大西健太]

試合後のコメント
久保田

「全日本目指していたのでそれを断ち切られた相手ですし、やり返してやろうっていう気持ちは強かったです。(4回の打席)ホームラン打てるバッターではないのでたまたま入ってくれて良かったです。(7回表)服部が追い付かれたた回の前に自分が走塁ミスというか、ライナー飛び出してしまって嫌な流れでそのまま服部にやらせてしまったので、申し訳ない気持ちでした。そのあと荒畑がしっかり結果出してくれて9回もいけるっていう流れでいけていましたけれどこっちのミスで追い付かれてしまって嫌な流れでした。でもみんな全員で勝ちたいっていう気持ちが強かったと思うので勝ち切れたっていうことが一番良かったです。最高のチームだなと思います。僕たちは全員で力を合わせて戦わないと勝てないチームなので1年生とか新しい力が出てきてくれればうれしいですし来年以降も明治らしくやってくれるのではないかと頼もしい存在です。(荒畑)まじめに練習しますしまじめに仕事していて朝早く荷物詰めたりとかも見ているのでそういう姿勢を見たら試合出してあげたいなとか使ってあげたいという気持ちになるので、そういう気持ちに応えてくれるっていうのはうれしいことです。(11回表で1点取られて)特に声は掛けてないと思いますけど負けるのが嫌だったのでこの回決めよう、取られたのはしょうがないから裏であったことをラッキーととらえてしっかり点取っていこうというようなことを言いました。(鈴木達サヨナラ打)声だとか動きで頑張っているところを見せてくれているので、ここで結果が出たのはうれしいです。ここで奢らず成長してほしいなと思います。(次戦)勝つしかないので一戦一戦必死に戦って勝って最後みんなで笑って終わりたいです」

中里
「服部がよく頑張って投げていて、展開的には緊迫した状況で久保田の本塁打だけだったので苦しいと思っていましたけど、自分はいつでもいけるように準備していました。(久しぶりの当番は)明日投げる予定だったので、今日は石崎、古村がいって厳しかったらいくぞということでしたけど、変わらず投球しようとしました。(試合中の調整は)少し急いで準備でしたけど、最近はあまり投げないでマウンドに上がってから腕を振っていく調整方法だったので、特に問題はなかったです。(9回は)打たれたら申し訳ない気持ちでドンドンいこうという気持ちで、直球で押していきました。(同点なって)みんな早く帰りたがっていたので、ふざけんなよとか言われて、自分も早く帰りたかったので申し訳なかったです。(勝ち越し本塁打は)最初はインコースに投げると腕が振れていないのかわからないですけど、インコース甘く入ってしまうので、打たれてしまってそこが反省点だと思います。(調子は)清瀬杯終わってから良くなかったので、最近本当に調整をして上げてきて今日でしたけど、今日も情けない投球で申し訳ないです。(修正点は)たくさんありますけど、ピンチになってから投球です。ランナー出さないのがいいですけど、ピンチになってからよりコースを意識して相手の反応を見ながら投球することが直していかなければいけないことです。(今後の当番に向けては)今は服部、篠原が頑張ってくれているので、そろそろ自分も調子を上げてチームの役に立たないと優勝できないと思うので、自分がしっかりして篠原や服部からいい刺激を与えあって、切磋琢磨していけば打線も調子いいので優勝できると思います。(意気込み)明日は今日の反省を生かして、勝てましたけど反省点は多くあるので、課題を潰して明日全力でいきたいです」

中村潤耶内野手(営3=福井商)
「今日はまず慣れないショートだったので守備をしっかりやろうと思っていましたけどそれがいい感じにバッティングにもリズムがついてフォアボールでも塁に出ましたしタイムリーも打ったので良かったと思います。1年生の秋とかはショートで出ていましたけどそれからずっとサードで使ってもらっていたので今日いきなりショートで元々ショートだったので自信はありましたけどうまい感じにいって良かったです。今日の調子は結構良かったのであとは気持ちだなと思います。次はもう自分の代なので自分らが引っ張っていかなきゃなっていう思いもありそういう意味でもいい調子を発揮できて良かったなと思います。勝因はみんなが諦めなかったことだと思いますね。池尾がつないだり最後達郎がいつもなら打たないような打球を打てたのでそこはやっぱり成長しているなというか感動しました。課題はミスが多くなってしまうことです。大事な局面でエラーとかがめだってしまってピッチャーとかはしょうがないところもありますけどできるだけフォアボールをへらしてピンチを少なくしていきたいです。明日は守備からリズムをつくって今日みたいに接戦になると思いますけど最後勝ちきれるように頑張ります」

池尾
「個人でいうとフォアボールとか選べたところはいいと思いますけど凡打が2回続いてしましたけどその後気持ち切らさずに最後2つ安打になった点は良かったのではないかと思います。(最後の打席では)僕が打たなかったら試合が終わるなということは頭の隅にありましたけど中々そういう楽しめるチャンスはないと思ったので楽しんでいきまきた。セーフになった時は良かったとひと安心でしたね。あそこでヒットを打って見た時にセカンドの方を向いていたのでこっちに来ないかなと思いましたけど全力で走って良かったです。勝ち切れた理由は4年生の先輩方が本当に勝ちたいという気持ちを全面に出して最後2アウトからでしたけど後ろにつないでいった結果だと思いますね。今日の課題は9回最後勝ち切れなかったところは少し詰めが甘かったかなと思いますので明日はちゃんと9回までに勝ち切れるようにしたいでね。明日も勝って2タテで次の法政戦へ進みたいです」

石崎海斗投手(政経2=佐倉)
「先頭をヒットで出してしまって、エラーもあってピンチになってしまったんですけど、その後を冷静になって落ちついて変化球で抑えられたので良かったです。今日はちょうど荒畑のホームランで勝ち越して、1点勝っているので最悪1点取られてもいいかなという意識が働いたのが、精神的にもチーム的にも良かったのかなと。(今季は投手の駒が多い。その中でどういう役割だと自覚しているか)先発の服部は毎回ゲームを作りますし、自分は清瀬杯から終盤のリリーフを中心にやっているので、先発が持ってきた流れを崩さないようにすることです。チームが勝つことが一番なので。味方の守備が良いので、失点もできるだけ少なくという気持ちでやっています。(明日以降の意気込み)明日勝って2勝で行けば優勝もかなり近づくので、明日出番があれば、しっかり相手の流れを切るという自分の役割を意識して頑張りたいです」

鈴木達
「本来6元気キャラ4守備なので、ここで抑えるってところで守備入ったら逆転されて打席にも入ったという感じです。前の打席でやらかしていたので、みんないじってくれるからそんなに緊張しませんでした。打席入る前はやばいと思っていましたけど、いざ打席回ってみたら緊張っていう感じじゃなくて楽に打てたので良かったです。メンタルはきていたのでレフト来ていたら多分エラーしていました(笑)。久保田さんと鈴木太朗さんにバッティングをすごく教えてもらっていて、太朗さんはたくさんアドバイスくれていたし久保田さんはよくティーとか誘ってくださって、平島さんもすごく声掛けてくれていてバッターボックス入る前にすごく声を掛けてくれていたので安心したのはあります。(周りからの声掛け)前の打席の時も言われていたけど、2回目は打つしかなくて久保田さんとかすごく声掛けてくれました」

服部
「やっぱり全日本予選で負けていたこともあって本当に負けられない思いが強くて初回がいつも課題でしたけどいい感じでチームに流れを持ってこれたのかなと思います。ストレートがいつもより良くてストレートを軸にフォークを奥居も本当に止めてくれて投げやすかったです。それが相手に上手くはまってくれて抑えられたのかなと思います。立大は個々に強いチームかなとは思いますけど自分の中でも全日本予選で絶対に2回は負けたくないという思いが強いチームなのでやっぱり特別な思い入れはあったのでそういう意味ではちょっと意識するチームだと思います。7回の前から少しストレートが抜け始めていてそれも投げているうちに少しずつ調整できていましたけど7回はそれが上手くできなかったのかなと思います。ボールの力自体はまだあったので頑張って押し切ろうと思いましたね。良かったことはストライク先行でいけたことですね。それで結構3人で抑えられたイニングも多かったですしフォアボールもいつもに比べたら本当に少なかったことは良かったことかなと思います。ミスを切り替えられずにプレーして相手の点に与えてしまったことが課題かなと思います。本当に今日勝ち切れたことが大きいと思います。優勝に向けてあと3つ取らないといけないわけですから今日みたいな総力戦になると思うので優勝に向けて本当に自分の出番があれば先発ピッチャーなサポートをしていきたいですし1年生もいい感じで活躍してきてくれていると思うので本当に先輩から後輩全員で一丸となって勝ちたいです」

荒畑
「点を取ったり取られたりした試合で緊迫した場面で、代打でくるまでは気を引き締めて準備していました。自分が期待されているのはバッティングだと思うので、投手を見ながら素振りをして準備をしていました。(心境は)久保田さんをはじめとしてベンチの方々が思い切り降ってこいということだけを言われていたので、打てる打てない関係なしにフルスイングだけは心掛けていこうとしました。(打ったのは)直球で、初球から全て直球だったのでタイミングが合ったのでよかったです。(感触は)打った時にはいったかなという感じで、あとは確認するだけでした。(ベンチでは)みんなナイスバッティングと言ってくれて嬉しかったです。それで逆転できて、流れも変わったと思うので本当によかったです。(守備は)自信がないので、緊張しながらで1回エラーをしてしまいましたけど、これからは守備はできなければいけないので、しっかり守備練習もしていきたいです。(試合出場の多い高桑は)刺激になっています。立大にも同じ高校でベンチに入っている人がいて、みんな試合に出ているので自分も負けてられないと思いながら練習しています。高桑は一番近くにいるから刺激になっています。(朝練も早く来ているが)1年生というのもあって準備とかもありますけど、早く来てスムーズに練習に入れるようにしています。(今日のホームランは)前回は東大戦で打ちましたけど、やっぱり立大の方がレベルは高いと思うので、そういった投手から打てたのはよかったと思います。東大戦と今日は直球しか打てていないので、変化球に対応もできるようにしていきたいです。(持ち味は)長打力です。バッティングを買ってベンチに入れて使ってもらっているので、長打力を狙っていると打てないのでフルスイングを心掛けてやっていきます。(目標は)レギュラーを取って、長打だけではなくてコンスタントに打てるようなクリーンアップになりたいです。(意気込み)出せていただけるかわからないですけど、出させていただいたところで精一杯自分の力を出し切りたいと思います」

ニュース
 
 この記事へのご意見はこちらからお寄せください。
 今後の明大スポーツ運営への参考にさせていただくほか、ご意見としてご紹介させていただく場合もございます。
 ※必ずEmailアドレスをご入力ください。
 ※htmlタグなど、一部本文中にご利用できない記号がございます。
Email: